クレジットカード現金化ランキング

強制執行とは?

質問者

強制執行って何ですか?

強制執行とはお金あるいは物を借りている側(債務者)がお金あるいは物を貸している側(債権者)に対して、期限になっても支払いをしない場合に、裁判所の力を利用して債権者が債務者からお金を回収する方法のことを言います。

良心的な債務者なら期限を過ぎても払ってくれるかもしれませんが、中には払わずに知らんふりをする債務者も現実にいるのです。それでは、債権者は損をすることになってしまい、債権者は泣き寝入りをするしかなくなってしまいます。そこで債務者が持っている財産を差押えることができる必要があるのです。

ただし、むやみに債務者の財産を差押えすると、単に泥棒と変わりません。そのためには三つの手順を踏まなくてはなりません。

1つが評決・和解・調停調書です。これらは差押えをするにあたり、確実に債務者が財産を持っていることを証明するために必要な物です。

2つ目は差し押さえの対象となる財産の情報が必要となります。差押えをする場合には、どこにどのような財産があるかを明確にしなければ何をどこで差押えていいのかわからないからです。

3つ目は裁判所の許可も大事になります。それらがすべて揃ったら、債務者の財産を差し押さえることが可能になります。

強制執行が執り行われることの無いよう、債務に関してはしっかり把握しておく必要があります。これから現金化をしたいという方で、どういったサービスなのかがいまいちピンとこないというかたはこちらの【決定版!クレジットカード現金化の3つの方法と業者の全貌を明らかに!】というページで詳しく説明しておりますのでご確認ください。

強制執行は最後の手段!法律的に絶対的不利な状況になってしまうかも!?

強制執行と聞かれても、何となくは意味を分かっているにしても、正確に理解されているという方は少なくありません。どういったケースで強制執行が行われるのかもその時々で変わってきます。この強制執行の意味についてわかりやすく解説していきます。

強制執行は3種類!それぞれの特徴とは?

強制執行は、債務者が債務の本旨に従った債務の履行をしない場合に国家機関が強制的にその債権内容の実現をするものです。国が強制的に債務の履行をさせるものであって、強制執行が認められるためには確定判決や強制執行認諾文言付き公正証書等の債務名義が必要になります。

債務名義とは、給付義務があることを証明し、法的に執行力を与えられた校正文書のことを指します。つまり、強制執行を行うには段取りが必要であって、簡単に 行われずに国家機関を経由して行われるものです。強制執行の種類は

  • 直接強制
  • 代替執行
  • 間接強制

この3種類です。直接強制は債務者の意思は関係なしに、国家機関が債権内容を直接強制的に実現するものです。預金や給与あるいは不動産などを差し押さえて代金債権の満足に充てる事ができます。そして直接強制は物の引き渡しを目的とする債務にのみ認められています。

代替執行は第三者に債権の内容を実現その費用を国家機関が債務者から取り立てる事です。間接強制は債務を履行するまでの間に、裁判所が債務者に対して一定の金銭の支払義務を課し、債務者を心理的に圧迫しての間接的に債権の実現を図るものです。一口に強制執行といっても、このように様々な種類があります。そして種類によってそれぞれに特徴があるのが事実です。

債権回収に伴う支払督促のデメリットって何?

支払督促という制度は普通の裁判よりも簡単で素早く解決できる制度であって、非常に便利であるのは間違いありません。強制執行の場合は国家機関を経由しないといけないものの、弁護士に依頼せずにこれらを利用する方も少なくありません。

しかし、この 支払督促にはデメリットがあるのが事実です。裁判所に支払督促の申し立てを行い、裁判所が簡単な書類審査だけで相手に対して支払いの命令を出してくれるものです。証拠の提出はもちろん、裁判を開く事も裁判に出席する必要もありません。しかし、相手から異議を出されると支払督促は無効になってしまいます。支払督促には異議を出すのが当たり前であって、このデメリットを理解しての判断が必要です。そして異議を出されてしまうと、普通の裁判に移行してしまいます。結果的に、支払督促を利用したのに最初から普通に裁判を起こした方が解決するのが早かったというケースもあります。

さらに、支払督促後の裁判は必ず相手の住所近くの裁判所で開かれる決まりがあり、裁判の度に出向く必要があります。時間や労力そして交通費などの負担が大きくなってしまう場合もあって、弁護士が 支払督促を利用する事は稀です。 支払督促を起こすのなら、事前に異議を出された場合を想定しておく必要があります。

強制執行で起訴されるとどうなる?

債権者が債務者に対して強制執行を起こすと、不動産や自動車さらには預金債権や給与債権などの人に対しての一定の権利を有する債権が差し押さえられます。しかし、人が生活をするために使用する家具、衣類、ベッドなどは差し押さえする事ができません。

また、生活をする上で必要となる給料や退職金などはあくまでも一定の範囲の額に留まります。延滞に延滞を繰り返すなどすると、当然起訴される事もあります。差し押さえられる債務者にとっては、勤務先の会社に通知が言ってしまうため、借金しているのがバレてしまいます。もしも、差し押さえられる可能性があるのなら、すぐに預金を引き出しておくか、債権者と交渉して強制執行の手続きを待ってもらうのが良いでしょう。そして財産を所有していなければ差し押さえる事ができないため、この点を上手に利用する手もあります。

代表的な例となるのが消費者金融の利用での延滞で起訴される事です。決められた日までに金銭の支払いをしないと、所有する財産を差し押さえた後に換価して債権回収するのが基本となります。国の公権力を利用するからこそ、決して拒否する事はできない強力なものです。当然強制執行されないようにするのが一番であるものの、そうなる可能性があるのなら、やはりそれなりの対処を考えないといけません。

クレジットカード現金化の比較サイトにはご注意を!

今、インターネット上では無数の情報が手に入ります。しかし、その中には専門的な知識もなく、使ったこともなく、ましてや強制執行がどういうものかもわからない人がこうしたお金の問題を語っています。こうした素人知識の方が「クレジットカード現金化比較・ランキングサイト」などとして“お金儲けのために”サイトを立ち上げています。もしくは悪質サイトの手助けをしている業者、という可能性もあります。

クレジットカード現金化も結局のところは「借金である」という事実を忘れてはいけません。そして支払いが滞れば強制執行という法的措置が取られることもあるのです。

あなたの身を守れるのはあなただけです。正しい情報を元に、正しい知識を手に入れてください!

解答者

強制執行まで実行されると社会的立場も不利になるので注意してください!

ご紹介したように、手早く対処する方法もあるからこそ、考慮しての対応をした方が良いでしょう。わかりやすく 簡単に 言えば、強制執行には様々な種類があり、そのどれもが拒否できない強力なものである事です。債権者の立場でも、債務者の立場でもその性質についての理解をし、そして適切な対応をしていかないといけません。

また、メリットデメリットがある事も忘れてはいけません。結果的に別の方法を選択した方が良かったというケースもあります。

公開日:
最終更新日:2016年11月9日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る