クレジットカード現金化ランキング

クレジットカードとは?

質問者

クレジットカードって何ですか?

クレジットカードは一枚持っていると大変便利です。まだ持っていない方はこれからでも遅くありません!色々便利でオトク、節約にもなるクレジットカードは今後生活必需品になること間違いなしですよ!

クレジットカードは買い物の際に、一旦、現金で支払わず、カード会社から一時的にお金を借りる形で買い物をします。そして一ヶ月先とか後に指定した引き落とし先から自動的にお金が落ちる形となり、買い物が終了します。買いたいものがあった時、手持ちの現金が足りなかった時とか、お金がない時にはカード一枚だけで買い物が出来るので、お金をその時に支払う必要がありません!

ただし、クレジットカード会社の方で、一旦は買い物先へお金が支払われるので、お金を貸してくれた分、もちろん返さなければなりません。なので、容易くカードで買い物をしていると、後の支払いが大変になってしまうので気をつけなければなりません。

カードには利用限度額があり、使用によって限度額が変わってきます。カード入会の時に、利用額が決まるし、利用回数によってもまた変わってくるので、請求明細や利用明細で限度額を頭に入れておくと良いでしょう。

カードに入会するには、最初、入会の手続きを会社にします。審査がありますので、審査が通ったら入会となります。支払いが近づいてくると、請求明細が送られて来て、指定の引き落とし日になると使った分のお金が引き落とされます。なので、それまでにお金を引き落とし口座に入金しておかなければなりません。

ザックリですが、クレジットカードについてご紹介してみましたが、使うにも、所持するにもそんなに難しいことはありません。ただし、使った分が引き落とされることを念頭に入れて、カードは慎重に使いましょう。

クレジットカードに関しての事前の知識、知っていると利用しやすいキーポイントまとめ

仕組み・選び方・お得なご利用方法など、クレジットカードの重要ポイントをまとめました!

クレジットカードについてはたくさんのお得なサービスが附帯していますが、とことん活用しきれていない方も大勢いるのではないでしょうか?クレジットカードの利用についてはその仕組みをしっかり頭にインプットしておかないと思い掛けないマイナスを被ってしまうことも考えられるので、しっかりと要点を抑えておくようにしてください!

クレジットカードの仕組みって?

クレジット(CREDIT)には「信用」といった意味があるのです。カード会社が支払い代金を一時の間代わりに支払ってもらえるのは、カード会員を信用しているからなのです。

お店側は、クレジットカードの保持者である人=カード会社を信用して、現金を受け取らずに商品を渡してくれます。お店は後々、カード会社に支払い代金を請求します。

利用者・カード会社・お店の三者の間での信用が崩壊するみたいなことがあると、クレジットカードを利用できなくなります。

カード決済の仕組みは、5種類の国際ブランド(VISA、Master Card、JCB、American Express、Diners Club Card)が取り纏めています。カード会社が国際ブランドと契約しているので、使用者は国際ブランドの印があるお店でのみカードでのお払いができることになります。

いずれのクレジットカードの国際ブランドを利用しても、利用明細書はカード会社から送付されてきます。

国際ブランド一覧
VISA (ビザ)
VISA (ビザ)
VISA(ビザ)は、全世界でのカード発行枚数、加盟店数が1位の国際ブランド。使うことができる店舗がたくさんあるので、1枚備えておくと安心のカードではないでしょうか。
Master Card(マスターカード)
Master Card
(マスターカード)
Master Card(マスターカード)は、VISAに準ずるカード発行枚数、加盟点数を誇る国際ブランド。外国ではMaste Cardしか使えないお店も多々見受けられます。
JCB(ジェーシービー)
JCB(ジェーシービー)
JCB(ジェーシービー)は、日本発の唯一の国際ブランドで、国内加盟店の多様性がアドバンテージです。外国加盟店も日々増加傾向にあります。
American Express(アメリカン・エキスプレス)
American Express(アメリカン・エキスプレス)
American Express(アメリカン・エキスプレス)は、高額所得者をターゲットにしたカードで、アメックスだけが持っている特典・優待サービスが盛りだくさん充実しています。通称AMEX(アメックス)ですね。
Diners Club Card(ダイナースクラブカード)
Diners Club Card(ダイナースクラブカード)
Diners Club Card(ダイナースクラブカード)も、富裕層を意識したカードで、入会審査も妥協することなく、ステータスを重要視する層ためのカードです。加盟店は高級ホテルやレストランが主体として構成されています。

クレジットカードの作り方は?

クレジットカードはカード会社のオンライン・ホームページでお申し込みができるような仕組みになっています。郵便利用で申込みができるカードやお店受け取りでその日のうちに即日発行できるカードもあります。

申込み時には、名前や電話番号のほかに、お住まい・家族構成・年収・勤務状況・引き落とし口座をカード会社に伝えます。カード会社は年齢・勤続年数・収入などをもとに審査をします。18歳から持つことができるカードが多種多様にあるわけですが、25歳以上、30歳以上といった入会条件のあるカードも存在するのです。

カード会社は申し込みをした人が信用できるかどうであるのかの見極めを誤らないために、個人信用情報センターに問合せをします。本人確認のため、会社や家族に電話を入れて連絡することだってあります。

カード会社の審査に通過すると、カードが送られてきます。裏側に氏名を記載してから使うようにしましょう。

ETCカードはクレジットカードと一緒に登録申し込みすることも、カード発行後に別枠で登録申し込みすることもできるのです。ETCカードにも審査があるわけですが、クレジットカードを発行できたという方ならば、余程のことが無いかぎり審査に引っかかることはありません。

学生だとしてもクレジットカードは作ることができます。審査の際に親権者に連絡が入る可能性がありますので、前もって了解を得てから申込みた方が良いでしょう。クレジットカードには分割払い・リボ払いなど利息が掛かってくる支払いシステムがあるため、仕組みをしっかり把握して使用することをお勧めします。

クレジットカードの選び方は?

クレジットカードには一般カード、ゴールドカードなどのバラエティーに富んだ様々な種類のカードがあります。はじめて所持するなら一般カードが適切だと思います。年会費無料でもクレジットカードとしての機能は変わりがないです。

ゴールドカードは旅行保険や空港ラウンジ使用権がセットされているカードです。信用があると公認された人だけが所持することが可能となっています。年会費は必要になりますが、様々な特典・優待サービスが使用することができます。

信用が高い人は、ゴールドカードよりさらにサービスの充実したプラチナカードやブラックカードへのインビテーション(招待)を受けることも想定されます。

国際ブランドの異なっているカードを2~3枚保有しておくと、使用可能な店舗がたくさんあり安心してお買い物ができるのです。ポイントの使用目的に合わせて、メインカードとサブカードをうまく使いわけることが欠かせません。

よく使うお店でクレジットカードを発行していれば、そっくりそのままポイントを貯められるチャンスです!お好みのコンビニやスーパーなどがあるようなら絶対に検討しましょう。

マイルが蓄積されるカード、ガソリンが大特価になるカード、電車賃でポイントが付くカードなど、様々なカードがあります。あなた自身にプラスの面が多いカードを見つけて下さい。

個人事業主・自営業の方や中小企業の社長の方であれば、事業用として活用できる法人カード(コーポレートカード)を選ぶと良いでしょう。経費精算処理を少なくすることができるなど、ビジネスユースのサービスを利用することができます。

クレジットカードのお得な利用方法

カード利用でストックされるポイントの用途のことを考慮しておきましょう。例えば電気・水道・光熱費・通信費などの年間固定費にはクレジットカードでの支払いがお得で便利で言うことナシです!

電気・ガスなどの公共料金や電話代・税金はクレジットカード払いを利用することで支払い忘れがなくなって管理がラクになります。一年間での各種利用料金は全て計算してみると大きな額となりますので、効率よくポイントを貯め込むことができるのです。

空港ラウンジや海外サポートデスクなどはここぞ!という時に効果を見せてくれます。使うことができるサービスをチェックしておきましょう。

年会費無料でもバラエティーに富んだ割引特典・サービスが利用できるクレジットカードが存在します。利用できるサービスを頭に入れておいて上手に使ってください。

クレジットカードの注意点

悪質業者などにクレジットカードの個人情報を読み取られると偽造カードを作成されて、悪用されてしまう可能性があるので注意しましょう。(スキミングなどがその一例です。)

インターネットを経由してショッピングをするときには、入力したデータが暗号化されているSSLサイトを利用するようにしましょう。

クレジットカードの暗証番号は周りの人に絶対に知られないように、判明し辛いものにしましょう。

年会費が掛かってくるカードがあるのですが、維持コストを再確認して、必要ないクレジットカードは廃棄してしまいしょう。

旅行保険には、カードを所持しているだけで保険に加入していることに結びつく自動付帯と、旅行代金をカードで支払うことで保険が使われる利用付帯があります。所有しているカードの保険付帯の要件を確認しておいた方が良いですね。

キャッシングは現金を出金できるサービスです。支払いはクレジットカードの振り替えと同じ様なものですが、当然利息がかかります。しかも、ショッピングにかかる利息よりも高くなるので注意して利用しましょう。

最後に抑えておきたい重要事項!

最後に「クレジットカードのキャッシング機能はショッピングにかかる利息よりも高くなる」というお話をしましたが、消費者金融などでお金を借りるとさらに利息が高くなります。そんな時に便利なのがクレジットカード現金化です。

クレジットカードの現金化はショッピング枠を利用して普通のショッピングと同じような形で手続きし、キャッシュバックとして現金を振り込んでもらう方法です。さらに、消費者金融のように審査などがないため、クレジットカードを持っていて、ショッピング枠をあまり使っていないようでしたら誰でも利用できる現金調達法です。お金のやりくりに、後もう少しという時に利用してみてください。

解答者

クレジットカードはとても便利!

日々の生活も絶対に支払うものに関してはクレジットカード支払いにするだけで簡単に節約にもなり、さらにポイントももらえるのでお得ですよね!

また、急な出費で現金が必要な場合でも、ショッピング枠を使って現金化すれば、お買い物と同じなのでポイントももらいながら、低金利で現金が手に入れられますよ!

公開日:
最終更新日:2016年8月31日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る