クレジットカード現金化ランキング

汎用カードとは?

質問者

クレジットカードの種類、「汎用カード」って何ですか?

クレジットカードは今でこそどこでも利用できるものというイメージがありますが、以前は特定のお店で発行されているものもあって、発行店でしか使えないというようなカードも少なくありませんでした。

そうしたカードはハウスカードとも呼ばれていて、百貨店やスーパー、各種専門店などが自社への囲い込みのために発行していました。けれども現在ではそれだと使い勝手が悪いですし、利用金額なども増えません。それに、カードの枚数が増えると管理も大変です。そのため、今発行されている様々なカードを見てみると、国際ブランドの記載があるので、その加盟店であれば使えるようになっていることが多くなっています。

以前のカードとは違って使い勝手の良さも向上しているこれらのカードは、汎用カードと呼ばれていて圧倒的に普及するようになりました。たくさんのところで使えるようになった分、クレジットカードを選ぶ際にも気楽に考えて申込みをしやすくなりました。

自分自身のライフスタイルをよく考えて、使えるシーンなどを検討して、ポイント還元やその他の付帯サービスなどをシンプルに比較してみましょう。その上でクレジットカードを申し込むと、さらに日常生活の中で使いやすくなっていきますよ!

クレジットカードの「汎用カード」ってどんなカード?

クレジットカードを機能で分類すると、様々な種類があります。その中には単一目的カードと汎用カードなどがあるものの、どういったものかを正確に理解していない方もいるでしょう。ここではこの部分について中心にわかりやすく簡単に説明します。

汎用カードの基本となるのはコレ!

汎用カードとは加盟店の範囲や種類に限定のつかないカードの事です。汎用という意味は、広く色々な方向に用いるというもので、だからこそ加盟店の範囲や種類が特定の対象に限定されず、汎用性の高いクレジットカードの事を汎用カードと言います。わかりやすく簡単に説明するとすぐに理解できるはずです。

様々な用途で使用できるのが汎用カードのセールスポイントになります。単一目的カードとは異なるものとなっています。現在はクレジットカードではこの汎用カードが大半です。多くの国際ブランドと提携してクレジットカードが使えるお店であるのなら、ほとんど全ての店舗で利用する事ができます。

加盟店の拡大や国際ブランド同士の提携、さらにはインフラが整ってきた事が大きな要因になり、デパートやスーパーがクレジットカードを発行する場合にしても、国際ブランドのロゴが入った汎用カードを発行するのが当たり前となっています。

昔はハウスカードが複数存在しており、これは汎用カードの逆の意味を持つクレジットカードにあたります。昔はハウスカードが複数存在していたのは、自社グループの店舗等でしか利用できないカードが多数あり、そこから今の流れになっていきました。

自社顧客の囲い込みをするのも活用されていたものの、特定の店舗等でしか利用できないとなると、カードの利用金額自体も限定される事になるからこそ、利用者にとって複数のカードを持たないといけない理由になり、利便性は決して優れているとは言えません。そのため、近年ではほとんど見られなくなっています。

ハウスカードのメリットとは?

今現在、国際ブランドがついた便利な提携カードである汎用カードが多数存在している中において、今でもなぜハウスカードがあるのかと思う方もいるでしょう。消費者側からのメリットになるのが、汎用カードではあり得ない大胆な割引サービスがあるからです。

ケースバイケースであるものの、消費者が得られるサービスや割引はハウスカードの方が多い場合も少なくありません。ハウスカードの発行元も顧客を他社に逃がさないというメリットがあって、双方にとってメリットがあるのが事実です。そして、汎用カードでは審査が相当厳しい場合もあるものの、ハウスカードは比較的審査は甘く、多くの利用者が利用できるように配慮がされています。

属性や利用実績面で不安がある方でも、審査に通る可能性は十分にあります。しかし、信用情報機関や発行元のクレジットカード会社に利用の記録が残るのを忘れてはいけません。

そして一つのコツとなるのは、よく利用する店舗で発行しているハウスカードを所得し、決済の際には必ずハウスカードを利用して完済していき、そして信用情報機関やクレジットカード会社に利用実績をつくれば、汎用カードの申し込みをする際にかなり有利になります。

汎用カードの方が便利で幅広く使用する事ができるものの、ハウスカードにはハウスカードなりのメリットがあって、ご自身にとってどちらの方がお得であるのかを判断しての選択をした方が良いでしょう。

汎用カードを選択する際には何を判断材料にすれば良いの?

一口に汎用カードといっても、非常に幅広く存在しています。そしてその幅広い中からの選択をしないといけません。当然多くの方が考えるのはポイントの還元率でしょう。

特に頻繁に汎用カードを利用する方にとって、ポイントの還元率は非常に重要になるものです。しかし、ポイント還元率が高いカードは、年会費も高額であることが多いです。そのため、ポイントの還元率のみを考えての選択はおすすめできません。

年間で一定額以上の買い物をする場合はポイントによる利益が年会費を上回るためお得になりますが、利用額が少ないと、ポイントよりも年会費の方が高くなってしまうこともあります。

また、貯めたポイントは何に利用できるのかも忘れずにチェックしておきましょう。そのポイントがご自身の求めるものに使えないとなると、当然別の選択を考えるはずです。商品との交換や汎用性のある金券に変えられる、あるいはほかのポイントや電子マネーに交換できるなどが基本となるため、しっかり考慮しての選択をするようにしましょう。

さらに効率的にポイントを貯められるのなら一番です。汎用カードを選択する際にどれでも一緒と考えると、大きな損をしてしまう可能性があります。

クレジットカード現金化は汎用カードでOKです!

一度も経験したことがない方は「どんなカードなら現金化できるの?」と疑問に持たれる方が多いのですが、日本国内で作られたクレジットカードをお持ちの一般の方はそんなに気にすることはありません。

また、話は聞いたことがあるけど実際どんなものかわからないという方はクレジットカード現金化の方法をごらんいただくと、この現金化サービスがどうして人気が出てきたのかがご理解いただけると思います!

解答者

クレジットカードの有効期限は常にチェックできるようにしておきましょう!

汎用カードや単一目的カードなどのクレジットカードについてわかりやすく簡単に説明すると、すぐに理解できるはずです。

どういった選択が望ましいのかを考えての選択をすれば、ご自身にピッタリのクレジットカードを選択できるはずです。是非今後、ご紹介した情報を参考にしてより良い選択に役立ててください。

公開日:
最終更新日:2016年11月9日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る