クレジットカード現金化ランキング

流通系カードとは?

質問者

流通系カードって何ですか?

流通系カードとは、スーパーなどが固定客を掴むために発行しているカードのことです。主に、自社グループ内での利用を目的としています。

昨今は、VISAやJCBなどの国際ブランドと提携していることが多いですが、提携せずにハウスカードだけを扱っている所もあります。特徴としては、「年会費がタダもしくは低額」「作りやすい」などが挙げられます。

ポイントサービスが付くことも多いので、特定の店舗で買い物をすることが多い場合は、かなりの利点があります。「イオンカード」であれば、「カードで買い物をすると、200円ごとに『ときめきポイント』が貯まる」「毎月『5』の付く日はポイントが2倍になる」「10日はWポイントデーなので、やはりポイントが2倍になる」などの特典があります。さらに、20日と30日は「お客様感謝デー」なので、カードを見せるだけでも5%オフとなります。「セブンカード」は、「最初の年の会費はタダで、それ以降も年に5万円以上使っていればタダになる」「8の付く日は、イトーヨーカドー・エスパなどでの買い物が5%オフとなる」「100万円の利用で3,000ポイント、150万円の利用で1万ポイントが付く」などの特典があります。

流通系カードで現金化した時のメリットはこれと言って還元率が上がるなどと言ったメリットが有るとは言えませんが、日常的に使うカードで現金化できるという点では特別なことも必要ないので、利用に際しての敷居は低くなりますね!

良い事づくしの流通系カードは日常生活に合わせて選ぶとGOOD!

今現在発行されるクレジットカードの種類は流通系カードに分類されます。流通系クレジットカードは割引が魅力であるのをご存知でしたでしょうか。割引とポイントで2倍お得である点も見逃せません。ここでは流通系クレジットカードは割引が魅力である点と割引とポイントで2倍お得である点を中心に、わかりやすく簡単に説明していきます。

流通系カードは割引やポイントが充実しているのが大きい!

流通系カードのセールスポイントになるのは、商品割引やポイントサービスが発行するショップ単独で行えるという事です。ほかのクレジットカードと比べると、商品割引サービスがあってポイント還元率が高いなどのお得なサービスが用意されています。ポイントを上手に利用すれば、事実上消費税がかからない買い物も可能となります。

流通系カードは、小売企業が新しい顧客やリピーターを増やすために発行されています。そのため、買い物に便利なさまざまなサービスを用意して、利用者に飽きさせないための工夫をしているのです。ご自身の好きなショップでお得にいつでも割引を受けられるのは非常に大きく、頻繁にそのショップで買い物をされる方にとっては特に大きなメリットになります。流通系カードを上手に使用すれば、賢く節約する事ができるため、大きな魅力です。

カード会員が増える事は、ショップの利用者が増える事に繋がるため、出来るだけ大勢にカードを発行するのを営業戦略としているからこそ、銀行系のカードよりも審査が甘いと言われているのも大きいです。

また、発行までの早さも魅力的で、最短即日対応しているところもあります。遅くても3営業日での発行が可能です。また、流通系クレジットカードは基本的に年会費無料のカードが多く、気軽にクレジットカードをつくる理由に繋がるでしょう。

流通系カードがおすすめの方とは?

流通系カードに適している方はまず利用するショップが決まっている方です。食料品や日用品は毎日購入するものであるからこそ、流通系カードを上手に使用すればそれだけでお得です。流通系カードを使用してのメリットを大きくなるかどうかは、常に利用するショップがあるかどうかが大切になります。

また、メインカードを既に持っている方にも流通系カードはおすすめです。公共料金などはメインカードで支払いをし、買い物には流通系カードを使用することで、よりお得にポイントを得る事ができます。これがメインカードを持っていないのなら、どうしても流通系カードを使用する頻度は多くなってしまいます。メインカードを持っていてこそ、流通系カードのメリットも大きくなってきます。

そしてカードを少しでもお得に使用したいと考える方に流通系カードは適しています。高還元率のカードは銀行系にはほとんどないため、この魅力は非常に大きいです。カードはただ便利なものではなく、還元という側面も持っています。割引とポイントという部分を第一に考えるのなら、流通系カードのセールスポイントはピッタリマッチします。

銀行系のカードにも、流通系カードにもそれぞれにメリットがある事をしっかり理解し、そして適した選択が望ましいです。

流通系カードのデメリットは本当にデメリット?

ポイントと割引はもちろん、年会費が無料で発行までのスピードが速いなどのメリットばかりの流通系カードであるものの、人によってはデメリットと感じるデメリットもあります。これはステイタスの部分です。

流通系カードは比較的簡単に手にする事ができるからこそ、ステイタス面においてはあまり大きくはありません。ステイタス面の代表となるのはやはりブラックカードでしょう。ステイタス面について全く気にする部分がないのなら、これはデメリットでもなんでもありません。

また、たくさん流通系カードを申し込むとカードの管理が大変になります。選別してカードをつくって持つようにするのは基本中の基本であって、本当に必要なもののみを持つようにしましょう。

さらに、海外旅行傷害保険が多くの流通系クレジットカードには付帯されていないのが事実で、頻繁に海外旅行に行くという方にとってデメリットになるかもしれません。しかし、年会費をプラスする事で、国内旅行の保障を付帯することのできるカードも存在しています。

流通系カードをつくる方で、海外旅行に行く頻度が多いのなら、こういった部分についての選択も考えた方が良いでしょう。流通系カードにはメリットもあればデメリットもある事を理解した方が良く、その上で適切な選択をすれば、後に後悔する事は少なくなります。流通系カードをわかりやすく簡単に説明すれば、その性質を理解するのは決して難しい事ではないはずです。

クレジットカード現金化にも使える流通カード、是非一枚持っておきたいですね!

明日どうしてもお金が必要なのにキャッシングもカードローンもできない!そんなときに便利な現金化サービスですが、嬉しいことに、現在日本に住んでいる方で、日本で発酵されているクレジットカードならばほぼすべてのカードが現金化を利用することができます。

普段使いしているクレジットカードなら普段の買い物の中に自然と紛れ込むので家族に明細証を見られてもバレずにショッピング枠を現金化することもできますし、現金化だけに限ってのことではありませんが流通系のクレジットカードはメリットはたくさんですよ!!

解答者

流通系カードは一家にに1枚あって損はありません!

ご自身にとってメリットが大きいものであるのか、そして本当に流通系カードが必要であるのかは、少し考えれば分からない事ではありません。

上手に使用する条件はあるものの、流通系カードは便利で嬉しいメリットがあるものであるのは間違いありません。

公開日:
最終更新日:2016年11月9日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る