クレジットカード現金化ランキング

延滞とは?

質問者

延滞って何ですか?

延滞とは、金融機関や消費者金融からお金を借りた場合に、定められた期日に返済することができずに遅れてしまうことを意味します。つまり、お金を貸した方では債務不履行という判断を行います。

債務不履行には3つの形態がありますが、その中に履行遅滞があります。返済を行わなければならないのに、借入をした本人の責任によって返済が行われないことを意味し、借入契約で定められた期日より、その責任は発生します。

期限のない場合などには債権者からの請求をうけたときから、それは発生します。遅延損害金は債務不履行に対しての損害賠償であり、利息と同じように一定の期間を区切って、その期間中における元本に対して、一定の割合によって算定が行われます。つまり、元本に対して、年%の割合、という形で金額が決められます。この場合の損害金は利息に似ていることもあり、遅延利息と呼ばれる場合もあります。

損害金の利率は、原則として元本に対して年5%と決められており、特別に規定がなされていない場合や特約などがない場合の他は、民事法法定利息が適用されることになっています。通常、借入などの場合には損害金に関して特約利率が定められており、それは、民事法とは異なる場合があります。ただ、その場合においても利息制限法の制限利率を超えることは違法となり、これを超える部分に関しては無効となります。

当サイトでご紹介している現金化にかんしましてもクレジットカードで決済しますので、カード会社への返済義務があります。これは通常のショッピングも同じなので、当然のようにお支払していただければ問題ないのですが、延滞が続くと今後のクレジットカード利用に関して不利な点が出てくるので、支払いが滞ることがないようにしっかり調整する必要があります。

支払いの延滞は今後に不利になる!?

クレジットカードやカードローンなどを利用している人なら見ることがある「延滞」の文字。この延滞をすることでとても良くないことが発生するので、できるだけこれを発生させないようにしてください。クレジットカードやカードローンなどを利用する場合は特に注意してください。ちなみに、水道代などでも同じようなことがありますので注意です。

延滞とはなに?延滞にならない方法!

延滞とは、簡単に言ってしまえば支払いをしないといけないタイミングに支払いが済まされていない状態のことを言います。わかりやすく言うと、カードローンやクレジットカードの会社で決められた日付があるのですが、それを大きく遅れた場合に延滞という状態になります。ちなみに、似たような言葉で「遅延」という言葉があります。厳密には少々違うことなので後ほど説明していきます。

延滞の何がダメかというと支払いが滞っているので借りている会社に迷惑が出てきます。と言っても、実は保証会社により現段階はそこまで迷惑はありませんが、ともかく借金が残るということです。すぐに返済出来るなら問題はないのですが、延滞状態が長く続くと場合によってはカードの使用を凍結され、利用できない状態になります。こうなってしまえば使えなくていろいろと生活に支障が出ることでしょう。

ただし、凍結する前に何かしらの連絡があるはずなので、それを見て支払いをすることができれば凍結されないです。

延滞にはペナルティが大体の会社にあります。ペナルティの大きさは会社によって異なります。金利の20%のペナルティが来るところもあります。また、延滞している日にちによって変わっていく場合もありますので注意です。ですから、延滞をしてしまったからいつでも良いから返済すれば良いと言う考えをすることができません。延滞したらすぐに返済をしないと延滞料金が大きくなることがあります。ただし、会社によっては一定の日にちまで支払いがない場合は凍結するので、支払えない額まで膨れることが少ないです。

ともかく延滞は良くないことです。あとは、催促の電話も来るようになります。もちろん、黒服の怖い人が来る、というわけではないです。しかし、結構しつこく来る場合がありますので注意しましょう。そして、実は最も避けないといけないペナルティもありますが、ここでは説明しません。(笑)

延滞と遅延の違いについて理解しているでしょうか?

上記で出てきました「延滞」と「遅延」の違いについて説明をしていきます。簡単に説明すれば、まず「遅延」が発生してその後更に返済が無いと「延滞」が発生するのです。要するに遅延は延滞の前段階と思ってくれれば簡単でしょう。遅延が延滞になる期日は会社によって異なります。すぐに延滞になることもありますので注意です。

「遅延」と「延滞」との違いとしては、延滞よりも遅延の方がまだ罪的な重さが小さいと思ってください。遅延段階なら返済すれば良いです。払い忘れなどのこともありますので、それで済ませる場合がかなりあります。しかし、延滞段階になると容赦はしません。上記で説明した延滞料金が発生しますし、場合によっては凍結処理もされることがあります。故に、延滞状態になる前に返済をすることを強くおすすめします。

遅延から延滞になる場合に何かしらの理由でそうなっていることを会社の方に説明しているともしかすると延滞状態の遅延で済ませることが出来る場合があります。もちろん、相当な理由でないといけませんし、回数が多くなるに連れて信用度がなくなりますので注意が必要です。しかし、初めての場合はどうしても遅れる場合は予め理由を説明することをおすすめします。会社の方も鬼ではないのでそれでなんとかなることがあります。ただし、しっかりと返済はするようにしてください。

最もやってはいけない使い方、ズルズルと借金の沼に入る!?

延滞状態やそれになるまでに最もやってはいけないことがあります。それをすると借金地獄になりますので注意してください。

まず、延滞状態にしないことが一番なのですが、この際に他のカードローンやキャッシングなどで返済をしようと思わないでください。

少ししたら返済できる手段があるのなら一時的に利用することは良いです。全く返済の目処が無いのに他のところを利用することは強くおすすめしません。そのような考えから次々と足場がなくなっていく状態になります。そして、闇金融に手をつけて完全に泥沼状態になるのが一番良くない状態ですので注意しましょう。

次に、延滞状態で他の会社に契約をしないことです。というのも「延滞」状態が完全に信用できない状態です。信用情報機関が同じところで契約をするとブラックリスト入りすることもありますので注意しましょう。ちなみに、ブラックリスト入は「延滞」でも入ってしまうことがありますので注意です。故に、延滞は避けるべきものです。

クレジットカード現金化の後のカード会社への返済も滞らないように注意!

クレジットカード現金化はショッピング枠を使って現金を振り込んでもらうキャッシュバック的なものです。ですので、ショッピングした分カード会社への返済があるのは忘れてはいけません。

いつも便利に使っているクレジットカードがさらに便利に使えるようになりました!さらに詳しく知りたい方はこちらのクレジットカード現金化の特集ページにて詳しくご紹介していますので、是非ご確認ください。

また、お金に困っている最中の方は特に、うまい話に流されやすい状態ですので、ズバリ、悪質なクレジットカード現金化業者の手口にあっさり引っかかってしまう可能性がありますので、ネットに転がっているクレジットカード現金化の体験談は絶対に信用しないようにしてください。

解答者

支払いの遅延は厳禁!絶対に期日までに振り込める状態にしましょう!

このように「延滞」は何も良いことはありません。むしろかなり悪くなる原因になりますので、できるだけ延滞を避けて返済をしていくようにしてください。そのためにも計画的に返済をしていきましょう!

公開日:
最終更新日:2016年11月9日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る