クレジットカード現金化ランキング
クレジットカード&現金化NEWS

金券ショップの割安新幹線チケットを現金化し、国家公務員が副業違反で懲戒処分

新幹線チケット(見本)

去年(2015年)の暮れのニュースですが、なかなか頑張りますね・・・ということでびっくりしたのでニュースとして紹介いたします。

新幹線チケット(見本)

 金券ショップで割安に買った旅行券を使って新幹線の切符などを購入し、それを払い戻して利益を繰り返し得ていたのは国家公務員法が禁じる兼業に当たるとして、東京労働局は25日、労働基準監督署の40代の男性職員を停職1カ月の懲戒処分とした。労働局によると、職員は12年間で約1500万円の利益を得たとみられるという。

12年間かかったとしても、約1500万円です、良い稼ぎ額ですよね、労力が気になるところではあります。

 職員は1999年4月~2011年4月、勤務時間外に週3~4日のペースで1日約50万円分の旅行券や商品券を割安で購入。それを使って新幹線の切符や航空券を買い、払い戻して差額を得ていた。不審に思われないよう、複数の駅で払い戻しの手続きをしていたという。

 旅行券は、大手旅行会社などが発行している。インターネットや都内の金券ショップでは、額面1万円の旅行券が9000円から9700円程度で販売されている。額面50万円分を1枚9700円で購入すると、1回で実質1万5000円が浮くことになる。

コツコツ公務員 金券ショップ錬金12年で1500万円 ― スポニチ Sponichi Annex 社会

12年間コツコツと、金券ショップの安い新幹線&航空券のチケットを払い戻して得た金額、なんと1,500万円!1年あたり125万円、一ヶ月あたりなら10万4千円を稼いでいることになります、コツコツと頑張るところがすごい・・・私、ある意味尊敬します。

複数の駅を渡り歩いて払い戻していたということですが、きっと効率的な回り方があるのでしょうね、大変だと思いますので。もしくは業務上、都合が良いルートだったり、通勤路などのやりやすい面があったのかもしれません。また、1度に最低でも30~50万、またはそれ以上の金額で、かつ現金で行わないと差額を大きく生むことはできないと思います、労力たいへんですから。

 今年10月、厚生労働省に匿名の情報提供があり発覚した。職員は利益を税務署に申告していなかったが、発覚後に支払いの対象となる過去5年分の税金を納めた。職員は「旅行が好きなので旅費や生活費に使った」と説明。東京労働局は「不適切な兼業の禁止や、服務規律を徹底する」とのコメントを出した。

公務員は副業禁止なので、そこにひっかかったようです。2011年までの12年間だったのに、2015年に発覚というのも不思議ですね、記録が残っていたのでしょうか?不思議な部分ではあります。

勝手な予想ですが、2012年以降は証拠が残らないように対策したのではないかな、と感じたりしますが、発覚していないということは、この副収入はすでに辞めていたのかもしれません。

 国家公務員の副業は原則認められていない。例外として、年額500万円未満の不動産賃貸や小規模の農業などはできるが、嵩原安三郎弁護士は「今回の場合はアウト。さらに、利益は雑収入に当たり、税務署に申告していなかったため脱税として問題視された」と話している。

例外として年500万円未満なら良いとしているのに、なぜ「今回の場合はアウト」とされているのか不明です。不動産賃貸や小規模農業、というように副業の仕事内容が関連するのかもと読めますが、私は公務員ではないので調べる気になれませんでした・・・公務員の方は是非調べてみてください。

ちなみに、クレジットカード現金化は副業にはあたりません。たいていがクレジットカードの、通常のショッピング枠を利用してショッピングを行いキャッシュバックを受け取れるというサービスですので問題ありません。

今回の現金化の方法は結構な金額でとても良いですが、コツコツと忍耐力のいる現金化の方法で、1度に大きい金額は手に入れることができない方法です。それなりの金額を現金化するなら、やはりクレジットカード現金化のほうが良いでしょう。

また、クレジットカードで新幹線や航空券のチケットを購入し転売して現金化すると、クレジットカード会社に目を付けられる可能性が大ですのでお気をつけ下さい。

公開日:
最終更新日:2016年6月23日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る