クレジットカード現金化ランキング

ブラックリストとは?

質問者

ブラックリストって何ですか?

ブラックリストという言葉は、一度ならず耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そのイメージとしては、お金を借りたのに返済期日までに返さなかったら、次に借りたくてもどこも貸してくれないという、ごく簡単なものです。

クレジットカードを作ったり、それを使用した情報は、全て信用情報機関に登録されています。

マイカーローンなどのローン情報もそうです。

意外と知られてないのですが、携帯電話の機種代金を月々の使用料金と共に、毎月引き落としで契約していませんか。

これも立派なローン払いになるんです。

機種代金がサービス料と相殺されて実質0円になるものも多いのですが、それは携帯会社が決めた期間は解約しないという条件のもとのサービスで、期間中に解約したら当然残りの機種代金は支払わなければなりません。

月々の使用料金が実質的な機種代金の分割返済となっていることがほとんどです。

だから、銀行の残高が足りなかったなどの理由で1度でも引き落としがされない場合は、即座に信用情報期間に情報を登録されてしまいます。

奨学金もローンの一つになります。

物質的なものではなく、信用情報機関の登録情報のことなのですが、一度でもリストに乗ると信用を失うことになるので気をつけて下さい。

ブラックリストに載っていても現金化はできる?という質問もよくあるのですが、結論からすると使えるクレジットカードであれば現金化はできるとなります。ただし、支払いが滞っている状態、カードが利用停止になっている場合などは現金化できませんのでご注意下さい。ブラックリストに載っている人の状態によって利用できる、できないは変わってきます。

響きからして怖い!ブラックリストってどんな状態なの?

お金の融資を受けたいと思ったときや、クレジットカードを作りたいと思ったときに必ず審査に通貨して融資を受けたりクレジットカードを作れるという保証はありません。だからこそ金融会社は利用したいと思っている人がどのような人物なのかをしっかり見極めて本当にその人が信用できる人物なのかを見極めます。そこで使われる言葉が「ブラックリスト」という言葉が使われることがあります。このブラックリストがどのようなものなのかを誰でもわかりやすく簡単に解説していきます。

ブラックリストとは?

ブラックリストとは個人信用情報機関が管理されている個人信用情報に「事故情報」が掲載されてしまうことをブラックリストと言います。様々な商品を後払いで購入するときは必ずその人の信用が一番重要視されます。

消費者信用とも言われる形態の中では信用が一番重要です。その中で一番重要になってくる項目が、お金の融資やクレジットカードを使ったときに支払いが遅れてしまったり不払いになってしまったという情報が事故情報として掲載されてしまうと、その時点で自分の信頼度が低下してしまいブラックリストに掲載されてしまったという表現をしています。

本来ブラックリストというリストがあるわけではありません。事故情報の扱いをされてしまうことをブラックリストの自分の情報が掲載されてしまったという言い方をしているだけなのです。

お金の貸し借りや信販会社のサービスを利用してローンを組む場合、さらにクレジットカードを所有したいと思ったときなどは自分の事故情報、つまりブラックリストにその情報が掲載されていないかを判断するために、必ず審査をしてその人が信用があるのかを判断します。審査に落ちた!と嘆いている人も多いですが、審査に落ちてしまった人は自分の信用情報がブラックリストに掲載されている可能性が高いです。つまり事故情報扱いとなっている可能性が高いということが言えます。

ブラックリストでも現金化できるのか心配の方は、こちらもあわせてごらんいただくと、ブラックカードでも現金化ができる事がわかります。

信用情報とは

ブラックリストと密接に関わってくるのが「信用情報」です。お金の融資を受ける場合でもクレジットカードを作成するときも、信販会社のローンを組むときも必ず信用情報が重要視されます。

信用情報とは今までどのような金融商品を利用してきたか、そしてそれらの金融商品でどのような借り入れがあったのか、さらにそれらの金融商品を利用しているときに滞納や遅延が無かったのか?あったのか?など、これらの信用に関わる重要な情報をまとめたものが信用情報です。

この信用情報は提携している個人信用情報機関で管理されています。銀行系でもノンバンクの金融会社でも必ず個人信用情報機関にその人の個人信用情報を照会して、その人がブラックリストに掲載されていないかチェックします。

信用情報についてはこちらの「信用情報機関とは?」というページでも詳しく説明しています。

どのような状態がブラックリストなのか?

普段当たり前のようにローンを組んだりお金を借りたりクレジットカードを使っていますが、これらの便利なサービスの利用の仕方を間違ってしまうと、あっという間に自分の信用に傷が付いてしまいます。

そして長期間の返済が滞納になっている状態が続いてしまうと、確実に自分の信用に傷が付いてしまい事故情報という扱いを受けてブラックリストに掲載されてしまいます。それぞれの個人信用情報機関で基準は異なりますが、不景気になればなるほど基準が厳しくなって審査に落ちたと嘆く人が増えてきます。

借りたお金を返さないという行為は、一般的な生活の中でも最悪な行為として挙げられます。少しくらいであれば大丈夫だと思っている人がいますが、その考えがお互いの信頼関係を構築できない原因となってしまいます。

遅延にも軽度と重度があり、うっかり支払いをする日にちに口座にお金を入れていたのを忘れていた程度であれば見逃されることもありますが、重度になると3ヶ月以上の延滞、延滞が3回以上続いてしまうと重度で悪質と見なされて確実にブラックリストに掲載されてしまいます。

審査を通過するのが難しくなるブラックリスト

もし自分がブラックリストに掲載されてしまうと、あらゆる金融会社で行われている審査に通過するのが厳しくなってしまいます。元々銀行系は審査が厳しいことで知られているので、ブラックリストに掲載されてしまったらさらに審査に通らなくなってしまう可能性があります。

ノンバンクも総量規制が適用されてから思ったように融資を受けるのが難しくなってきているので、さらに審査が厳しくなると希望の融資額を受けることができなくなったり、ローンを組めなくなってしまう可能性があります。

解答者

ブラックリストに乗ってしまうとデメリットが大きいのでご注意を!

ブラックリストは新たに金融商品を利用したいと思っているときに、そのサービスが利用できない可能性があります。普段の生活の中で返済や支払いが遅れてしまったり、不払いがあったりすると個人信用情報機関に信用できないという情報を掲載されてしまう可能性があります。そうなってしまうと新たに金融商品を利用することができなくなってしまうので、そうならないためにも自分の信用情報に傷つけないように生活をすることが重要になります。

公開日:
最終更新日:2016年11月7日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る