クレジットカード現金化ランキング

債権とは?

質問者

債権って何ですか?

買い物をした場合にお店から代金の支払いを要求されたり、金融機関等からお金を借りた場合には、決まった方法で返済することを求められます。

お金だけに限らず、借主が借金を返済できない場合には、貸主は自動車などの物を代わりに要求することもあります。このような、何かの根拠があって、相手に対して何かをするように要求できる権利のことを、債権と言います。また、この権利と表裏一体になっている義務を債務と言います。

権利がある人が何かを要求した場合、債務のある人はその要求に基づいて、権利がある人に要求されたお金や物などを渡す義務があります。この権利は契約などに基づいた権利なので、契約相手にのみ要求することができる権利です。

多くの場合、この権利に基づいて要求されるのはお金ですが、お金以外の物を要求することもできます。例えば住宅ローンを利用している人が、病気等の理由で月々の返済が困難になった場合、その住宅ローンを提供した金融会社は、月々の返済も困難な人に対してお金を請求しても無駄ですから、ローンの目的となった住宅を要求することがあります。

但し、権利があるからと言って無制限に何でも要求することはできません。一般的にこの権利は契約に基づいて何かの品物やサービスを相手に提供した代価を求める権利なので、代価以上の価値を相手に求めることはできません。

債権は不景気な現代ではとても身近にあるもの!

最近ニュースなどで聞くことも多くなった債権という言葉は、不景気の時代を反映している言葉とても言われています。だからこそ不景気になればお金を借りる人が多くなり、お金を貸す業者も債務者となって元金だけでなく利息も債権者となった借りた人に請求をします。お金を使っている以上は誰でも債権の義務が発生してしまうということをしっかり理解しましょう。ここでは債権に関してわかりやすく誰でも簡単に理解できるように解説していきます!

債権とは?

債権とはある者が特定の者に対して、お金の請求など一定の行為を要求することを内容とする権利のことを債権と言います。資本主義の日本に住んでいる限り、子供でも高齢者でも様々な場面で債権が発生します。

簡単に一言で説明をすると「債務を弁済してもらう権利」「相手に対して様々な行為を請求すること」が債権なのです。債権という言葉自体は聞き慣れない人も多く、どのようなものなのか理解していない人もいますが、相手に果たしてもらうための権利という意味では人権という考え方も当てはまります。

多くの場合債権が発生する場合契約書などで内容をまとめて、後からトラブルにならないように双方が契約をすることで事が進みます。例えば銀行や消費者金融からお金を借りるときも、契約書にサインをして初めて債権者と債務者の関係が成り立ちます。

銀行や消費者金融だけでなく住宅ローンや自動車ローンなどを利用するときも、トラブルにならないように必ず債権と債務の関係を明確にするために、しっかり契約書にサインをしてお互いの関係を確認します。

根拠があればどのような場合でも請求できる権利!

上記のように様々な場面でサービスを提供した側は、そのサービスを利用した人に対して要求することができる権利なのです。借りたお金はしっかり返してくださいね!という要求も、この商品を買ったのであれば代金を支払ってくださいね!という要求も、しっかり税金を支払ってくださいね!という要求も、普段の生活の中で深く浸透している権利が債権なのです。

債権は当たり前の権利だからこそ、債務者に対して当たり前のように要求することができます。しかしこの債権の要求にしっかり応えることができない債務者もいるのです。この部分が不景気になればなるほど問題になってしまう部分です。

当たり前の権利に当たり前のように応えることが当たり前だというのは小学生でも分かることです。このことを債権という難しい言葉で言っているだけであって、債権を要求された側は、しっかり根拠がある場合は必ず権利に対して応えなければいけません。

債権は手加減しない?

根拠がある限り債権は当たり前の要求だからこそ、要求された側(債務者)はしっかり期日までに債権の要求に応じなければいけません。もし応じなければ財産の差し押さえなどで債務の責任を果たさなければいけません。

財産の差し押さえのニュースも不景気になればなるほど取り上げられることが多いですが、債務者も理解をして債権に応じなければいけないので、そのような場合は債権側の指示通りにお金を渡さなければいけません。

何かしらの原因があって支払えない場合でも、多くの場合債権者は容赦なくお金を要求してきます。例えばコンビ二に行って缶コーヒーを1本買ったときに必ず代金を支払わないといけません。このときもコンビ二側が債権者、缶コーヒーを買った人が債務者の関係になります。

ここで債務者が缶コーヒーの代金を支払わないでお店を出てしまったら、窃盗罪と見なされて逮捕されてしまいます。故意でなかったとしてもコンビ二側の万引きだと判断してしまうのは、普通の一般人だったら分かることであって、しっかり理性がある人は万引きなんかしませんし、債務を果たすのが当たり前なのです。

上記は一例ですが、このように普段の生活の中にも債権と債務の関係があってそれぞれが成り立ってこそ、当たり前の生活ができるようになっているのです。

債権を理解して債券を購入しよう!

債権の知識を得ることで債券が身近なものになります。債券とは国や地方自治体、投資家に買ってもらう証券のことで、この証券を多く買ってもらうことで企業は資金を得ることができます。この債券は満期になったときに債券額面を償還してくれたり、さらに金利を支払ってくれる権利があります。この権利は保障されているからこそ、資金がある人は企業を応援するためにも債券を購入します。

インターネットが普及している現在ではネット上で債券を売買することができるようになっていて、売却益が生まれて儲けることもできますし、逆に売却損がでることもあります。

このように債権というのはお金を借りたときには必ず義務を果たさなければいけないものになりますので、自分には関係ないと思わずにしっかり債務の知識を理解しておくことが重要になります。債権と債務の関係を理解することが重要になってきます。

利回りが良く、比較的安定している「国債」などは狙い目!

株式投資やFXなどの先物取引と同じようなものですが、この国債はローリスク・ローリターンであまり実入りは多くないものの、国が発行している債権だからこその安定感があり、国が潰れない限りその利益は配分されます。

投資などに興味がお有りでしたら、郵便局などで案内してもらえますのでまずがご相談してみてはいかがでしょうか?

解答者

債権と債務、物を購入するときに皆さんが負うのはどちらだったでしょうか!?

答は「債務」です!物を売る立場の人は「この商品に対して○○円もらう権利がある」ことによって商品を消費者に売り、「債務を果たして商品を得る」というのが消費者の立場です。物を購入する、サービスを受けるというのはつねに債権と債務のワンセットで行われているのですね!

公開日:
最終更新日:2016年11月7日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る