クレジットカード現金化ランキング

利息とは?

質問者

利息って何ですか?

私たち消費者は、貸金業者から金銭を借り入れる場合、その額や期間に応じた利子を支払うことになります。このような利子に関しては、借り手を保護するために「利息制限法」や「出資法」といった法律が存在します。これらの法律は年利20%を上限利率として定めているので、それを超える利子は違法となります。

しかし、貸金業者が、本来の利子とは別に様々な手数料や諸費用を上乗せして徴収すれば、そうした上限利率を上回る金銭を得ることが可能になってしまいます。そこで、これらの法律は、そうした利子以外の費用も利子に相当するものとみなしており、これは一般に「みなし利息」と呼ばれます。そうしたものも含めて上限利率を超える場合、それは違法となります。

ただし、「契約の締結及び債務の弁済の費用」はこの限りでないとも定められています。つまり、契約書に添付する印紙代や、借り手が返済のために利用するATMの使用料などはその一例です。

また、返済不能となった債務者に対してなされる強制執行の費用や競売手続にかかる費用なども同様です。さらに、債務者が破損もしくは紛失したカードの再発行にかかる手数料や、債務者が期限までに返済しなかった場合の再度の口座振替費用なども利子とはみなされません。

今さら聞けない!「利息って一体何なの?」にお答えします!

銀行などから融資を受けるときに元金だけ貸してくれるわけではなくて、必ず金利というものが発生します。この金利を正しく理解しないまま銀行などから融資を受けてしまうと後から金利が重くのしかかってきます。だからこそ融資を受ける前から利息に関して正しい知識を得ることが重要になります。今さら聞けないという人にもわかりやすく簡単に解説をしますので、ここでしっかり利息のことを理解しましょう!

利息って何?

様々なサービスから現金を借りるときに、必ず利息が発生します。この利息とはお金の貸し借りをすることで発生する料金なのです。お金を貸してくれるところも民間会社なので、ただでお金を貸しても利益になりません。民間会社は利益を求めなければ倒産してしまうので、お金を貸すときに手数料として利息を設けてその利息を徴収して売り上げにしていきます。

特に消費者金融や銀行からのキャッシングなどは、必ずと言って良いほど利息が付きます。最初にいくら利息を払わないといけないかをしっかり考えてお金を借りなければ、この利息が後から支払い時に重くのしかかってきます。

しかし現実問題としてお金を借りるときに利息のことまで理解している人はなかなかいません。なぜならお金を借りたいという欲が強い人はお金が借りられればそれで良いという考え方の人も多いからこそ、利息まではあまり真剣に考えないまま借りてしまう人が多いです。

利息というのは借りている期間が長ければ長いほどたくさん支払わないといけない手数料です。借りたお金以外のお金(利息)を支払うのは借りた人にとって余計なお金を支払うことになるんだという意識を持っていれば、利息を正しく理解することができて、自分に負担にならない程度にお金を借りることができるようになります。

会社によって金利が異なるの?

利息というのはお金を貸してくれる全ての会社が一律というわけではありません。利息が低いところもあれば、自分が思っている以上に高い利息を設定している会社もあります。だからこそ利息が低く設定されている会社のサービスを利用することで、自分の負担を最小限に抑えることができるようになります。ここが重要なポイントになります。

お金を借りたいと思ったら銀行か消費者金融から借りるのが一般的ですが、銀行と消費者金融では利息幅が大きく異なります。例えば銀行の場合は消費者金融と比べれば利息が低く設定されています。反対に消費者金融の場合は銀行よりも利息が高く設定されています。

銀行と消費者金融の利息だけを比較したら利息が低い銀行のほうを利用する人が多いはずだ!と思ってしまいがちですが、実際に利用している人が多いのは銀行ではなくて消費者金融を利用している人が多いです。ここに利息を理解していない人が多いということが浮き彫りになっていることを理解するヒントが隠されています。

結局は借りやすいところから借りている!

結論を言えば消費者金融のほうが銀行よりも利息は高いです。それでも消費者金融を多くの人が利用している理由として銀行よりも借りやすいからです。銀行は消費者金融よりも審査が厳しいです。だからこそ安心して融資できる人だけに低金利でお金を貸してくれます。

反対に消費者金融は幅広く様々な人にお金を貸してくれることが多い分銀行よりも高めに利息が設定されています。収入が少ない人でも貸してくれるので、しっかり計画的に返済をしていかないと、利息が高いために支払いができなくなってしまい延滞をしてしまうととても最終的には自己破産してしまう可能性もあります。

自己破産というのは極端な例かもしれませんが、それほど利息が違うだけで後々の支払いのときに大きな違いが生まれてしまい、返済していくのがしんどくなってしまう可能性があるということを理解すれば、必ず自分が利息が低い会社からお金を借りようという気持ちになるはずです。

ローン会社の利息も理解しよう!

お金を借りるだけでなく、ローンを組むときも必ず利息が発生します。住宅ローンでも自動車ローンでも必ず利息が付きまとってきます。例えば住宅ローンを組むとなると数千万円の金額を何年もかけてローン会社に支払っていくことになります。

その何年もの間元金だけでなく利息も支払っていかなければいけないために、しっかり人生設計をしなければ途中でローンが返済できなくなって、せっかく購入した住宅を手放さなければいけなくなってしまう可能性もあります。だからこそ住宅ローンでも自動車ローンなど各種ローンを組むときも組みやすさだけを見るのではなくて、どのローン会社が利息が低いかをしっかり見極めて長期間支払うローンを組むようにしてください。

利息が最も安く現金を調達する方法、それがクレジットカード現金化!

銀行ローン、消費者金融など、現金を調達する方法はいくつもありますが、ここで注目したいのはその金利!どこが一番オトクに借りられるか、メリットデメリットをまとめてみました。

銀行カードローン
金利は最大約13%と一番金利は安いが、審査に通るのが難しいので利用できない可能性が高い。
消費者金融
金利は最大約18%と金利は割高。銀行系に比べて審査は緩いものの、昨今では不景気から審査が通りづらくなっている。
クレジットカード現金化
金利(手数料)は最大約15%と中間。審査がなく分割だと手数料が無料な会社がほとんど。

このように金利と審査の厳しささえ通れば銀行ローンが最適。消費者金融は審査が甘いという神話はすでに崩れており、利息の面からもデメリットが大きい。その点、クレジットカード現金化は分割も2回までなら利息は発生せず、利息無しで現金を調達できる可能性が非常に高くなっています。また、最短即日・審査無しで現金化で利用できる上、土日祝日にも現金化できるというメリットが大きいです。

まだまだ情報は少ないですが、これからの時代、クレジットカードの現金化は浸透してきますし、すでに何万人もの方がクレジットカード現金化を利用しています。急な資金調達が必要になったらまずは一度、クレジットカード現金化を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

解答者

利息とは、簡単に言えば「お金の貸し借りに発生する手数料」みたいなもの!

このように利息を正しく理解することで、安全に正しく銀行などから融資を受けることができるようになりますので、そもそも金利ってなに?と思っている人も、ここでしっかり利息のことを理解して、どのくらいの金額を融資してもらうとどのくらいの利息になるのか?そして利息にはどのような種類があるのかをしっかり把握して、今後の融資を受けるときの参考にしてください!

公開日:
最終更新日:2016年11月7日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る