クレジットカード現金化ランキング

連帯保証人とは?

連帯保証人とは、その契約の主たる債務者が、故意や過失にかかわらず、何かしらの理由で返済ができなくなった場合、その債務者の代わりにその債務の全額を返済する義務を負う人をいいます。

返済義務に関しては、主たる債務者と同等の扱いを受けることになるため、債権者が返済の請求をしてきた場合において、それを拒否することはできないことになっています。

また、主たる債務者が、返済の能力や財産がありながら返済を拒否した場合において、債権者から返済を請求されたときにも、これを拒否することはできず、やはり返済をしなければなりません。

また通常、保証人が複数名いるときはその人数で分けた金額しか保証しなくてもいいものですが、連帯保証は一人ひとりが主たる債務者の全額を保証しなければなりません。

たとえば、主たる債務者が1000万円を借りて、保証する人が4人いた場合は、保証する人1人当たり250万円まで保証することになりますが、4人が連帯して保証する場合はそれぞれが1000万円まで保証することになるわけです。

つまり、債権者は主たる債務者にこだわらず、返済をしてくれそうな連帯人の中から請求する人を選び、全額を返済することを要求することができます。

公開日:

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る