クレジットカード現金化ランキング

クレジットカード現金化は高還元率の業者を選べるかがポイント!

クレジットカード現金化は高還元率の業者を選べるかがポイント!

還元率の高いお得なクレジットカード現金化を利用しよう

実は皆さん盲点なのが「いかに高還元率の現金化業者を選ぶべきかの重要性」にかんしては関心が薄いようなのですが、今回は「あと1%還元率が高かったら!」という部分についてお話してみたいと思います。

さまざまな事情から現金が必要になったならば、還元率の高いお得なクレジットカード現金化を利用しましょう。気軽に現金を得られる便利な方法です。クレジットカード現金化を行う業者はたくさんあります。現金化の仕組みは、業者から商品を買って、その段階で業者はカード会社から代金を受け取ります。そして、利用者は業者に商品を買い取ってもらいます。そのため、業者は確実にお金を受け取ることができます。このような仕組みになっているため、現金化業者とトラブルになることはあまりありません。業者には確実にお金がいくからです。不安な気持ちを抱いている方がいるかもしれませんが、安心して現金化サービスを利用しましょう。

クレジットカード現金化のメリットとデメリット

クレジットカード現金化のメリットは高い還元率となっていることです。還元率というのは、あなたが現金化業者から商品を買った時の代金のうちどれくらいの割合を現金として受け取れるのかということです。基本的に還元率は85%以上となっていることが多いため、高還元率でかなり便利です。

デメリットとして、支払いが長引いてしまう可能性があります。特にリボ払いを利用して返済する際には、長期にわたって返済を続ける必要があります。借りやすいというメリットがあるのですが、デメリットも存在するため、現金化をする時にはよく考えておきましょう。

クレジットカード現金化の還元率について

クレジットカード現金化を利用するならば、高還元率かどうかに注目しましょう。それぞれの業者によって設定は異なっています。中にはサイト上で掲載されている還元率とは異なる数字を示されることがあるのですが、そのような悪質な手口には騙されないようにしましょう。中には、記載金額から別途費用を差し引こうとする業者もあります。信頼できる業者ならばこのような心配はありません。

還元率の数字をよく比較しましょう。申込金額によって、還元率が変動することが多いです。高い申込金額であるほど還元率も高くなります。また、高額な申込金額の場合は還元率が設定されておらず、要相談となっていることが多いです。クレジットカード現金化の業者選びでは、還元率に注目しましょう。あまりにも還元率が高く設定されている場合は気をつけてください。

クレジットカード現金化は融資ではありません。ショッピング枠を利用してお金を得るため、結局は普通に買い物をしているのと変わりません。そのため、たくさんのメリットがあります。悪質業者に騙されないようにして、還元率に注目をして利用しましょう。

還元率の高い業者を選ぶ理由

クレジットカード現金化では最も注目すべきポイントの一つとしてこの「還元率」をあげていますが、還元率は業者によって随分と違いがあります。そこで注意したいのは、この還元率とクレジットカードのキャッシングとの金利の差についてです。

少額の現金化ならキャッシング枠の方がお得?

クレジットカード会社のキャッシングの金利は各社平均値で17%前後です。また、キャッシングでお金を貸す側にも法律で決められている金利があり

  • 10万円未満を貸し出す場合の上限金利 ・・・ 20%
  • 10万円以上100万円未満を貸し出す場合の上限金利 ・・・ 18%
  • 100万円以上を貸し出す場合の上限金利 ・・・ 15%

と設定されています。一方、消費者金融の金利の場合、平均金利は19%と高く設定されています。消費者金融によっては『借入利率:4.5%~20% 限度額:500万円まで』などとされていてついつい下限金利だけ目についてしまって「お!低金利じゃん!」と判断して消費者金融を利用しがちですが、この下限金利での借り入れは限度額の500万円の方に適応され、少額であれば限りなく20%に近くなります。また、10万円以下の借り入れの場合、限りなく17.8%に近い金利での借り入れになります。

つまり、一般の方が消費者金融でお金を借りる際にはおおよそ18%の金利(年利)がかかるということを覚えておきましょう。

クレジットカード現金化の還元率は高く設定されています

クレジットカード現金化には「還元率(換金率)」という言葉があり、簡単に説明すると家電量販店やスーパーのポイントカードのキャッシュバックと同じようなもので、例えば10万円のテレビ商品を購入した場合、10%ポイント還元される場合、そのお店で利用できるポイントが1,000円分キャッシュバックします、というものです。普段の買い物でもポイントなどが高還元率だと嬉しいですよね!

一方、クレジットカード現金化の場合、当サイトではご紹介していませんが、店舗型の業者であれば68%の実質還元率などと設定しているところや、全国にネット展開している業者であれば最低80%保証の平均還元率、当サイトで紹介している業者では1万円~10万円という元金でも最低88%からの還元率という、高還元率を提案している業者があります。またさらに、こうした優良業者であればキャンペーンを開催しているところもあり、ネット申し込みでもれなく還元率が上がるような業者もあります。

利用金額によっての違いもありますが、比較してみると分かることなのですが意外と皆さん盲点なようです。しかしこうして比較しないで申し込むことはギャンブルに近いので絶対オススメできません。

クレジットカードのキャッシング、消費者金融からの融資、ショッピング枠の現金化、どれが一番高還元率でお得?

では、問題のクレジットカード現金化の場合はどうなのかを比較シミュレーションしてみましょう。実際手元に残るお金を、わかりやすくするために、10万円が必要な方、100万円が必要な方を例に比べてみます。ここではキャッシング一回払いを比較します。

クレジットカード会社のキャッシングの場合

10万円のキャッシングを1回払い18.0%でキャッシングする
10万円 × 0.18 = 1万8000円
損金:1万8,000円
100万円のキャッシングを1回払い15.0%でキャッシングする
100万円 × 0.15 = 15万円
損金:15万円

10万円キャッシングするためにはそれぞれ1万8000円、100万円の場合は15万円余計に支払いが増えます。なお、キャッシングする金額が多い方が金利が低いのはほぼ共通であると認識していただいても問題ありません。

消費者金融で借りる場合

10万円融資してもらう
10万円 × 0.20 = 2万円
損金:2万円
100万円融資してもらう
100万円 × 0.16 = 16万円
損金:16万円

消費者金融はクレジットカードのキャッシングと比べても、どう考えてもどう考えても損失が大きいのはお分かりいただけるかと思います。

クレジットカード現金化の場合

10万円を90%の還元率で現金化してもらう
10万円 × 消費税1.08 = 8,000円
10万円 - 8,000円 - 送料・手数料1,000 = 9万1,000円
9万1,000円 x 0.90 = 8万1,900円
損金:1万8,100円
100万円を96%の還元率で現金化してもらう
100万円 × 消費税1.08 = 8万円
100万円 - 8万円 - 送料・手数料1,000 = 91万9,000円
91万9,000円 x 0.96 = 88万2,240円
損金:11万7,760円

このように、高還元率のクレジットカード現金化に比べ、クレジットカードのキャッシング、消費者金融の融資とでは損金に大幅な差がでることがお分かりいただけたかと思います。また、こうして比較してわかるように、少額の現金化ではクレジットカード会社によっては多少ながらもキャッシングの方が有利になることがわかりますが、高額になると現金化の方がメリットが大きいことがお分かりいただけるかと思います。

クレジットカード現金化にも盲点がある

上の比較を見て頂いた方の中で「10万円欲しいのに10万円手に入っていないじゃないか!」と気づかれた方もいるかと思います。実はそのとおりで、現金化の場合はあくまで商品に対してのキャッシュバックになるので、10万円現金化したければ12万5,000円程度の商品を購入しなければなりません。その分、元になる「ショッピング枠」があれば上記の利率通り、どこよりも損金が少なく高還元率で現金化することが可能になります。

そしてさらに、メリットの面でも現金化がお得に使える理由になるのですが、まず一つは「ショッピングなのでクレジットカード会社のポイントがつく」ということ。キャッシング枠ではキャシュバックなどのポイント付与はありませんが、ショッピング枠はポイント、マイレージなどになりますので、損金がさらに少なくなります。また、クレジットカード現金化は即日振込みされるので急な出費にも対応できる、という面が現金化の強みになるのです。

人によってはクレジットのキャッシング枠を全て使い果たしてしまい、消費者金融にも融資してもらえない状況であれば最後の砦ともなる現金化。状況に応じて使い分けて賢くやりくりしましょう。

高還元率No.1業者:ハッピーリターン

公開日:
最終更新日:2016年8月12日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る