クレジットカード現金化ランキング

キャッシングとは?

質問者

キャッシングって何ですか?

短期間で借りることのできる小口融資が、キャッシングになります。クレジットカードに付け加えてある融資機能は、多くの人にとっても身近なところでしょう。

カードキャッシングは、カードを利用して、近くなるコンビニや銀行、駅や郵便といった場所に設置してある、ATMなどの機械を使って、お金を借りることができます。キャッシングサービスは、決められた金額の限度内であれば、自由に現金を借りることができます。

キャッシング枠は、直接お金を借りることのできるシステムです。この場合、借り入れをしたら、必ず金利が付くことになります。金利は変動することがあるため、借り入れる際、金利にも関心を持つことが大切です。

枠内の金額であれば、カードを利用して、お金を借りることができます。また、ショッピング枠は、さまざまなお買い物で利用できる限度の額のことです。普段あなたがネットショッピングなどで物を買う時や、普段のお買い物の時もショッピング枠を利用しています。

呼び名が違えどキャッシングと同様のサービスがこちらのカードローンですね。

今はインターネットが主流の時代で、ショッピングもインターネットショッピングが増えていますよね!そんなネット通販の支払いを、カードで支払うこともできます。もちろん、ネットショッピングだけではなく、実店舗のサービスを受けるにしても、カードで支払うことができます。普段、何気なくカード払いしているのは、全部がショッピング枠ということになります。

クレジットカードのキャッシング機能とショッピング枠についての違い、お分かりいただけたでしょうか?

クレジットカードのキャッシングとは?

先ほども説明しましたが、クレジットカードのメインの使いみちには「ショッピング」と「キャッシング」の2種類を挙げることができます。

ショッピング枠とはいうのは、既にお持ちのカードの加盟店で商品を購入できる仕組みのことです。一方、キャッシングとは、お金を借り入れできる仕組みです。

ここからはこのクレジットカードのキャッシング機能について、詳しくご説明します。

クレジットカードに付帯しているキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング機能を使用する事によって、お金は所有しているクレジットカードの提携先のATM等で借り入れることができます。言ってみればキャッシングのメリットとしては、資金が急きょ入用になった時に、すぐにお金を準備できることです。

例えば、結婚式なのに財布にお金がなくて、ご祝儀を準備できないといった場合や、カードの請求金額が多いのに引落しに指定している銀行口座に残高が足りないといったケースです。実際に月のお給料日の直前に不足してしまった分を借り入れて、翌月のお給料を返済に充てることも可能ですし、もちろん計画を立てて返済していくつもりの場合は、分割して返済していくこともできるのです。

ただし、クレジットカードでのキャッシングで注意したいポイントがあります。それは、キャッシング枠を利用してお金を借りる場合はショッピングに比べ、キャッシングの金利は恐らく高くなることです。

クレジットカードのキャッシングのサービスは、アイフルやアコム、モビットなどの大手消費者金融が提供しているサービスと同様のサービスで、担保無しの個人向けの融資です。そのため、各会社により、審査が行われ、借り入れ金額や金利(利息)などの条件が決定されるわけです。

また、信用力のない方は審査に落っこちることがあり、決定された借り入れ金額の上限内でお金を借りることができ、何でもかんでも際限なく借りることはできません。

キャッシング枠は利用するべき?

クレジットカードでは、ショッピングの利用枠とキャッシングの利用枠が区分けして設定されていることが大半です。(学生カードには付いていないこともあります。)

一例として、ショッピングは20万円まで、キャッシングは10万円までというふうに設定されています。一般的には、ショッピングの方が利用できる枠は多く(大きく)、適用される金利もキャッシングと比較すると低く設定されています。

また、カード会社によって、ショッピング枠とキャッシング枠が別個ではなしに、キャッシング枠がショッピング枠に含まれるところも見られます。

例えば、ショッピング枠40万円、うちキャッシング枠20万円といった場合で、ショッピング枠で既に30万円を使っていた場合、キャッシングの借入可能額は最大値でキャッシング枠と決めてられている20万円ではなく、40万円-30万円=10万円になるのです。わかりやすく言うと、キャッシング枠20万円という数字は「最大限に借りることができる上限金額」となり、同枠で設定されている場合は計算の仕方に注意してください。

キャッシングの金利について

ショッピングの場合、翌月払いやボーナス一括払いの場合は、金利はゼロです。また、ボーナス二回払いは金利ゼロのカードもあれば、金利が必要なカードもあります。各社の仕様が違っていますので注意は必要です。

一方でショッピングと反対に、クレジットカードのキャッシングの金利は、100万円未満の場合で18.0%、100万円以上で15.0%が多いようです。これらは各カード会社によって異なっている以外にも、クレジットカードのランクによっても変化し、ゴールドカードなどでは金利が低くなります。これは、カード発行時に、カード所有主の審査を行っており、一般にゴールドカード所有主のほうが信用が高く、カード会社にとっては、リスクが低く、お金を貸すことが可能なためです。

クレジットカードのキャッシングの金利の規準は、消費者金融とほぼ同じ規準です。これは、ともに貸金業法により最高金利が決まっているためです。最高金利は、10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%となっています。

ただし、100万円以上の借入を希望する場合は、クレジットカードのキャッシング、消費者金融、銀行カードローンの各サービス、各業者毎に金利にバラバラになってきますので、金利条件を比較検討することにより、賢く利用できるでしょう。

クレジットカードのキャッシングを利用する申し込みの流れ

クレジットカードのキャッシングの申し込み受け付けは、初回の申し込み時やカードの発行の後に、キャッシングの申請をすることでできます。申し込み後、カード会社によって審査されます。

無人契約機や書面による審査の場合は、50万円以下、あるいは年収の1割程度までの借り入れ枠となるのが普通です。また、審査にあたって必要であれば、収入証明書や所得証明書の提出が要求されます。その後、返済の実態を確認して、きちんとしっかり返済が行なわれており、加えてカードの所持者の希望があれば、借り入れ枠を拡大することができる場合があります。

その一方で、返済が滞っているような場合には、借入枠を縮小したりといった処理がされることがあります。

キャッシング利用時の手数料って?

クレジットカードのキャッシングの使用時に、提携している金融機関(銀行や信販会社)のATMを利用した場合には、利用する金額に応じてATM手数料が掛かってくるのが一般的です。意外と知られていませんが、消費者金融のサービスで、カードを利用すれば、手数料がかからないところが多いので、消費者金融での借入にはデメリットと言えます。

クレジットカードのキャッシングの返済方法は?

クレジットカードのキャッシングの返済するやり方には、メインとしては1回払いとリボルビング払い(リボ払い)があります。

1回払いの場合
1回払いは、元金と金利を一括払いで返済する方法です。カード会社により、振り替え日は異なっています。
リボルビング払いの場合
リボ払いは、毎月の支払額を、残高から一定率で支払う方法です。カードの利用件数や金額に関わらず、毎月の支払金額がほぼ一定になるのが特徴となります。なお、1回払いで使用したキャッシングを後になってリボ払いに変えるサービスも各社おこなっています。返済計画を改めて立てたときに、一括返済が難しく、毎月定額で返していきたいという方が利用されるようです。

リボ払いについて更に詳しく知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

現金調達の新しい選択肢、クレジットカード現金化

ここまでクレジットカードのキャッシングについてご説明しましたが、「クレジットカードのキャッシング枠で借りればよいのでは?」と思われる方もいたかもしれませんが、しっかり知ってみればなるほど、キャッシングの場合は金利が高くなり、返済金額が高くなってしまいます。ですが、クレジットカード現金化はショッピング枠を利用するので一括で返済すれば手数料もなく、最もお得に現金を調達することができます。

結論として言えば、クレジットカードのキャッシングは使うメリットはそれほどなく、賢く現金を作るベストな方法として、今、クレジットカード現金化は注目されているのです。

解答者

キャッシングので高金利の返済するならポイントも着くショッピング枠を使いませんか?

クレジットカード現金化のメリットはショッピング枠を利用することにあります。通常、ショッピング枠はキャッシング枠よりも大きく設定されていることがほとんどで、また、残っているショッピング枠を活用するので返済方法も選べます。

計画的に利用することで多重債務に苦しんでいる方もおまとめローン以外に選択しがない方でも利用しやすくなっています。

公開日:
最終更新日:2016年8月31日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る