クレジットカード現金化ランキング

債務不履行とは?

質問者

債務不履行って何ですか?

債務不履行とは、故意に、または過失によって自分の債務を履行しないことをいい、おもに、履行遅滞と履行不能などに分けられ、債権者はこれに対して、損害賠償請求や契約の解除などを行うことができます。

履行遅滞とは、債権者と債務者との間で約束事を契約として交わしており、債務者が特別な理由もなく、約束を守れる状態であったのにもかかわらず、履行すべき期間が過ぎていても、約束事を実行しないことをいいます。

このとき債権者は、強制履行、損害賠償、契約の解除を求めることができます。

強制履行には、債務者が故意に約束事を果たさない場合において、その履行を裁判所に請求することができる直接強制という方法や、債務を履行するまで、債務者に金銭の支払い義務を与え続け、心理的に圧迫してすることにより間接的に債務の内容を実行させる方法などがあります。

また、損害賠償請求には、履行遅滞の条件のうえに、損害が発生した場合に請求することができ、金銭により賠償することになります。契約の解除は、契約自体がなかったことにするもので、債権者と債務者の両方が、すべて元の状態に戻す、原状回復義務を負うことになります。

履行不能は、過失によって約束事を実行することができなくなってしまった状態をいい、債権者は損害賠償請求か契約の解除を求めることができます。

お金を借りたら「債務不履行」には気をつけて!

普段の生活の中で様々な約束事があり、その約束事をしっかり守ることでお互いの信頼関係が成り立つものです。もし約束事が守られないようであればそこで信頼関係が崩れてしまい約束事が成立しなくなってしまい、最悪の場合法的な手段で解決しなければ行けない状態になってしまう可能性があります。ここでは債務不履行というものがどのようなものなのかを、わかりやすく誰でも理解できるように簡単に解説をしていきます。

債務不履行とは?

普段当たり前のように生活をしていればまず債務不履行という言葉は聞きませんし、自分が債務不履行になることも普通の生活をしていれば考えられません。この債務不履行とは債務の本旨に従う履行をしなかったときの状態を債務不履行と言います。

債務不履行って法律の問題なんでしょ?自分には関係ないよ!って思っている人も多いですが、日本に住んでいる以上は普段の生活の中で、誰もが様々な約束事をお互いが守って信頼関係の下で成り立っているので、これが成り立たなくなってしまったら、どのような状態でも債務不履行になってしまいます。

例えばレストランに行って食事をしようとしたときに、自分が食べたいものを注文する、注文を受けたらそのメニューを提供する、提供されたらメニューの代金を支払う、これは小学生でも分かることですが、このような当たり前の生活のなかで債権と債務の状態が常に発生しています。

上記のレストランの例だと、お店側は料理を提供する債務、お金を支払ってもらう債権が発生します。お客さん側は料理を提供してもらう債権、お金を支払う債務が発生します。双方の債務と債権が成立してお互いの関係が成り立ちます。

普段の生活の中でここまで意識して生活している人はいないと思いますが、身近なところに債務と債権があって双方は必ず債権を要求して債務を果たさなければいけません。ここで料理を提供しない!代金を支払わない!となると債務を履行していないということで債務不履行の状態になってしまうのです。

債務不履行はトラブルの元

レストランの例を見ても分かりますが、債務不履行になってしまうとトラブルに発展してしまう可能性が高いです。お互いが債権を果たしてもらったら必ず債務も履行しなければいけません。債権と債務はセットなので、債務はしなくても良いという考えは通用しないのです。

だからこそトラブルが解決しなければ、警察が介入したり、それでも解決しない場合は逮捕されてしまったり、裁判問題に発展してしまうのが債務不履行の難しさでもあります。だからこそ債務不履行にならないことが重要になります。

現金化の後の支払いが滞るのも「債務不履行」となります!

一時的に金銭的なピンチを回避することにおいてはクレジットカードのショッピング枠現金化はとてもおすすめできるのですが、返済の目処がない現金化は債務不履行を起こしやすいので注意して下さい。

審査がないため簡単に現金を手に入れられるクレジットカード現金化だからこそ、利用後の計画もしっかり立ててからご利用下さい!

債務不履行の効果を理解しよう!

もし債務不履行が生じた場合は履行不能になった場合を除いて、債権者は必ず債務者に対して履行を請求することができます。もし裁判の問題が発生したときにはこのときに損害賠償責任が発生します。

このときは金銭賠償が原則となります。損害が生じている場合だけ金銭債務を請求することができますが、このときに万が一金銭の支払いが遅れてしまったら、さらに遅延損害金を請求することができます。

債務不履行は様々な場面であり不動産の債務不履行もあります。不動産の債務不履行は不動産の売買で売るときと買うときに支払いなどの遅延が発生したときに債務不履行が発生します。そのような場合は早い段階で対応をしなければ履行遅滞、履行不能、不完全履行になってしまいます。

国単位の債務不履行って何?

債務不履行は個人間だけではなくて国が債務不履行になる可能性があります。国が借金をすることを国債と言います。これは国庫債券というもので、国が発行する債券が国債の特徴になります。

債権は借金のことで海外ではデフォルトなどと言います。この国債が発行されるとどんどん国が借金をしていきます。国が発行する債券が国債、地方自治体などが発行している債権を公債と言います。

この国債には「利付国債」と「割引国債」がありあます。利付国債は半年ごとに利子の支払いを受けることができる国債です。これは満期が決められているのでメリットがあります。割引国債は利子がありませんが満期があるので額面金額が支払われます。

このように日本もたくさんの国債を発行しています。海外でデフォルトで破産してしまった国もあるので、日本も国債を発行し続けるのはとても危険だという意見を言うひともいますが、今後も日本は国債を発行し続けます。

このように債務不履行にならないように債務者は最善の努力をしなければいけませんし、そして債権者に対しても必ず迷惑をかけないように、債務があるということを理解しながら債権者との約束事は必ず果たさなければいけません。ここでしっかり約束事を果たさないと債務不履行責任という法的責任を追及されてしまいますので絶対に注意しましょう!

解答者

債務不履行だけは絶対に避けて下さい!できなかったらすぐに専門家に相談しましょう!

債務不履行責任を追及されてしまうと社会的にもそうですし、お金に関するストレスを抱えて大変な思いをしなければいけません。日々のお金の管理は計画的に行い、様々な債務不履行があることを理解しましょう!

公開日:
最終更新日:2016年11月7日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る