クレジットカード現金化ランキング

法人カードとは?

質問者

法人カードって何ですか?

法人カードは、クレジットカードで主に経費決済をスムーズに行うために発行されるものです。

このカードを発行する対象は、大企業や中堅企業です。別名で、コーポレートカードとも言われています。

また、他にもビジネスカードというカードもあります。このカードは発行する対象は、中小企業や個人事業主です。

利用内容は、簡単に説明すると所属している法人や個人事業を行っている組織の人が仕事の関係で出張に行く時や交流を深めるための飲み会などで必要になる経費の管理をしやすくするために活用されています。

また、事業所や個人など細かい規模で分けて使用することでコスト節約にも繋がっています。

気になる利用枠ですが、もちろん全体の利用枠だけでなく、個人単位でも設定することが可能です。発行枚数も法人の場合は指定することができます。どちらのカードも、キャッシングやETCの機能も付けることができます。

また、中小企業や個人事業主に対して発行されるカードの場合は、利用枠の設定では与信審査というものを通過する必要があります。

大企業や中堅企業に対して発行されるカードと中小企業や個人事業主に対して発行されるカードのどこが違うのかをしっかりと理解しておくといいでしょう。

そして、現在資金調達の主流となり始めたクレジットカード現金化は、中小企業の運営資金の調達などにも役立っているサービスです。

法人カードで経理の負担が軽くなる!

いざ会社設立後にはやらないといけない事がたくさんあるものの、法人カードをつくっておく事のメリットは大きいです。しかし、法人カードのメリットとは聞かれても分からないという方も少なくないでしょう。ここでは法人でクレジットカードを持つ事によってのメリットなどを中心にわかりやすく簡単に説明していきます。

法人カードのメリットは数多い!

法人カードを持つ事によって、法人経費と個人の区分が明確になるのがまず大きなポイントになります。個人のお金を使って立て替えると、どうしても後になって個人か法人かを分からなくなってしまう場合もあります。法人カードで精算し、法人口座からの引き落としをすれば、混乱する事はなくなります。

また、会社の運営上必要な経費をカードで支払えば、明細で経費の額を簡単にチェックできるようになり、後にわかりやすくになって経費の計上漏れが少なくなるのも大きいです。さらに、建て替えた分のお金を法人に請求しての立替金の清算という形で処理するのは、非常に手間がかかります。

しかも、売り上げに直結する仕事ではないからこそ、省きたいと考えるのは当然の部分です。建て替えをせずに法人カードで支払いをする事で、経費の手間を省けます。

キャッシュフローが良くなるのも大きなポイントであって、口座から現金が引き落とされるまでに、最大で90日間の猶予が設けられています。お金が必要な時に会社の銀行口座に残る金額が増えるため、創業直後の会社の場合は特にこのメリットが大きいです。

カード会社によってもサービスに差はありますが、なかには支払いでポイントやマイルが貯まる仕組みになっているものもあります。継続的に大きな支払いがある場合は、大量のポイントが獲得できるためお得でしょう。

カード自体に附帯サービスが付いているケースもあり、海外保険や手荷物配送無料などのサービスが付くものもあります。法人カードのメリットはこのように非常に多岐にわたっており、興味を持つという方も少なくないでしょう。

法人カードを所得するためにはどうすれば良いのか?

法人カードを作る際にはどの会社であっても必要になる書類は同じです。免許証などの本人確認書類、印鑑登録証明書、履歴事項全部証明書、法人名義の銀行口座です。法人口座を開設するためには、登記事項証明書、登記事項証明書、認証を受けた会社の定款、法務局へ届け出た代表印、法務局から交付された代表取締役の印鑑証明書、そして銀行印と、本人の身分証明書が必要です。会社登記は法務局、郵送、オンラインの3通りから選ぶ事ができます。

会社登記の申請は代表取締役が行うのが大原則で、本店がある場所を管轄する法務局で手続きをします。また、申請書には電話番号の記入が必須となっているので、覚えておきましょう。登記を申請した日が、会社を設立した日です。登記手続きは、払込証明書作成日から2週間以内に行ってください。わかりやすく簡単に言えば、様々な方法があって、それぞれの方法で必要なものを全て用意する意識を持ちましょうという事です。

会社設立登記に必要な書類についても同様で、それぞれの書類に署名や捺印が必要な人や、押印する印鑑が異なるのが注意点になります。

法人カードのデメリットとは?より良い選択をするためのコツも

会社設立後に法人カードをつくる事によってのメリットは非常に幅広いものの、デメリットもある事を覚えておくべきです。まずカード会社によって異なるものの、年会費が必要になります。この年会費は月額数千円~数万円です。確かにデメリットになるものの、雑務の手間が軽減される事を考えるのなら、特に十分ペイできる投資です。

さらに、法人カードに限らず、カードを持っていると必要ないものを買ってしまっての無駄遣いに繋がる可能性があります。あらかじめどういったものを購入するのに使用するか、そして予算額を決めて計画的に使用する事を考慮しないといけません。デメリットになるのはこの2点であって、考え方さえしっかり持っていれば問題ありません。

そして肝心となる法人カード選択については様々な部分を考慮する事が大切になります。一概にどの法人カードを選択すべきという事ではなく、総合的にバランスを考えつつの選択を意識するのが良いでしょう。

例えば、年会費こそ高くなってしまうものの、スポーツ観戦のためのチケットが取りやすくなる、提携している国内外のホテルやレストランの優待や特典などがあるものがあります。そしてポイントが貯まって、そのポイントをどういった事に活用できるかも大きなポイントになるのは間違いありません。よく空港を利用するのなら、ポイントで空港のラウンジが使えるのは大きいと思うはずです。

仕事上でよく利用する場所をお得に利用できるかどうかの模索が大切です。さらに、単純に年会費が安いかどうかも当然重要です。

法人カード・ビジネスカードでもクレジットカード現金化ができます!

中小企業の経営者の方にも人気の出てきた現金化サービスですが、もちろん法人を専門に現金化を行う業者もあります。個人でも利用できますが、法人専門の安心感から事業主の方には人気の業者さんがこちらのネクストドアです。

法人の方で現金化をお考えの方は是非ネクストドアにご相談ください!

解答者

法人カードは利用限度額も高くなるので事業展開にはピッタリ!

法人カードはさまざまな雑務を簡易化してくれて便利なものですが、年会費などの費用がかかるというデメリットもあります。

導入すべきかどうかという答えは一つではありませんので、それぞれに適した法人カードを探すのが良いでしょう。幅広い種類があるからこそ、しっかり見つける事ができるはずです。

公開日:
最終更新日:2016年11月9日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る