クレジットカード現金化ランキング

ノンバンクとは?

質問者

ノンバンクって何ですか?

ノンバンクとは預金業務を行わずに融資提供する事業者を指し、一般的に消費者金融やクレジットカード会社などが当てはまります。

貸金事業で必要な資金調達を銀行など外部の金融機関から受けることになるため、調達にコストを要する分だけ融資を受ける側となる消費者及び事業者へ対する金利も高くなる傾向を持ちます。

よって、これらを利用する際には利息が増加しやすい点を予め考慮しておき、できる限り素早く返済できる計画を立てることが求められてきます。

一方で銀行を始めとした預金業務が含まれている金融機関の場合はこれに該当せず、融資を受ける側に対して様々なメリットが生じる結果となります。

まず、銀行系カードを用いて融資を受ける選択においては、口座取引で使用するキャッシュカードと融資で使うクレジットカードを一体化できる可能性が想定され、複数のカードを所持するよりシンプルな管理状況を実現できます。

他にも多くの場合は銀行特有の特典やサービスを受けられるなどお得な内容が付帯するので、特典を重視するのであれば消費者金融とクレジットカード会社より有利な選択肢といえます。

ただし、銀行の融資は審査が厳しい特性を持っており、利用限度額もそれほど大きく確保できないことから、用途次第では使い分ける必要性も生じてきます。

ちなみにノンバンクのクレジットカードでも、銀行系のクレジットカードでもクレジットカード現金化には差はありません。どちらの方が換金率が高いなどと言ったこともありませんので安心してご利用下さい。

融資などでよく聞く「ノンバンク」とは?

お金の融資を受けたいときに様々な金融機関がお金の融資をしてくれるので、どのような金融機関を利用することで自分にとってメリットがあるかをしっかり理解することが重要になります。正しい情報をしっかり理解することができれば、自分が納得してお金などの融資を受けることができる金融機関を選ぶことができます。ここではノンバンクがどのような意味なのかを、これからノンバンクを利用してお金の融資などを受けたいと思っている人のためにわかりやすく簡単に解説をしていきます。

ノンバンクって何?

最近よく耳にすることも多いノンバンクですが、ノンバンクとは貸付だけを行う金融機関という括りの中で、銀行や信用金庫などを除いた金融業者のことをノンバンクと言います。一言にお金の融資と言っても幅広いものがありますが、住宅ローンや自動車ローンもノンバンクの会社が提供しているサービスがとても多いです。

さらに消費者金融もノンバンクに分類されることになります。ただお金に困っている人にも融資をしてくれる消費者金融もノンバンク系分類されますが、ヤミ金と言われる違法な運営をしている業者はノンバンクと言い難いです。

反対にバンク系というのは銀行や信金や信用組合や労働金庫などが銀行系に分類されるバンク系に該当します。ノンバンク系とバンク系とではそれぞれ特徴が異なり、それぞれメリットとデメリットがあることをしっかり理解するようにしましょう。

ノンバンクの種類って何がある?

自分がノンバンク系の金融業者から自分にマッチングするサービスを利用したいと思ったときに、ノンバンクにどのような種類があるのかをしっかり理解することで、自分が納得できるサービスを利用することができるようになります。

ノンバンク系の代表的なものが消費者金融会社です。消費者金融会社は個人向けの融資をしていて、無担保で融資をしてくれるのが特徴的です。銀行系と比べると審査が緩いので、多くの人が銀行から融資を受けるのではなくて消費者金融会社から融資を受ける人が多いです。

個人ではなくて事業者向けにサービスを提供しているのが事業者金融会社です。個人では利用できませんが、事業資金などを提供しているのが事業者向け金融会社の特徴です。

各種ローンを提供しているのが信販会社です。この会社では個人の販売信用による融資を行っている業者になります。信販会社にも専門分野があって車のローンを組むときはそれぞれの自動車メーカーに特化している信販会社が利用されますし、住宅ローンを組むときは不動産金融専門業者もあります。

クレジットカードを発行しているクレジットカード会社もノンバンクに分類されます。日本でも様々なクレジットカードを利用することができますが、このカードを発行している多くがノンバンク系に分類されます。

銀行系も様々なサービスを提供しています!

銀行というと多くの人がお金を貯金するというイメージを持っていますが、銀行、信金、労働金庫などの銀行系の金融会社も様々なサービスを提供しています。

ここをしっかり理解することで、銀行系とノンバンクの金融会社でどのような違いがあるのかをしっかり理解することができれば誰でもそれぞれのサービスを利用することができます。

何が違ってそれぞれの金融会社でどのようなメリットを感じることができるかをしっかり理解しておく必要があります。

ノンバンクと銀行系の違いを理解しよう!

銀行系とノンバンクの違いとして最初に挙げられるのが「審査の違い」です。銀行系の金融会社のほうが審査が厳しいです。審査方法に大きな違いはありませんが、ノンバンクであれば個人信用に問題がなければ融資を受けることができますが、銀行系の場合は保証会社と銀行の両方から審査を受ける必要があるからこそ、ノンバンクよりも審査が厳しくなってしまいます。

反対に金利はノンバンクのほうが高いです。本来であれば金利が低い銀行系の金融会社から融資を受けるべきなのですが、多くの人が審査が厳しいために金利が高くてもノンバンクの金融会社のサービスを利用する傾向が高いです。

法律が改正されてからは「総量規制」という決まりごとも意識しなければいけません。総量規制とは利用者の年収3分の1までしか融資を受けることができない法律で決められた規制のことを言います。この規制が適用されるのがノンバンクのみの対象となっています。もし多くのお金の融資を受けたいと思ったら、総量規制が適用されない銀行系の金融会社からの融資をおすすめします。

解答者

目的に合わせて銀行系、ノンバンク系とを使い分けて申し込みしましょう!

このようにノンバンクの金融会社はとても便利なサービスを利用することができるので、銀行系の違いをしっかり理解して、さらにノンバンクの種類をしっかり理解して、自分が納得できるサービスを利用して、今後の生活を豊かなものにするようにしましょう。そうすることで生活に負担を感じることなく楽しい生活を送ることができるようになります。

公開日:
最終更新日:2016年11月7日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る