クレジットカード現金化ランキング

ネガティブリストとは?

質問者

ネガティブリストって何ですか?

ネガティブリストというのは主に金融関係で使われている用語であり、俗にブラックリストとも呼ばれています。

クレジットカードのほかにローンなどを利用した方が何らかの理由で返済することが出来なくなり、返済能力がないとみなされた場合、このブラックリストに掲載されることになるのです。

ほかに自己破産を申請した人もこのブラックリストに掲載されることになり、ブラックリストに載っている人たちは本的に社会的信用を失うことになるのでクレジットカードなどを使用できなくなります。

ほかネガティブ情報という言葉もあり、これは過去にクレジットカードやローなどの金融サービスを利用した方たちの信頼性を表している情報になります。

ネガティブという名前が付いているとおり、その人にとって不利になる情報の事を言います。

この情報の中には、その方がクレジットカードを利用してどのような商品を購入したのかという情報や、ローンの履歴のほか、払っていない借金などが記録されているのです。

それだけでなく、自己破産をした場合は、自己破産をしたときの内容などが記載されています。

ほかの金融機関を利用するとき、この情報を元にお金のやり取りをしており、もしこのような情報がある人は金融機関を使い融資を受けることが出来ないのです。

クレジットにおける「ネガティブリスト」とは?

クレジットカードを作成したりローンを組むときに、自分に対して不適切な事実があると、自分が思っているようにクレジットカードが発行されなかったり、ローンを組むことができなくなってしまうことがあります。この情報はしっかり管理されているからこそ、嘘をつくことはできませんし、逃れることもできません。ここではわかりやすく簡単にネガティブリストについて解説をしていきます。

ネガティブリストって何?

クレジットカードやローンを組むときは個人信用情報が大きく関わってきます。個人信用情報は細かいデータが個人信用情報機関に登録されていて、この登録されている情報を元にしてクレジットカード会社やローン会社はその人がどのような情報を持っているかをしっかり理解してから判断を下します。

ネガティブリストは信用機関に登録される事故情報だからこそ、普段の生活の中でクレジットカードやローンの支払いのときに未払いがあったり、遅延があったりするとあっという間に個人信用情報機関に登録される事故情報として扱われてしまいます。

クレジットカードやローンは後払いとなるので、サービスを提供するときにはその人の「信用」が何よりも大切になってきます。そのようなときにクレジットカードを作りたいと思っている人やローンを組みたいと思ってる人が本当に信用できるかをチェックするためには、必ず自分たちで判断せずに個人信用情報を得るために個人信用情報機関に照会依頼をして信用機関に登録されている事故情報が無いかをチェックしなければいけません。

不払いや遅延を恐れている!

ローンを提供している信販会社やクレジットカードを発行する会社は、利用したいと思っている人が不払いや遅延になることを一番恐れています。遅延や不払いが発生してしまうと会社の利益にならないからです。

利益にならないばかりか余計に経費がかかってしまい、不払いや遅延はどう考えてもローンを提供している信販会社やクレジットカードを発行する会社にとってメリットは無くデメリットしかありません。

だからこそ神経を尖らせてネガティブリストを意識しながら、これから希望を利用している人の個人信用情報がどのようになっているかをしっかりと見極めるために、個人信用情報機関からの情報を総合的に判断しなければいけません。

どのような人であってもローンやカードを利用してもらえば利益になるので、全員サービスを提供したいと思っていますが、それでは万が一不払いや遅延が発生したときに大変なことになってしまうために、ローンを提供している信販会社やクレジットカードを発行している会社が必ずネガティブリストをチェックするようにしています。

マイナス評価がネガティブリストに掲載される?

クレジットカードやローンを組むときは、その人の信用が全てです。しっかり滞りなく支払ってくれることが重要なことですから、過去にマイナス評価があれば必ずネガティブリストに掲載されてしまうので注意しなければいけません。

クレジットカードの購買履歴、ローンの利用履歴などをチェックしながら、万が一不払いや支払遅延、自己破産などの信用機関に登録される事故情報があれば、今は確実に支払う能力があっても、ネガティブリストとして掲載されてしまうことになります。

だからこそ普段の生活の中で信用が重要視されることに関してはしっかり信用を失わないように、正しい方法でクレジットカードを使ったら確実に返済しなければいけませんし、ローンを組んだときも、普段の生活に支障が出ないように無理の無い範囲でローンを組むことが望まれます。

ブラックリストとの違いは?

ネガティブリストと同類語に「ブラックリスト」というものがありますが、表現の仕方は違えどネガティブリストとブラックリストの意味は同じものになります。どのような意味になるかというと、過去にその人が不払いや遅延などの事故情報があった場合にネガティブリストとブラックリストという表現を使います。

クレジットカードやローンなどの申し込みをするときは必ず審査があります。クレジットカードやローンを依頼したいと思っている人は申込書などに記載された個人情報だけで判断しません。さらその人に対してネガティブリストやブラックリストなどの個人信用情報機関に登録された個人信用情報もしっかりチェックして、本当にその人が信用できる人物なのかを総合的に与信判断をして最終判断を下すことになります。もしここで申し込みをしている人物に対してネガティブリストやブラックリストに事故情報が掲載されていると審査に落ちる可能性が高いです。

皆さん勘違いが多いものの1つとして「ネガティブリスト、ブラックリストに載っていたらクレジットカード現金化はできない」ということ。信用情報はクレジットカードを新規に作る際に必要なものなので、すでにクレジットカードさえ持って入ればクレジットカードでの現金化は可能です。なので、クレジットカードさえ持っていれば現金化ができるという点でも資金調達にもってこいの方法と言えるでしょう!

ブラックリストとクレジットカード現金化についてはこちらの記事も参考にしてみて下さい!

解答者

支払いの遅延などさえ無ければネガティブリストは怖くない!

このようにクレジットカードを作成したいと思ったり、商品を購入するときにローンを組みたいと思ったときにどのようにすれば良いかをしっかりと考えて行動しなければ、自分が過去の過ちでネガティブ情報に自分の名前が載っている可能性があるので注意するようにしましょう。

公開日:
最終更新日:2016年11月7日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る