クレジットカード現金化ランキング

信用情報機関とは?

質問者

信用情報機関って何ですか?

キャッシングやカードローンの申込や、住宅や自動車の購入の際にローンの申込など、金融機関に対して融資を申込む際には、申し込みを受けた金融機関は審査を行います。

審査では、申込んだ人が、申込書に記載された当人に間違いないということをまず確認し、次に申し込んだ人が、お金を貸しても返してくれる人かどうかということを確認します。

金融機関は、融資を行って、その融資の返済の際に得られる利息で成り立っているのです。だから、融資したお金を返してもらえないと、自分自身の存続に関わります。そのため、厳しく審査が行われます。

お金を貸したら返してくれる人かどうかを判断するために、金融機関は、申込者に安定した収入があるかどうか、住所が頻繁に変わっていないか等を確認します。

更に、今迄に他の融資を受けて、それをきちんと返済しているかどうかを確認します。

これらの確認は、金融機関自身の調査能力では限界があるため、信用情報機関に信用照会を行います。この機関は、個人信用情報を保管し、金融機関等からの照会に応じて、その情報を金融機関に開示します。

その情報には、個人の住所や氏名、生年月日、電話番号、それに勤務先と勤続年数や勤務先の電話番号に加え、今迄利用してきたキャッシングやローンの名称、借り入れ日と返済完了日、それに延滞や自己破産などと言った金融事故を起こしていないかどうかに記録についても、最大10年間保管しています。

金融機関は、これらの情報を基に審査を行い、申込者が融資に適した人かどうかを判断します。

クレジットカードを作るときによく聞く「信用情報機関」っどんなところ?

クレジットカードを作るときや金融業者から借金をするときに審査があります。クレジットカード会社やお金を貸してくれる金融業者は、利用者がしっかり支払い能力があるかを見極めてクレジットカードを発行したり、お金の融資を決めています。ここで重要なのが利用したいと思っている人の状態をしっかり確認するために信用情報機関に審査を依頼します。

信用情報機関でその人の信用状況を確認してカードを発行したりお金の融資の限度額を決定しています。利用できるかできないかを決めているのが信用情報機関だということを理解してもらいために、信用情報機関がどのようなものなのかをわかりやすく簡単に解説しています。ここで信用情報機関の基礎知識を学ぶようにしましょう。

信用情報機関とは?

個人の信用問題はとても重要なことですが、この信用問題を管理しているのが信用情報機関になります。この信用情報機関はクレジットカードの発行やお金の融資を提供しても大丈夫なのかをチェックするために適正な審査をする期間です。この信用情報機関があるからこそ、クレジットカード会社や金融業者は適正な運営をすることができるようになります。

だからこそ信用情報機関は個人の与信判断をしていると言っても過言ではありません。与信判断とはその人が本当に正しい判断ができて適正に返済してくれるかを判断することを与信判断と言います。信用情報機関が与信判断をして、クレジットカードを発行しても良いか?お金を融資するときはいくらまで融資してもOKなのかを判断することになります。

信用情報機関にとってとても重要なのがこの与信判断です。その人がどのような信用情報なのかしっかり適正な判断をして審査をするのが信用情報機関の特徴になります。信用情報機関にはそれぞれの人のクレジット利用履歴などが登録されているので、それを見れば様々なことが分かります。

だからこそ申し込み時に嘘の情報を申込用紙に記載しても結果的には信用情報機関に与信判断をしてもらうことで、申し込み時の嘘が必ずバレてしまいます。与信判断で審査に通らないだけではなくて、嘘をついてしまったということでもマイナスポイントになってしまいます。そうならないためにも嘘は通用しないという思いで申し込みをしなければいけませんし、自分の信用問題が傷付かないようにしながら生活することが求められます。

クレジットカード会社が加盟している信用情報機関とは?

クレジットカード会社の多くが加盟している信用情報機関がCICです。CICは複数のクレジット会社が共同出資して昭和59年に設立された信用情報機関です。クレジット会社から審査を依頼されると多くの場合がCICで与信判断をすることになります。

CICは主に割賦販売や消費者向けローンなどのクレジット事業を営む企業が会員になっているので、全国の様々なクレジット業務を展開している業者がたくさん加盟しています。クレジットカード会社だけが会員なの?と思われている人もいますが、現在では全国で展開している銀行系クレジット会社、信販系クレジット会社、流通系クレジット会社などもCICに加盟しています。

CICのメリットは依頼をすれば個人でも情報開示をしてくれるところが大きなメリットです。クレジットカードを発行したいけど、自分の過去のクレジット利用履歴が気になると思ったら情報開示の依頼をすれば、開示結果が郵送で送られてきます。

クレジットカード現金化において、信用情報は考えなくても良い?

確かにクレジットカード現金化には審査が無いということは事実ですが、信用情報に傷がつくことにメリットは何一つありません。むしろ今後のクレジットカード生活に支障をきたすこともあるため、できれば避けたいところです。

今、手持ちがなくどうしても現金が必要というタイミングであれば、まずは審査や必要書類などの手続きが少ないクレジットカード現金化を試してみて下さい。消費者金融よりも金利が低く、即現金を手に入れることができます。

消費者金融系の会社が会員になっている信用情報機関の特徴とは?

消費者金融会社などからお金の融資を受けたいと思っている人が、信用情報の与信判断をされる可能性があるのが、消費者金融系の会社が会員になっている信用情報機関の日本信用情報機構です。

日本信用情報機構は主に消費者金融の信用取引に関する様々な契約内容や返済状況などの信用情報の与信判断を専門に行っている信用情報機関です。独自のノウハウを駆使して常に正確で最新の状態で、消費者金融を利用したいと思っているお客様の信用情報を管理・提供する事業を行っている会社です。

消費者金融でお金を借りたいと思っている人は日本信用情報機構のデータで与信判断されると覚えておきましょう。平成18年改正貸金業法で定められた指定信用情報機関に指定されている業者でもあるので安心して自分の情報を管理してもらうことができます。

信用情報機関はその人の信用状況を把握する上でとても重要なポイントとなる機関です。この機関に信用してもらうことができればクレジットカードを発行してもらえますし、金融業者などから希望額の融資を受けることができます。だからこそこれから生活をしていく中で信用情報機関から信頼してもらえるように生活をしていくことが重要になってきます。

解答者

日々の生活から信用が計られています!

当たり前の生活の中で、少しでも支払いが滞ってしまうと信用情報機関にその情報が蓄積されて、最悪なケースだとブラックリストに自分の名前が載ってしまうことになりますので、特にスマホ時代になってから携帯電話の使用量の遅延だけでも信用情報に傷がついてしまうのでご注意を!

公開日:
最終更新日:2016年11月7日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る