クレジットカード現金化ランキング

便利です!多重債務者でも大丈夫な支払い方法、ショッピング枠で簡単にクレジットカード現金化!

便利です!多重債務者でも大丈夫な支払い方法、ショッピング枠で簡単にクレジットカード現金化!

悩んでいるならコレ!クレジットカード現金化は困った時に便利!

「自分は多重債務者だけど、どうしても今すぐお金が必要なんだけどクレジットカード現金化という方法があると聞いて…」

当サイトにもこうして情報を探しに来る方が多くなってきました。あなたも同じ状況で今すぐお金が手に入る方法をお探しですか?ならばこのクレジットカード現金化という方法が非常におすすめです。

お金がどうしても必要となった時に利用できる手段は限られています。借金をするのが一般的ですが、その場合はどうしても高い金利がかかってしまうでしょう。保証人や担保を用意したり、利息の返済に苦しんでしまうことが多いです。しかし、クレジットカードのショッピング機能の金利はカードローンなどと比べて低くなり、消費者金融などよりももっと気楽にお金を得ることができて、負担の少ない方法としてクレジットカード現金化はおすすめです。

クレジットカード現金化とは、カードの買い物枠を利用して現金を生み出す方法です。一般的な方法ではないため、このようなサービスがあることを知らない方は多いです。法的には色々な問題があると指摘されることもありますが、多くの方が利用しており、利用者にとっては問題ないでしょう。方法は、カード現金化を行っている業者から商品を購入します。この時にクレジットカードを使うことによって、その代金を業者が受け取ります。購入した商品は業者に買い取ってもらい、この時に現金を受け取るのです。還元率は高く設定されているためほとんど損をしません。

クレジットカード現金化は条件がとっても緩いんです。

クレジットカード現金化はとても流行っています。その理由は、条件がとても緩いからです。通常、お金を借りるには色々な条件が存在するため苦労します。クレジットカード現金化の場合は、必要なのはクレジットカードとそれが自分のものであると証明する書類のみです。他には何も必要がありません。手続きはインターネット上で行えるためとても便利です。

多重債務者でも大丈夫!返済地獄に陥ってしまったあなたでも!

クレジットカード現金化に興味のある方の中には多重債務者の方もいるでしょう。色々なところからお金を借りていて、もうどうしようもないという状態になっているならば、最後の手段としてクレジットカード現金化を利用してみましょう。

クレジットカード現金化は多重債務者でも大丈夫!なぜならば、ショッピング枠を利用してお金を得る方法のため、多重債務のためにキャッシング枠が止められていたとしても問題ないのです。もちろん、ショッピング枠を利用できない状態になっているならば、カード現金化はできないため気をつけましょう。しかし、多重債務者の方でも現金化によってお金を得られる可能性があるため、これはとても便利な方法です。注意点としては、カード現金化をした後にきちんとお金を支払う必要はあります。クレジットカードで買い物をした時と仕組みは同じです。カード現金化は便利ですが、計画的に利用しましょう。

私が思う「多重債務者」の方について現金化のアンサー。困難だけど大丈夫!解決方法などを真剣に考えてみました。

多重債務者の方でもクレジットカードの現金化を利用できます!とご紹介しましたが、この記事を書いていて思ったことを正直に書いてみます。もしかしたら気分が悪くなるかもしれませんが、是非お読みいただけると嬉しいです。

多重債務者の特徴?そんなのわかってる!←多分分かってない。

もしかして、いまこの記事をお読みの方の中でこれらに当てはまっている項目はいくつかありますか?

まずは特徴!

  • 現金を持ち歩かない
  • ギャンブル好き
  • 騙されやすい
  • 浮気癖がある人
  • 仕事が続かない
  • 学歴が低い
  • 浪費癖がある

続いて性格!

  • 負けず嫌い
  • 見栄を張る(最近だとマウンティング女子が流行ってますね。)
  • 欲深い・自分に自信を持っている
  • 飽き性・我慢強さが無い
  • 自己中心的

これらの中で幾つか当てはまっているでしょうか。もしくは、幾つかどころかほぼ全部じゃない?と思っている方もいるかもしれません。

さて、これらの項目、実はあるアンケートで調査した「多重債務者のイメージ」なんです。多重債務者のイメージとしては周りからはこのように思われている可能性がある、ということですね。

しかし、コレって本当に合っているのかと言われれば、実は全く関係無いのです。…まぁ、全くというのは大げさなのですが、消費者金融などでお金を多数から借りてきてその件数が膨れ上がり、つまるところ多重債務者になってしまうのですが、それにはこれらの特徴、性格は真逆の傾向があるというのが数字で示されている、ある研究データがあるのです。

神戸大学大学院経営学研究科・財務総合政策研究所特別研究官によるレポートが伝える真実。

先ほどの多重債務者の特徴や性格などはあくまで「とある人達の主観」で捏造されたものです。真実は常に数字が持っているものです。

大学の研究レポートによると、そもそも借金する理由や目的は「ギャンブル」でも「浮気癖」でも「浪費癖」でも「学歴が低い」でもありません。まずこちらのデータをご覧ください。1054件の基本データ(未回答3)によるキャッシングサービスや銀行ローンを利用した経験者のデータです。

借金する理由・目的

  1. 生活費補填:28%
  2. 交際費:17%
  3. 事業資金:15%
  4. 旅行・レジャー:9%
  5. 医療費:7%
  6. 自動車等購入:6%
  7. ギャンブル:6%
  8. 物品購入:6%
  9. 教育費:5%
  10. 住宅関連:1%

ここから見えてくる事実はギャンブル・物品購入はたった6%にすぎないということです。

二つ合わせても12%しかおらず、100人いれば12人しかいません。先ほどの特徴、性格は主に物欲の強い人、自己顕示欲全開の方、射幸心が煽られやすい方強く見られ、そうした方はたった12%しかいないわけです。

ではなぜこんな情報が当然のように多重債務者がターゲットにされるのでしょうか。それは、借金がない人たちがこのような記事を見て嬉しいからです。メディアは人に見られることによって価値が出て、広告料などで運営しています。つまり、こうした記事を書くことである人達にとってはとても都合が良いからなのです。

最近ではインターネットで記事を書けばお金がもらえる、いわゆるNEVERまとめなどのキュレーションサイトが乱立しています。これらの記事を書いている人はまったくのドシロウトな人が殆どで、取材をして記事を書いている人などほとんどいません。

しかし、ネットで情報を得ることによる快感によって、人々はそれが真実に見えてしまいがちですが、ネットの情報こそウソだらけ。ハッキリ言ってゴミ箱同然です。ネットの悪質な情報に騙されるのは危険なんです。

多重債務者の本当の悩みは違う!立て直しのためのお金が必要なんです!

株式会社日本信用情報機構の発表によると、貸金業者2社以上から借金をしている多重債務者は全国に399万人も存在しているとされています(2015年7月時点)。

多重債務者のイメージは一般的にはお金にルーズな人だったり、ギャンブルにハマってしまう人、働きたくないでござるな人といったイメージが強く、このように並べてしまうと「気の毒だけど自業自得だよねー!」という意見や「自分が蒔いた種なんだから避けられないでしょ!」という意見があるかもしれません。しかし実際にはそのような人は少なく、どちらかと言えば真面目人間で、仕事も生活もとても几帳面な人ほど多重債務者に陥ってしまうことが多いのです。次のデータを見てみましょう。

多重債務者が多い職業

男性
  1. 労務職(肉体労働系の職種)
  2. 営業職
  3. 技術職
女性
  1. 販売サービス職
  2. 労務職(肉体労働系の職種)
  3. 事務職

という順になっています。

多重債務者が多い家族構成

男性
  1. 既婚子供有
  2. 独身家族同居
  3. 独身家族別居
女性
  1. 既婚子供有
  2. 独身家族同居
  3. 離死別子供有

男女とも、「既婚子供有」が最大の構成割合で女性の場合はこの次に独身家族同居が来ます。

多重債務者の年代と年収

会社員のモデルケース
  1. 40代
  2. 30代
  3. 50代
  4. 20代
  5. 60代

現在年収は、平均値では「40代」が最大で、それに続いて「30代」「50代」「20代」「60代以上」の順になっています。

また、このモデルにはもう一つ真実があり、上位2世代である40代・30代が一番多いのはこの年齢層が一番働き盛りで交友関係、人間関係に一番お金を使い、また、この世代は役職付きの方が多いのです。

最初にお伝えした借金する理由・目的は人それぞれではありますが、ギャンブルや物品購入など、自分の欲を満たすためにはあまり借金を作っていません。また、40代、30代は収入が一番高いにもかかわらず、カードローン利用者が一番多いのです。つまり、収入が少ないからといってキャッシングに手を出すわけではなく、責任感からくる「なんでも自分で出来るように」「人に迷惑をかけてはいけません」という風潮から誰にも相談できず、多重債務という負のスパイラルに陥ってしまうのです。

長引く不況を反映し、借金のきっかけはローンの返済のためというのが大多数。

先ほど一番収入が多いとされていた40代・30代ですが、この層は先程の家族構成でもお伝えしている通り、既婚者で子供がいる家庭が一番多い層でもあります。少々大雑把に言えば、理由もなく独身でいる人間(私もですが)に比べれば周りから褒められるタイプであるはずです。ですが実際、クレジットカードカードローンなどを利用しているのはこの層でもあります。

つまり、この一番収入があるそうでも借金をしなければならないほど収入のベースは全体的に落ち込んでいるわけです。

多重債務者の課程を見ると、個人の場合、まず生活が苦しくなり、借金でしのごうと考えて債務が次第に膨らんでいき、返済や利息の支払いに追われるようになってしまってい、返せなくなります。

自営業者の場合も同じく、売上の減少は生活と直結しますし、足りなくなった事業資金を借金で補填しようとして多額の借金で身動きが取れなくなってしまい、多重債務に追い込まれてしまうのです。

したがって、両者の「生活苦」と「事業資金の不足」は「負債の返済」と呼応しており、多重債務という状態を招いてしまう要因となって閉まっているのが現状です。

孤独な人ほど、多重債務のリスクが増える。

多重債務者とそうでない人の心理特性を比較してみると現代の病が見えてきます。それは「困っていても誰にも相談できる人がいない」という、いわゆる孤独傾向に集約しています。

派手で見栄っ張りといったイメージとは違い、内向的で、自分だけでなんとかしなければならないという責任感の強い人ほどこの傾向があります。

また、特殊なケースとしては多重債務者を生む要因としては、性格以外にも、家庭内での人間関係が影響している場合が多いという検証結果も出ています。例えばDV(ドメスティック・バイオレンス)など、家族間の不和から、病的にお金を浪費して精神を庇うようにお金を借りてしまうケースが非常に多く見られるようです。

多重債務は他人事では無い!

もし今、自分はサラ金やヤミ金融などからの借金は一切していない!という人であっても、今の時代は住宅ローン、耐久消費財のクレジット、カードローン、キャッシングサービスなど、さまざまな形での債務を負っているとみてよいでしょう。

返済金や利息を支払っていける定収入があるなら問題は起きませんが、失業やリストラ、事業不信、病気や事故などといった「ほんの少しの歯車の狂い」だけで借金をしたり、生活費を補うために、新たな借金を積み重ね、悲惨な状況に追い込まれていってしまう危険性が誰にでもあるのです。

多重債務の問題は、決して他人事ではないのです。

私にも身に覚えがあります。無人契約機の魔力。

アコムのATMでの話です。自分のカードの限度額が50万円あることがわかって、瞬時に15万円を引き出してました。

いや、「引き出した」って表現しましたが、まさにそんな感じでした。

多重債務者の方はこの気持ちわかって頂けると思いますが、限度額の分がすべて自分の貯金と勘違いしてしまうんです。

キャッシングディスペンサーの恐ろしさだと思うんですが、銀行口座残高から引き出しているって錯覚してしまうんです。

なので今だから強く言いたいのは、消費者金融なら即日融資をしてもらえるからと言って、危険度が高い現金調達はしないで欲しいのです。

クレジットカード現金化ならば短期決戦のための資金調達に最適です。借金を一本化してしまうのも多重債務解決の一個の方法ですし、しかし一本化した後、クレジットカード現金化で現金を振り込む方法は、無駄に返済金額を増やしてしまうだけなのであまりお勧めできません。

多重債務の場合、振り込み期日が複数あるので物理的に返済スケジュールが大変ですが、自分で解決できる方法としては数あるうちで、社会的に一番ダメージが軽い方法だと思います。

任意整理や個人再生は保証人になっていない限り、家族に迷惑がかかることはありませんし、家族がローンを組む時に悪影響があることもありませんが、借入が今後約5~10年間できなくなります。(いわゆる「ブラックリスト」)

メリット・デメリットはありますが、クレジットカード現金化を利用してこれらのダメージを受けずに返済のやりくりができればベストだと思っています。

個人事業主・法人の方への関連記事
アルバイト・パート、主婦の方への関連記事
公開日:
最終更新日:2016年6月23日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る