クレジットカード現金化ランキング

法人カード・ビジネスクレジットカード・コーポレートカードで合法的に、即日現金調達する方法をご存知ですか?

法人カード・ビジネスクレジットカード・コーポレートカードで合法的に、即日現金調達する方法をご存知ですか?

法人名義・法人カードでクレジットカード現金化をするなら!

中小企業の資金運用の強い味方!個人事業主の方でも安心してご利用いただける業者をお探しならココ!ネクストドアです!

ビジネスカード専門の現金化業者なのでセキュリティーも万全、大口現金化にも対応できます!今を逃すことができない経営者様、個人事業主様に人気です!もちろん、私達もコーポレートカードでの現金化業者でおすすめするならネクストドアで決まりです!

法人名義のクレジットカードで現金化したい方にオススメ!

法人名義のカード・法人枠を手堅く
\現金化したい方にオススメ!/

ネクストドア

個人事業主、自由業の方にはこちらのネクストドアがイチ押しです!もし法人名義のクレジットカードでの現金化が必要になった際でも、法人専門の現金化サービスなので法人カードでも利用できるカードの種類が最も多く、さらにビジネスに特化しているため信用力が最も高くなっています。融資の際の信用度と同じく、その業者にも信用度があり、そのなかでも最も評価が高く安全に現金化できるのはネクストドアでしょう!

もし今ご覧のあなたが経営者、もしくは個人事業主の方でしたら、どうにかして資金調達ができないか必死にお探しの最中ではないでしょうか?

銀行に融資の相談に行っても時間がかかり、消費者金融に融資してもらうにも気が引ける。そんな方でも法人カード・ビジネスカード・コーポレートカードがあれば、会社のお金として現金を手に入れることができます。

法人・ビジネスクレジットカードを安全に現金化するには?

けっして怪しい方法で現金を得るわけではありません。クレジットカード現金化という方法をご存知ですか?この現金化の方法は、古くは10年以上前からあったもので、新幹線の回数券や商品券などの換金率の高い商品をクレジットカードで購入し、チケット買い取り店なに販売するものが主流でした。しかし、この方法は法律(所有権)に引っかかる方法であり、現在は古物商許可証を取得して、公安委員会に審査を通している業者はおらず、いわゆるヤミ業者のようになっています。

では法人カードでクレジットカード現金化ができないのか?と思うかもしれませんが、それは心配ありません。現在は「キャシュバック方式」という、商品の購入特典として現金をキャッシュバックするという形で現金化ができるようになりました。

キャッシュバックのことは説明不要かと思いますが、念のためご説明しますと、某大型家電量販店やスーパーなどがポイント還元!などと行っているアレや、今なら購入者全員に10万円キャッシュバック!などという売り方をしていると思います。このキャッシュバックと全く同じものです。景表法に基づいた、合法的な現金化の方法です。

このキャッシュバック方式で法人クレジットカード現金化を専門に行う優良業者もいくつか台頭してきました。一般向けのクレジットカード現金化サービスよりも高額の現金化が可能で還元率も高くなる傾向にあります。このサービスを利用して法人名義のクレジットカードを現金化すれば安全に現金化することが可能です。

前時代的な買取型の現金化方式は不正なクレジットカードの利用方法に当たりますのでこうした業者は利用しないで下さい。

この記事ではクレジットカード現金化の仕組みについての詳細は省いていますので、さらに詳しく調べたい方はこちらの「【永久保存版!】クレジットカード現金化するならコレ!ショッピング枠で即日現金を得る方法!」を参照して下さい。

さすが専門家!法人カード現金化のプロならば「JCB法人ETC一体型カード」だって現金化が可能です!

たまにですが、支払いをするときにJCBのクレジットカードの取り扱いをしていない店舗を見かけたことがありませんか?先ほどの某大手家電量販店やスーパーなどの大手グループの傘下にあるならば問題なくJCBのカードも利用できることが多いのですが、小さい店舗などだとたまに使えないことがあるのです。(取り扱い店舗じゃない、ということですね。)

JCBのクレジットカードは特殊な(独自の)方式で決済をしているため、多くの決済代行業者もJCBは利用できないことが多いのですが、法人名義のカードでも法人専門現金化業者であれば問題なく現金化することができます。

法人カードはこのJCBブランドで作られていることが多く、普通のクレジットカード現金化業者では現金化することができない場合もあるのですが、彼らもクレジットカードの扱いのプロ中のプロですから、国内発行ブランドのほとんどを決済代行することが可能なのです。

法人カードの現金化業者選びはここが重要と言っても過言ではありません。

ビジネスカードとコーポレートカードとの違い

法人カードは大きく分けて、「ビジネスカード」と「コーポレートカード」の2種類があります。「ビジネスカード」は、中小企業・個人事業主向けのカードです。それに対して、「コーポレートカード」は、主に大企業向けに発行されるカードです。

上記の2種類、どちらも現金化することが可能です。

また、これらのカードの主な違いはこの3点。

  • カード発行枚数の制限
  • 限度額の制限
  • 年会費の違い

これらの違いはありますが、法人カードとしての現金化のメリットは共通であると考えて頂いて構いません。

カード発行枚数の制限

ビジネスカードとコーポレートカードの違いの一つは、追加カードの発行枚数の上限です。

ビジネスカードは、少人数の企業向けにつくられたカードであるため、発行枚数に制限がある場合がほとんどですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードであれば例えば4枚まで発行することができます。それに対して、コーポレートカードは、法人がカードの発行枚数を自由に指定できるようになっています。

限度額の制限

ビジネスカードとコーポレートカードでは、限度額を設定できる対象が異なります。

ビジネスカードの場合、同じ会社で複数カードを持っていても、限度額は一律です。追加カードを発行した場合、一枚目のカードと同じ限度額になります。

それに対して、コーポレートカードの限度額は、法人だけでなく、部署単位で限度額を設定することができます。

※法人カードを現金化する場合は、限度額は会社で一つの限度枠の中で利用することがほとんどなため、一枚が上限額を利用してしまっている場合は、他のカードは機能しません。ただし、アメックスカードの場合は会員に個別で限度額を設定できるので、一枚一枚、上限金額まで現金化することができます。

年会費の違い

ビジネスカードとコーポレートカードは、カード会社によって、年会費が同じ場合と、異なる場合があります。

JCB法人カードの場合、ビジネスカードなら年会費は1,250円+税(一般カード)、コーポレートカードの年会費は3万円+税。ビジネスカードの方が、圧倒的に安いです。

  個人カード 法人カード
JCBカード 一般 1,250円+税 1,250円+税
ゴールド 1万円+税 1万円+税
三井住友カード クラシック 1,250円+税 1,250円+税
ゴールド 1万円+税 1万円+税
アメックス・ゴールド・カード 2万6,000円+税 2万6,000円+税

法人カードの利用限度額って?

法人カードは、個人カードよりも利用限度額が大きいです。一般的に、個人カードの限度額の平均は5万~50万円。それに対して法人カードは限度額が高く、中には最大500万円を限度に使用できるカードもあります。

法人カードの限度額は、カードによって様々ですが、「JCB法人カード」一般カードの利用可能枠は30万~100万で、ゴールドカードの場合はJCBは50万~250万円。また「三井住友カード ビジネスカード」の場合、一般カードの限度額が20万~40万円、ゴールドカードの場合は一律で100万円です。

このように、一般の個人カード発行時の初期値はだいたい10~80万程度とくらべて利用限度額も高く、それだけ高額の現金化が狙えるのです。

法人・個人事業主に向けたクレジットカード現金化を多くの方が利用しています

法人向けのクレジットカード現金化という便利なサービスがあります。これは、現金化の業者から商品を購入して、それをすぐに買い取ってもらうことにより、現金を得る方法となります。つまり、カード会社の決済としては通常の買い物をしたのと同じ結果となります。それにも関わらず現金を得ることができるためとても便利です。そのため、返済を一回払いで済ますことができれば利息は発生しません。商品を購入するといっても、実際に物のやり取りをするわけではありません。オンラインショップ上で商品の購入ができるため、システム上のやり取りだけで良いのです。

法人カードでもクレジットカード現金化はいつでも利用できます

法人カード(コーポレートカード)のクレジットカード現金化はいつでも利用することができます。インターネット上から申し込みを受け付けているため、土日祝日であっても現金化の手続きをすることは可能です。ただし、注意点としてはお金の受け取りは銀行振込によるため、銀行口座が利用できる時間帯によっては土日祝日にお金を受け取れないケースがあります。都市銀行の一部やネットバンクの場合は一年中どのような日であっても銀行振込ができるため、問題なくお金を受け取れます。もしクレジットカード現金化を利用しようと思っているならば、ネットバンクを準備すると便利です。

法人名義カードでも大丈夫!

クレジットカードの中には法人名義カードというものがあります。法人名義の場合は、大きな額の支払いが可能であったり、一時的に多額の借り入れができるため便利であり、多くの方が利用しています。クレジットカード現金化は法人名義カードでも大丈夫!どのようなクレジットカードであっても、対応可能なのが現金化の良い点なのです。

実はクレジットカード現金化の利用者のうち1割が法人名義による申し込みとなっています。法人名義カードを持っている方の中にも、色々な事情によってお金をすぐに得たいと考えている方は多いのです。キャッシング枠を利用するよりも現金化を利用した方がメリットはたくさんありお得です。現金化業者の中には、法人名義カードに対してお得なプランを用意していることがあります。通常よりも更に還元率がアップしたり、他にもさまざまな特典が用意されていることがあるため、ぜひともチェックしましょう。

どのような方でも利用できるクレジットカード現金化をぜひとも活用しましょう。生活のさまざまな局面において、お金が必要になった時に助けてくれる存在となります。

法人名義のカード(コーポレートカード)で現金化する場合の賢い使い方

法人名義のクレジットカードを現金化するとなると、まず会社の情報が漏洩したりはしないかと心配になるかもしれませんが、クレジットカードの現金化には本人確認程度の審査が有るのみで、通常に買い物をする感覚と同じように利用できるので、会社の情報が一切漏れることはありません。

万が一、会社のデータが漏れるとしたら、それはクレジットカード会社のデータが漏れたということになります。しかし、大手クレジットカード会社のデータセンターは堅牢性の面でも御墨付きですので、情報が漏れること自体それはそれで一大事なのですが、中小の消費者金融での情報漏えいとは性質が違うのがおわかりいただければ少しは安心していただけるでしょうか。(個人情報の漏洩やセキュリティーについてはこちらの「クレジットカード現金化で個人情報は問題ないのか」を御覧ください。)

そして、いざ、現金化をしようと思ってもどうしたらよいかわからない方に、法人カードを現金化する際に使える便利なテクニックをお教えします。

法人カードはショッピング枠が大きいので高還元率で利用できる

法人カードのショッピング枠は一般のクレジットカードのショッピング枠よりも大きく額を設定してくれるところも多く、もし経理の方がおられるならば一度聞いてみるのも良いと思いますし、カード会社に連絡して現在いくらなのか確認してみると良いでしょう。

また、一般的な現金化業者は、還元する元金に応じて還元率が変わるシステムを採用しており、一般のかたよりも上限金額が高い法人カードを利用することで高還元率で利用することが可能です。

法人カードならできるちょっとした豆知識

この方法は、個人でもできないことはないのですが、法人の方が信頼があるので可能性が高い方法です。その方法とは、「カード会社にショッピング枠の増枠を依頼する」ことです。

カード会社によっては書類なども必要なく電話対応だけで可能ですし、会社の設立年数によっては一気に何十万、何百万とショッピング枠の増枠をしてもらえることがあります。もし多めに依頼したとしても、カード会社の判断によって多少下げられることはありますが、増枠理由が材料費の調達などに使われるのであれば増枠、もしくは短期間(例えば今月だけ)増枠してもらうことも可能です。

増枠さえできれば最高還元率での現金化も可能になるかもしれませんので、最大の98%、99%までの現金化が可能になる可能性があります。

複数のカード会社ブランドを利用することで還元する元金を増やす

クレジットカードのショッピング枠には各ブランドごとの契約によって上限金額が設定されていると思いますが、例えばJCBカード、VISAカード、アメリカンエクスプレスカードと3つのブランドをお持ちの場合、各社の合計を合算することも可能です。例えば

JCBカードの残高
50万円分のショッピング枠が残っている。30万円のキャッシング枠はすべて利用済み。
VISAカードの残高
10万円分のショッピング枠が残っている。20万円のキャッシング枠はすべて利用済み。
アメリカンエクスプレスカードの残高
100万円分のショッピング枠が残っている。100万円キャッシング枠は利用していない。

この場合、いくらの元金が作れるかおわかりでしょうか?

答えは160万円です。

クレジットカードの現金化はキャッシング枠を利用しませんので、ショッピング枠の残高のみで計算します。また、還元率98%で計算した場合、160万円のうち消費税が11万8519円となり、商品代金が148万1481円、ここから還元率で計算すると現金化される金額は145万1851円となります。

クレジットカード・消費者金融のキャッシングの金利と換金率を比較すると

この計算からすると、実質年率15.00%の大手クレジットカード会社のキャッシング枠が利用できれば換金率から考えてもまだキャッシング枠を利用した方が得策ですが、アコムやレイク、プロミスなどの消費者金融のフリーローンで借金をすると17.8%の金利となり、元金が多いほどショッピング枠の現金化の方がお得に現金を調達することができると考えて良いでしょう。

法人名義のカード現金化に強い業者は?

法人の話は企業の体質がわかる専門的なオペレーターにお任せしたいと思いませんか?経理的な話を一般知識しか無いオペレーターが担当者になると説明も回りくどくイマイチ要領を得ません。

もし会社名義のクレジットカードの現金化をお考えなら、法人・企業向けサービスを展開している、もしくは専門分野にしている現金化業者にお願いしてみてはいかがでしょうか。

また、法人名義のビジネスクレジットカード現金化は自営業の方にも簡単にできますので、一人営業の多忙な方でも便利に使えます。個人事業主さんのクレジットカード現金化情報について詳しくおしりになりたい方はこちらの「クレジットカード現金化が自営業におすすめの理由は、借金よりもメリットが大きから!」もぜひ御覧ください。

法人名義・法人カードでクレジットカード現金化をするなら!

中小企業の資金運用の強い味方!個人事業主の方でも安心してご利用いただける業者をお探しならココ!ネクストドアです!

ビジネスカード専門の現金化業者なのでセキュリティーも万全、大口現金化にも対応できます!今を逃すことができない経営者様、個人事業主様に人気です!もちろん、私達もコーポレートカードでの現金化業者でおすすめするならネクストドアで決まりです!

法人名義のクレジットカードで現金化したい方にオススメ!

法人名義のカード・法人枠を手堅く
\現金化したい方にオススメ!/

ネクストドア

個人事業主、自由業の方にはこちらのネクストドアがイチ押しです!もし法人名義のクレジットカードでの現金化が必要になった際でも、法人専門の現金化サービスなので法人カードでも利用できるカードの種類が最も多く、さらにビジネスに特化しているため信用力が最も高くなっています。融資の際の信用度と同じく、その業者にも信用度があり、そのなかでも最も評価が高く安全に現金化できるのはネクストドアでしょう!

公開日:
最終更新日:2016年9月14日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る