クレジットカード現金化ランキング

年金受給者におすすめのクレジットカード現金化

年金受給者におすすめのクレジットカード現金化

クレジットカード現金化という便利な手段

不景気な時代には色々な場面で金銭的に困ってしまうことが多いです。そんな時に頼りになるサービスがあれば、安心して生活することができるでしょう。そのようなサービスの一つがクレジットカード現金化です。このサービスを利用することによって、簡単に現金を得ることができます。借金をするわけではないため、高い利息に悩まされることはありません。ショッピング枠で買い物をした時と同じような扱いとなります。リボ払いを選択することもできるため、月々の支払い負担を減らすことも可能です。クレジットカードを利用している方ならば、誰でも利用できるのが現金化です。

クレジットカード現金化は高齢者の利用が増えている

クレジットカード現金化を利用している方は若者だけではありません。中には高齢者の方が利用しているケースもあります。高齢者で年金暮らしをしていると借金をすることがとても難しくなります。多くの金融機関では高齢者に対する融資を断っているのです。しかし、クレジットカード現金化であれば買い物をするのとシステム的には変わらないため、高齢者でも問題なく利用できます。高齢者だったとしても、お金が必要となることは多いです。そんな時にすぐに現金を生み出すことができる夢の様なシステムがクレジットカード現金化です。利用方法はとても簡単であり、業者から商品をカードで購入して、それを買い取ってもらうだけでいいのです。

年金受給者におすすめ

クレジットカード現金化は特に年金受給者におすすめです。年金受給者の場合はお金を生み出すための方法がそもそも限られているからです。たとえば、質屋を利用するという方法があります。これならば高齢者でもお金を借りることは可能です。何らかの担保を出せばそれに見合った額を貸してくれるからです。万が一返せなくなった時には担保が質流れされてしまうことによって借金は帳消しになります。したがって、担保がなくなっても構わないという方には便利なサービスかもしれませんが、質屋は金利の設定が高いためあまりおすすめできる方法ではありません。

その点、クレジットカードの現金化の場合は利率がとても低くなっています。質屋に大切なものを流してしまうよりも、現金化の方がかなりリスクは小さいのです。クレジットカードを持っている高齢者の方は、現金化という手段があることを意識しましょう。これを利用すれば簡単にお金を生み出すことができます。

年金受給者のローンは難しい?

実はクレジットカードローンなどでお金を借りる場合、年金受給者では通らないことが多いのです。それは先ほどの通りなのですが、その理由についてもう少し詳しく説明してみましょう。 簡単に言ってしまうと単純に収入が少ないからという理由になります。若いうちも確かに収入が少ないのは変わりないのですが、歳をとるごとに増える可能性もあるはずです。 しかし年金受給者の場合は一定額から変わりません。他に事業などを持っていないと増えることはありません。

他にも高齢者の場合、突然の病気や怪我がおおくなってきます。これはしかたのないことではあるのですが、その治療費などもバカになりません。そして突然亡くなる可能性だってあります。 お金を貸し付ける側としては、回収が確実にできる相手を選びます。若者と高齢者を比べた時にどうしても高齢者は不利になってしまうというカラクリです。

高齢者の実情?

日本人の平均寿命は男性で79.94歳、女性は86.41歳となっています。そして高齢者世帯の平均所得額は307.9万円。ひとりあたりは197.9万円となっています。 年金の支給が65歳になったので年金受給期間と総額は減ったと考えてよいでしょう。平均的に60歳で退職する方が多いので、65歳までの間アルバイト的な仕事をする方も少なくないようです。 以前に比べるとかなり厳しい生活を強いられていることがおわかりいただけると思います。 そんな生活をしているなか、歳をとってくるとあちこち調子が悪くなってくるものです。病気や怪我等での通院も増えてきます。 そしてこれまで使ってきた家具や電化製品も寿命を迎え、買い換えの時期と重なったりします。思ってる以上に、緊急の出費が増えることがあるようです。 老後に年収500万あれば余裕をもって暮らせると言いますが、実際にその収入を維持できる人は少ないでしょう。大半の人は年収300万以下となるのが実情です。

ローン対象年齢も決まっている?

多くのカードローンなどの貸付には対象年齢が決まってきます。その一部をご紹介しましょう。

【アコム】20歳~69歳

【PROMISE】20歳~69歳

【モビット】20歳~65歳

【ノーローン】20歳~69歳

【新生銀行カードローン「レイク」】20歳~70歳

【三菱東京UFJカードローン】20歳~65歳

【オリックス銀行カードローン】20歳~65歳

【みずほ銀行カードローン】20歳~65歳

新生銀行カードローンのレイクが70歳ですが、ほとんどが60代で制限がかかってしまいます。 これには高齢者の収入が上がる見込みが薄いこと、加えて亡くなられた場合に債権の回収が難しくなってしまう事などから、そのリスクを最小限に抑えるための設定となっているようです。 この資料だけでも高齢者の借り入れが難しいということがおわかりいただけるでしょう。

緊急で現金が必要になったらどうする?

様々な事態が考えられますが、年金受給者のほとんどは自身の生活だけで手いっぱいな状態です。そこから現金をねん出しなければならない場合はどうしたらよいのでしょうか。 手っ取り早く思い付くのはカードローンでの借り入れです。現在では手続きも簡略化され、昔の町金とは変わった印象です。 テレビCMや公告も非常におおく流れています。それはつまりその業界の景気が良いことを表しています。利用者はとても多いということです。 しかし年金受給者とは現在では65歳以上。ろいうことは半数ものカードローン会社の対象から外れているということになります。 お金が必要になるタイミングは突然です。年齢が上がればあがるほど選択肢が少なくなってしまうのです。

お金を借りる

そうなってきた場合、少ない選択肢の中から方法を選ばなければなりません。まず考えられそうなものは親族にお金を借りるということ。 それができないのであれば、友人や知人等をあたっていくことになります。それでもダメなら何かを担保にお金を借りるのが妥当です。 しかし、自分の家が持ち家ならば大きめの金額も融資してもらえますが、そもそもお金が必要な状態ですから担保すら持ち合わせていない場合がほとんどです。 小さい額なら質屋という選択肢も可能です。自分の持っているブランド品のバックや宝石類などを担保に10万から20万くらいまでならなんとかなります。 しかし、期限までに返済できなければ担保にしたものは流れていってしまいます。実質は安値で売るという感じになります。 そもそも選択肢のの少ない高齢者です。他に良い方法があるのでしょうか?あるんです。それがクレジットカード現金化です。

高齢者のクレジットカード現金化

こちらの方法ならば、親族や友人知人に頼ることなく、しかも誰にも知られずに現金を用意することが可能です。 ただ、クレジットカードのショッピングの枠を使うので、その上限はクレジットカードの規定に準じます。100万を超えるような金額は難しいですが、10数万程度なら問題なく利用できます。 なので「孫に小遣いを上げたいけど、年金の支給が来月で困った」というような場合にはとても有効な手段となります。

クレジットカードの利率に近い利率で現金を用意できるため、通常のカードローンなどに比べて割安になるのも嬉しい仕組みです。 換金率はクレジットカード現金化の会社によって変わってきますが、質屋に入れてしまうよりは金利も低く抑えられるメリットがあります。 そしてクレジットカードさえあれば現金化できるので、カードローンのような年齢制限に悩まされることもありません。

今後の生活において緊急で現金が必要になった場合。用途に応じてこのクレジットカード現金化を選択するのも一つの方法だと言う事を覚えておいてください。

公開日:
最終更新日:2016年6月23日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る