クレジットカード現金化ランキング

年利とは?

質問者

年利って何ですか?

年利とは、金利を1年あたりの割合で示したものです。金利とはお金の貸し借りに対する資金の賃借料をいいます。また支払期間を1年単位とする場合での元本(基準金額)に対する利子の割合のことです。

金利(利率)を1年単位で計算する方法であり、p.a.と表示されています。その期間が1年に満たない場合の計算をする際には、1年分の利子に計算しなおします。

たとえば、期間が3カ月のものの計算では、1年分に換算するために4倍して計算しなおします。1年の利率が5%で3カ月満期であれば、100万円の預金をしたとしても5万円の利息がつくわけではありません。100万円×5%÷12カ月×3カ月であり1万2500円の利息がつく計算になります。

金利は景気ととても関係が深いので知っておいてほしいものです。景気が良くなると金利は上昇しますし、景気が悪くなると金利は下降します。金利が下降すればまた景気はよくなります。このように景気と金利は循環の関係にあります。

また今の時代、貸金業者の問題もあり、1年での利率を表示するのに実質年率で表示することも義務づけられています。その関係で見せかけの低金利を宣伝することができないようになっているようです。気をつけて数値を確認されることをおすすめします。

安全にお金を調達するならば現金化というサービスが有るのをご存知ですか?この現金化サービスは金利はクレジットカード会社の規定に従っているのであまり景気に左右されること無く、安定して低金利で資金調達できる方法として今注目されています。

年利ってよくわからない!というあなたへ、分かりやすく解説します!

金融機関の専門用語や、金利に関する言葉は難しい用語が多く登場してきます。金利の仕組みやそれらに関連する表現をわかりやすく簡単に解説していきましょう。また併せて、上限規制(時限措置)や金融資産と金利、債券価格などなじみのない表現を解説します。

金利を見ると何がわかる?

金利は景気や政府の政策によって変動しています。過去に日本の金利も定期預金で6パーセント以上が約束されていた時代もありましたが、現在は実質ゼロ金利の時代です。金利の変動は、日本全体の預貯金や債券価格にも変動を与えます。金利の動向は、資産を運用する上で、大きなポイントとなります。

現在の日本は、低金利時代で銀行に預金してもほとんど金利を期待できません。これによって、金利の状況を考え、一般の方がご自身の預金をはじめとした金融資産を資産運用をしようという考え方が生まれました。人気の商品では投資信託や国債が該当します。

投資信託は、日本の銀行金利よりも収益性が見込める投資先に資金を投資し、投資による収益を見込む方法です。一般の方でも金融取引に対して詳しい知識がなくて商品を購入できる、というメリットがあります。金利も年間にすると0.5パーセント程度から数パーセントの利回りを期待することができる点などが人気です。

国債は、国が発行している債券で利回りが少ないものの、安全な運用として人気があります。収益は年間1パーセントに届かないものの、安全な運用を考えている方におすすめです。購入は証券会社などで取引可能です。

金利の上限規制(時限措置)

金利の上限規制は、ペイオフが解禁され、預金が保障されないようになったころから導入されるようになりました。これは、実際に元本が保障されないとなると、より預金者は安全な銀行に預金しようとするからです。そうなると、銀行は預金者に少しでも利回りのよい、定期預金の金利を設定して預金額を増やそうとする可能性があります。金利の上限規制は、預金額に対して上限を設定しているものです。

また、上限規制(時限措置)は株取引や金融などで使用されることもあります。上限規制は、一定の上限を法律で規制している場合に表現されています。株取引では、一日の取引で価格が規制されており、高値、安値で規制が決まっています。たとえば、1000円の株価の銘柄があったとしても、一日で価格の上限は制限されています。一方で下落の金額も制限されています。規制がある理由としては、株取引で市場が混乱しないためです。

年利によって金融資産の保有方法が変わります。

金融資産は、現金、土地や建物、借地権などの不動産、自動車、金などの貴金属の動産、国際、株式などの債券が該当します。現金に換算することが可能な、比較的流動性の高い資産も金融資産に該当します。

年利の影響によって金融資産の保有方法が変わります。年利の設定があまりよくないときには、多少リスクを取ったとしても利回りのよい、株式などの証券に投資しようという動きが多くなります。それに対して、年利の良いときには、証券類から預金に変えようという動きがマクロ経済の中で発生するからです。

金融資産で借り入れをすることも年利が低い場合には活発になります。これは、金利が安いから発生することです。金融資産は、銀行が査定して担保抵当として融資する場合には、その資産価値の評価の何割かを貸し付けることになります。借り入れをされる方は、商品を売却せずに現金を運用することが可能です。土地や建物などの不動産を担保にして金融機関から借り入れをするのは一般的な方法です。

それに対して、債券を担保にする方法はあまり知られていません。証券は時価で変動するため、ある程度、市場で安定した銘柄が対象となる場合があります。おおよそ借り入れをするときの6割程度が担保としての評価となります。

また、金融資産に対しての借り入れでは、近年一般の個人投資家も借り入れをしているFXなどでも、担保として現金の借り入れをして資産運用しています。レバレッジという方法で、日本語に訳すると「てこの原理」という意味です。

たとえば、為替相場であれば、1ドル100円の場合、毎日の値動きは1円程度、つまり1パーセント程度です。それであれば、元手に対して10倍から20倍の資産運用をしても、元手では一日で消失することはない、という考え方です。しかし、この方法は急速な値動きをする天災や戦争などの勃発のときには為替相場が暴落する可能性があります。

債券価格と年利の関係って?

債券価格は年利によって変動します。債券価格は、金利が上昇すると下落し、金利が下落すると上昇する相関関係にあります。これは、債券の利回りよりも、金利の利回りが高いと、債券を売却し、現金で預金する動きがマクロ経済で多くなるため、それに市場が連動しているためです。

基本的に元本からほとんど変動しないとされている国債などの債券ですが、二次市場では価格が変動します。これは、国策によって、債券の金利が変動するためです。もちろん、5年債券、10年債券で購入し、その後保有しつづければ償還期限を迎えたときに元本は保証されます。

しかし、その間に現金化したいと考えているときには、現在の国債の金利と比較して価格設定にされることになります。これが債券価格となります。そのため、短期的に国債を売買して収益をあげようと思うことは、とても専門性の高い知識が求められます。機関投資家による資産運用と違い、個人投資家は限られた資産で運用することになるため、十分な予備知識と市場に対する一定の理解、知識を持って取引に望みましょう。

クレジットカード現金化でお得に現金を手に入れる方法!

イベントや催事で急な出費がかさんだ時、みなさんはどのようにして現金を用意しますか?結婚式のご祝儀など、どうしても現金で支払わなければならない場合など、「なんでこんな時に!」という事はあると思います。そんなときに便利な資金調達方法がクレジットカード現金化です。

また、こうしたイベントごとにも対応しやすく、土日祝日もクレジットカード現金できる業者がありますので、緊急時の資金繰りにも強いわけです。そして、インターネット上で全て申込みが完結し、来店不要でクレジットカードを現金化できるので、インターネットが使える環境なら日本全国、どこにいても手続きができますので、店舗がない地方の方にもご利用いただけるのもうれしいですね!

解答者

年利の計算はややこしいですが、投資などを運用する際には絶対に必要な知識です!

お金を借りるときや投資をするときに必ず理解しておきたいのが年利です。年利の考え方とあわせて、上限規制や債券価格などとの関係についても把握しておくことで、より有利な運用が期待できるでしょう!

公開日:
最終更新日:2016年11月9日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る