クレジットカード現金化ランキング

クレジットカード現金化の豆知識

自分でPayPal決済を使ってクレジットカード現金化を行う事もできますが、かなりややこしいしですよ!

PayPalでクレジットカード現金化を行う方法と注意点!

PayPalでのクレジットカード現金化

あなたはクレジットカード決済-PayPal(ペイパル)というサービスをご存知でしょうか?個人でもネット通販を展開できるようになったのも、こうした中小企業でも安い手数料でクレジットカード決済ができるようになったからでしょう。例えばダウンロードコンテンツなどは商品がデジタルなので直に商品を届ける必要もありませんし、日本でも、その利便性からか、PayPalが頻繁に利用されるようになりました。

その為、PayPalを使ってクレジット枠を現金化する動きが増えて来ています。PayPalは、個人も利用出来るクレジットカードの決済サイトになりますので、この決算を利用して現金化を行います。

前回のJCBカードのクレジットカード現金化のお話でも少しこのPayPalの話をさせていただきましたが、現在ではPayPalでもJCBカードで決済することは可能になっています。

自分でPayPalの現金化をするためには?

PayPalでの現金化を行う場合には、2つのPayPalアカウントとクレジットカードが必要になります。

一つ目のPayPalアカウントから、二つ目のPayPalアカウントにショッピングの限度額以下の請求を行います。

その後、二つ目のPayPalアカウントで請求された金額をショッピング枠で決済すれば、一つ目のPayPalアカウントにショッピング枠で支払った金額が現金として移動する事になります。

その後、一つ目のPayPalアカウントから銀行口座に振り込み作業を行えば、現金化が完了になります。

PayPalの注意点

最初に請求する金額の請求内容は何でも大丈夫ですので、例えばギター代や、大型テレビ、大型冷蔵庫、車の修理費、旅行代、コンサルティング手数料など、なるべく不自然ではない請求名で請求してください。

PayPalでの現金化の場合には、手数料がかかりますので、ショッピング枠ギリギリではなく、余裕を持って請求する事をおすすめします。

このような面倒事が一切ないのがクレジットカード現金化業者に依頼する方法です。まだクレジットカード現金化について知らない方はこちらの記事をお読み下さい。

トップページではクレジットカード現金化業者のQ&Aも公開しておりおます。初心者の方にもわかりやすく説明していますので、自分で現金化する上で、手元に入る金額、時間、メリット・デメリットなどを比較して、どちらで現金化した方が賢くお金を手に入れられるかを考えてみてはいかがでしょうか?

公開日:

関連記事

コメントは利用できません。

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る