クレジットカード現金化ランキング

クレジットカード現金化を15時以降可能にするには

クレジットカード現金化を15時以降可能にするには

クレジットカード現金化ですぐに現金を得られる

普段の生活の中で突発的に現金が必要となることはたまにあります。そんな時に活用できるのがクレジットカード現金化です。これは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を生み出す方法であり、専門の業者を利用することで現金を受け取ることができるのです。融資とは異なり、基本的には商品を買ってそれを売ることでお金を得ます。業者が指定した商品をクレジットカードで購入して、それを業者に売り、その差額は業者の利益となるのです。還元率は高めに設定してあるため、それほど損はしません。何よりも、数十万円という現金をすぐに生み出すことができるのが大きなメリットとなっています。

クレジットカード現金化は銀行口座へ振り込んでもらう

クレジットカード現金化の手続きはすべてインターネット上で行うことができます。業者のホームページから申し込みをして、現金の受け取りは銀行口座に振り込んでもらうことになるのです。ショッピング枠が残っているクレジットカードと銀行口座さえあれば利用することができます。通常のキャッシングの場合は、審査を受けたり、保証人を用意したりしなければいけないのですが、現金化の場合、これらはまったく関係ありません。スムーズに手続きが進めばその日のうちに振り込んでもらうこともできます。ただし、銀行の営業時間でないと振込に対応してもらえないため、通常は15時以降の振込は翌営業日扱いとなってしまいます。

15時以降可能な銀行口座

もし、土日や祝日、あるいは15時以降に振り込んでもらいたいならば、15時以降可能な銀行口座を持ちましょう。都市銀行の中には15時以降可能なところがあります。平日の18時や19時まで対応している都市銀行もあります。これならば、多少申し込みが遅れたとしても大丈夫です。また、ネットバンクの場合は基本的に時間の制約がまったくないため、24時間365日振り込んでもらうことができます。

15時以降可能な銀行口座を持っておくととても便利です。ネットバンクは営業日という概念がなく、インターネット上での取引のみを受け付けている銀行です。24時間銀行振込を受け付けており、当日入金が可能となっています。これから頻繁にクレジットカード現金化を利用する予定があるならば、ネットバンクを開設しておくとよいでしょう。現金化業者は基本的にネットバンクに対応しているため安心してください。ネットバンクの開設は誰でも簡単に行えます。

ネットバンクのメリット

ネット上で様々な銀行業務が行えるネットバンク。今ではとても便利な存在となってきました。通常の銀行は現金の引き出しの時間は窓口なら15時、ATMなら18時くらいで終わります。 もっとも最近ではATMの稼働時間が延びてきているのでかなり便利にはなってきています。しかしネットバンクならコンビニのATMから24時間現金の引き出しが可能です。 現金化したクレジットカードのお金をこのネットバンクに振り込んでもらうのが、15時以降の受け取りを可能にする方法です。 ネットバンクにこだわる必要はありませんが、インターネットを介してショッピングなどする方にはあると便利なことは間違いありません。時間を作ってでも口座は開設しておいた方が良いでしょう。

振込手数料が無料になる?

銀行によりますが、基本的に実店舗がないネットバンクです。現金の引き出しにはコンビニなどに設置されているATMを利用することになります。 その手数料は各銀行によって異なってきますが、小額なのであまり気にしたこともないかもしれません。しかしこれを無料にしているネットバンクが存在します。

新生銀行

これまでは月に限られた回数1~2回は無料というところは多かったのですが、出金と入金共に完全無料というのは他にありません。 コンビニはどこもだいたい24時間営業です。ネットバンクはこのようなコンビニATMから現金をおろすことが多いはず。その手数料が無料なので新生銀行が最強のネットバンクと言われています。 対応しているコンビニはセブンイレブン・ローソン・イーネット(ファミマ)・ゆうちょ・新生銀行ATMの5種類。たいてい住まいの身近にありそうなコンビニばかりです。

細かくお金をおろすタイプの人には最適なネットバンクと言えるでしょう。お財布に入っているとお金を使ってしまうようなタイプの方はこまめにおろすことで節約につながるのでお勧めです。 新生銀行ではカードローンも釣り扱いがありますが、カードローンをするぐらいならクレジットカードにショッピング枠を現金化した方が断然おとくなのです。 あくまでクレジットカード現金化の振り込み先を新生銀行にするという話です。どうせネットバンク口座を開設するなら何回使っても手数料が無料の新生銀行は賢い選択と言えるでしょう。 その他の多くのネットバンクはさすがに何回使っても手数料無料というわけにはいきません。大抵の場合回数制限が設けられています。しかしいくつかの条件を満たすと無料で利用できる場合もあります。

じぶん銀行

携帯会社のauと三菱東京UFJ銀行で立ちあげた携帯電話端末向けのネットバンクです。コンビニはもちろんのこと、三菱東京UFJ銀行も全国に多数ありますのでATMの場所には困りません。 月3回までATM手数料が無料。さらに他銀行への振り込み手数料も月に5回までは無料となっています。なかなか良心的な設定です。 しかしじぶん銀行の最大のメリットはauユーザーはATM手数料が無料ということです。もしあなたがauの携帯電話をお使いならばじぶん銀行という選択肢もありです。 利用可能なATMはセブンイレブン・ローソン・イーネット(ファミマ)・三菱東京UFJ銀行。そしてゆうちょ銀行ATMも利用できます。ゆうちょ銀行は月1回の手数料無料ですが、auユーザーなら何回でも無料になります。

住信SBIネット銀行

毎月5回までATM手数料は無料という設定です。使えるATMはセブンイレブン・ローソン・イーネット(ファミマ)・ゆうちょ。 嬉しいのは6回目以降のATM手数料が100円というところ。他行では200円(税別)でかかりますから少しお得感があります。 しかしセブン銀行ATMでの利用ならATM手数料は無料。近くにセブンイレブンがあるなら断然お得です。

ソニー銀行

毎月4回までATM手数料は無料。5回目以降のATM手数料が100円という設定になっています。ソニー銀行の強みは取り扱えるATMの多さです。 セブンイレブン・ローソン・イーネット(ファミマ)・ゆうちょ・イオン銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行と全部で7種類のATMに対応しています。 こちらもセブン銀行ATMでの利用ならATM手数料は無料。現金の入出金に関してはとても利便性の高いネットバンクです。 加えて積立預金なども提供しており、ネットバンクで積立預金を提供しているのはソニー銀行だけという特徴があります。

その他のネットバンク

そのほかは月に何回か無料が付いて、基本的にはATMの手数料がかかる仕組みを採用しているネットバンクが多いようです。 楽天銀行はシステムが複雑ですが、様々な条件を満たすことで月7回まで無料となっています。手数料は釣り扱うATMによって異なります。ジャパンネット銀行の場合は入出金共に手数料がかかってしまいます。 しかしこの二つの銀行は公共ギャンブルと提携しており、インターネットで投票ができるシステムを利用するためには必須となっています。宝くじも買えたりします。

各ネットバンクがそれぞれ独自のサービスを打ち出しています。ATM手数料無料にこだわるなら新生銀行。auユーザーならじぶん銀行。セブンイレブンを良く利用するなら住信SBIネット銀行かソニー銀行などなど。 自分の用途に合ったネットバンクを選ぶのがポイントです。

公開日:
最終更新日:2016年6月23日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る