クレジットカード現金化ランキング

クレジットカード現金化の豆知識

自分で現金化を行うために高級家電をチェックしている暇があったら、その調査時間、時給にしたらいくらですか?

クレジットカード現金化は高級家電を買って売るより便利で安心、確実です!

クレジットカード現金化と家電の買って売る行為を比較してみる

クレジットカードのショッピング枠を使って品物を買って、キャッシュバックを受けるのがクレジットカード現金化です。

このようなサービスと比較して、家電製品を購入してそれを売り払ったほうがお得なのではないかという声もあります。たしかに家電をクレジットカードで買って売ることでも現金は手に入りますが、効率やコストパフォーマンスなどを総合的に比較した場合には、クレジットカード現金化のほうがメリットが大きいです。

家電を売っても時期によっては相当激安になってしまうもの

家電をクレジットカードで購入して、それを中古品の買取店で売ったり、インターネットオークションなどで転売しても現金は手に入ります。しかしながら、輸送コストや購入する際の手間などを考えるとお金がかかります。また、時期によって値段は上下しますので、かなり損することもあるのです。

一例として、高額買取がされているジャンルの家電を「価格.com」での最安値と「中古買取のコムショップ」の買取金額を見てみましょう。

【ゲーム機】ニンテンドー3DSLL本体 パールホワイト
¥18,400 → ¥11,000(59%)
【タブレット】iPad Pro 12.9インチ Wi-Fi 256GB スペースグレイ
¥119,879 → ¥82,000(68%)
【デジタルカメラ】EOS 70D ボディ
¥80,913 → ¥54,000(66%)

殆どの商品が70%以下の買取金額になっているのがわかりますよね。しかも、これに送料がかかるのでマイナス1,500円位にはなるのではないでしょうか。つまり、手元に入ってくるお金も少なくなるわけですね。

それに対してクレジットカード現金化ならば換金率の高い業者を選べば間違いなく85%以上のお金が手に入ります。その差はだいたい25%ほどの開きがあり、10,000円を現金化する場合2,500円もの差があります。

こちらの記事でもご紹介していますが、現金化には還元率というものがあり、これによって手に入れられる金額が変わってきます。10万円分現金化した場合、1%違うだけで1,000円の違いが出てしまうのです。

こう考えるとやはり家電などの転売して現金を作る方法というのはつくづく還元率が低いと思いませんか?

その他にもデメリットとしてあげられるのは現金を手にするまでの時間です。商品が届くまで2日ほどかかるとして、今度は買取業者に配送するのにまた2日。最速でも3日はかかります。これが待てる方ならまだ良いのかもしれませんが、そうでない方にとっては時間がかかりすぎる方法ですよね。

家電を売買するよりも現金化のほうが安定して現金が入手可能!

商品によってはインターネットオークションでは高額で売れることもありますが、それもタイミング次第です。また、販売した代金が実際に自分の口座に振り込まれるまでの間には時間がかかります。クレジットカード現金化サービスの場合には即日で現金が手に入りますし、余計な手間もかからないので、急いでお金がほしい人にはピッタリなのです。

手堅く、沢山のお金を手に入れるためにはやはりクレジットカードの現金化という方法は優秀で、すでに多くの方がこちらの方法を試しています。もしあなたが今すぐお金が必要だけど迷っているならば、こちらのトップページにある「クレジットカード現金化の申し込みはインターネットで」をお読みください。メリット、デメリットなどについてもご紹介していますし、現金化業者がどんなものなのかの説明もしています。

数ある現金化の方法の中で今一番おすすめしたいサービスが、このクレジットカード現金化なのです。

公開日:

関連記事

コメントは利用できません。

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る