クレジットカード現金化ランキング

「クレジットカード現金化は審査が甘くて通りやすい」はそもそもが誤解!審査は無し!

「クレジットカード現金化は審査が甘くて通りやすい」はそもそもが誤解!審査は無し!

クレジットカード現金化はクレジットカードが必要

クレジットカード現金化はとても便利なサービスです。これによって、すぐに現金を得ることができます。クレジットカードを持っていることが条件となります。クレジットカードにはショッピング枠がありますが、これを利用して業者から商品を買って、それを売ることによって現金を得るのです。クレジットカードが必要なのですが、それさえあればよほどのことがない限りは現金化することができます。

クレジットカード現金化はカードさえあれば行える

クレジットカードさえあれば行えるのがクレジットカード現金化です。ただし、クレジットカードを発行するためには審査を受けなければいけません。きちんと定職に就いていて、安定した収入があり、過去に融資に関するトラブルのない方であれば審査に通るでしょう。もし、過去に借金をして、その返済に遅れてしまったことがあったり、現在複数の金融機関から借金をしている状況にあるならば、クレジットカードの審査に通らない可能性があります。そのため、誰でもクレジットカードを作れるというわけではありません。クレジットカード現金化のハードルは低かったとしても、そもそもの条件であるクレジットカードがなければ利用できないため気をつけましょう。

審査が甘く通りやすい現金化

クレジットカードを持つことさえできれば、後はほとんど障害がありません。現金化の際には一応審査が行われますが、これは非常に条件が緩いものとなっています。あなたの持っているクレジットカードが本当にあなたのものであるのかを確認して、そのクレジットカードにショッピング枠があるのかをチェックするだけです。したがって、審査の敷居はとても低く設定されており、すぐに契約することができるでしょう。

審査に通りやすい理由としては、現金化というのは普通に買い物をするのと変わらないからです。クレジットカード会社からはカード所有者が現金業者の販売する商品を購入しているように見えます。そして、現金業者が請求した金額をカード会社が支払います。カード所有者は購入した商品を業者に買い取ってもらい現金を受け取ります。つまり、現金化業者にとってはほぼ確実にお金を受け取ることができるのです。極端なことをいえば、カード所有者がショッピング枠を使った分のお金を返済できなかったとしても、業者には何の関係もない話なのです。このような仕組みとなっているため、現金化は気軽に利用できます。

クレジットカード現金化の「審査が甘い」はそもそも誤解!?

ここまで読んでいただいてもまだクレジットカードの審査とごちゃまぜになってチンプンカンプンな方のために、もうちょっと詳しく説明していきます。

ズバリ、クレジットカード現金化の「審査が甘い」という表現はそもそも誤解なのです。

現金化には審査がない!それこそが事実です。

クレジットカードの現金化の仕組みはこちらでより詳しく説明していますが、おさらいを兼ねてもう一度説明すると、クレジットカード現金化とはクレジットカードのショッピング枠(ショッピング機能)を利用した、普段と同じクレジットカード決済の方法で、業者の指定する商品を購入します。

ちょっと思い出してみてください。普段クレジットカード決済をするとき、そもそも「クレジットカードの審査」をいちいちしていますか?違いますよね?殆どの場合はクレジットカード端末に通して認証するか、指定したパスワードを入力する方式、もしくは手書きのサインによるものがほとんどでしょう。

つまり、クレジットカード現金化の仕組みは「お買い物」なのです。

審査がなければ何がひつようなの?

クレジットカードを現金化する際に必要な物は、本人確認ができるクレジットカードと、それが証明できるものです。

証明するものはまず、ネットで申し込みする際に記入する情報

  • お名前(ふりがな)
  • 性別
  • メールアドレス
  • 電話番号

これに加えて一般的な現金化の証明条件は運転免許証などの一部(必要な部分以外はテープなどでかくしてOK)が必要になる程度の、本当に本人確認のためだけのものです。

なので、実質的には審査は必要が無いといえるわけです。

なぜ審査が無いのか。

現金化業者の主な取引先となるのはクレジットカード会社と商品を販売する会社であり、あくまでその仲介手数料という部分で利益を出す商売になります。なので、業者自体は利用者の信用情報などを必要とはしていません。

また、なぜその信用情報などが必要ではないかというと、クレジットカードを利用する際に、すでにカード会社の信用調査の上でカードが発行されており、利用可能・不可能の基準はすべてカード会社に依存しています。なので、現金化業者側では利用者の信用情報(オーソリゼーション)の審査やクレジットヒストリー(クレヒス)等による実績は一切関係無いのです。

もっと極端な話、もしブラックリストに載ってしまった方でも、クレジットカードを利用できる状況の方でしたらショッピング枠を利用して商品を購入することが可能なのですから、現金化をすることは可能なのです。さらにこのおかげで即日審査・最短即日融資が可能なクレジットカード現金化サービスが可能となるわけです。

審査が必要な業者にはご注意を!

ご説明したとおり、すでに審査は通過した、資格のある人だけが利用できる現金化サービスなのですから、現金化業者側では審査を再度行う必要はありません。ですが、悪質業者に関しては別です。

悪質業者の手口としては、審査に必要な書類を送ることを要求したり、現在の働いている会社やその周りの連絡先など、とにかく個人情報を集めようとします。そしてその情報を利用してゆすりや架空請求、ひどい場合にはその情報を他の悪質業者に転売することもあります。(転売、横流し、交換することをバーターといいます。)

なので、ここでお伝えした情報以上のものを要求された場合、その業者はちょっと危険だと考えてよいでしょう。

審査のない「クレジットカード現金化」は今後ますます人気に。

一括払いで考えるならば基本的に金利という概念がなく、手続きも簡単で、ネットなら24時間申込可能な無審サービスは今後多くの方が利用するサービスに発展してくるのは明らかです。しかし今回の審査が甘いが誤解だということもまだ知られていない新しいサービスなので情報もまだ少ないですが、高金利の消費者金融ローンはどんどん廃れていき、常に高還元率の現金化業者がどんどん出てくるでしょう。

もしあなたが今、消費者金融でキャッシング・ローンをお考えでしたら一旦考えてみて、いつでも高還元率の現金化サービスを利用するという手も検討してみてはいかがでしょうか。

還元率が高い現金化ーサビス:ハッピーリターン

審査に通りやすいクレジットカード?

このようにクレジットカード現金化については審査という概念すら存在していないことがお分かりいただけたかと思います。すべてはクレジットカード会社に委ねているということでしたね。 では、そのクレジットカードについて疑問が出てきます。そもそもクレジットカードを所有していないと現金化はできません。非常に便利なシステムですが、持っていないと話にならないのです。

最近ではクレジットカードの利便性を考えると、ポイントやマイルを貯めるという楽しさもあり、持っていない方は少ないのではないでしょうか。 それでも様々な理由からクレジットカードを所有できないというひともいらっしゃることでしょう。 そこで比較的審査が通りやすいと言われるクレジットカードをいくつか調査してみました。

楽天カード

比較的新しいクレジットカード界の新参です。楽天カードマンのCMでお馴染みですね。テレビだけでなく様々な媒体で広告が出されています。 それだけ新規会員の獲得に力を入れているということです。つまりそういったカードは審査が厳しくないということになります。

楽天市場というショッピングサイトのカードですから、もちろん楽天でのお買い物にポイントが付きます。それ以外にも様々なところでポイントが付きます。期間限定ではありますが、入会するだけでもポイントがつくキャンペーンも実施していたりします。 そのポイントを楽天市場で使えるというのが最大の特徴です。楽天市場でショッピングする機会の多い方にはとてもお得なクレジットカードです。 また、宝くじや公共のかけごとのネット決済に対応している数少ないクレジットカードでもあります。

イオンカード

ここ数年で認知度を上げてきているのが大手スーパー系のクレジットカードです。住まいの近くに必ず何かしらのスーパーがあるはずです。普段の食料品などを買うのに利用しない方は少ないのではないでしょうか。 身近なスーパーがイオングループであれば、このイオンカードを作っておくことでとてもお得になります。毎月5日・15日・25日にはポイントポイント2倍。20日と30日には5%OFFといろいろな特典がついてきます。 こちらのクレジットカードもTVCMが盛んに流されていますので、新規会員獲得に力を入れていることがわかります。

イオンカードとセブンカード

同じ大手総合スーパーと言えばイトーヨーカドーのセブン&アイホールディングスが出しているセブンカード・アイワイカードもあります。内容はほぼ同じなので、近くにどちらのスーパーがあるかで選べばよいでしょう。 しかし、審査の面でイオンカードが有利と言われるのは、各企業の経営状況によるところが大きいようです。 大型スーパーの売上状況はどちらもあまり良いとは言えない状態です。しかしスーパーとしてだけではなく他の事業にも広く進出しているのでバランスを保っています。クレジットカード進出もその中の一つです。 専用のクレジットカードを作ることで系列店舗の売り上げ促進につなげようという狙いがあります。系列店ならどこで利用しても共通のポイントが付くような仕組みですね。

違いは大手コンビニ事業で大成功を収めるセブン&アイホールディングス。セブンイレブンを知らない人はいないでしょう。対するイオングループ系列のコンビニはミニストップ。残念ながらかなりの差があります。 コンビニの分野でいまから逆転を考えるのは難しいようです。でもイオングループは既存のスーパーチェーンを吸収してきた経緯があります。最近ではダイエーもその傘下に下ったはずです。 店舗数ではかなり広い範囲にネットワークを築いているイオングループ。そしてクレジットカードを使ってそれらを一つにつなげようという考えです。

同じ業種でもこれだけの差があるのが現状です。この背景があるため、イオンカードは新規会員の獲得に力を入れており、比較的審査も通りやすいというわけです。

JMBローソンPontaカード

なんとも長い名前ですが、その名の示す通りローソンでPontaのポイントが貯めやすいクレジットカードです。近くのコンビニがローソンという方にはとても使いやすいカードです。 セゾンカードのなかのひとつで、Pontaポイントを貯めることに特化したクレジットカードと考えて良いでしょう。大学生でも作れるクレジットカードとして有名なセゾンカードです。つまりとても作りやすいカードというわけですね。

ポイントの貯まる提携店舗は、ローソン、ゲオ、KFC、ビックカメラ、AOKI、サカイ引越センター、日産レンタカー、HMVとジャンルも多様。どんな場面にも対応できる全指向性型クレジットカードです。 気になるポイントの有効期限は1年。その一年以内に変動があれば実質無期限というお得なポイント設定です。Pontaポイントを考えている人には良いカードです。

キャッシング系カード

クレジットカードなのにキャッシング?ちょっと解りにくいですが、このようなクレジットカードも存在します。例を上げるとACマスターカード。発行元はアコムです。そう、はじめてのアコム♪のあれです。 この手のクレジットカードには当然キャッシング枠が設けられており、クレジットカードという名のキャッシング専用カードです。

じゃぁクレジットカード現金化とは関係ないような感じがしますが、そんなことはありません。ちゃんとショッピング枠も付いています。クレジットカード現金化も可能です。 ただ、そのショッピング枠がリボリビング払いのみという設定だったりします。一回払いがないんですね。つまり手数料が高いということです。

それでも作りやすいクレジットカードとして人気がでています。通常のクレジットカードの審査に落ちてしまうような方々の最後の砦のようなポジションになっています。 手数料の事を考えるとあまりお得とは言えませんが、キャッシングするよりはクレジットカード現金化で使用した方がまだましかもしれません。そして作りやすいというメリットがあります。

いずれにしても通常なら先に挙げた3社のクレジットカードが作れないことはまずないので、そこがダメだった場合の選択肢として考えてくださいね。

審査に通りやすいクレジットカードのまとめ

クレジットカード現金化にはクレジットカードのショッピング枠を使います。その審査は無いということがわかりました。

そしてクレジットカードにも作りやすいカードがあります。代表的なものが、楽天カード・イオンカード・JMBローソンPontaカードの3つです。ご自身の用途に合わせてカードを選べばOKです。

その3つでもクレジットカードが作れなかった場合は、ACマスターカードのようなキャッシング会社系列のクレジットカードの作成をお勧めします。

まずは自分の生活の中でどんな利用が一番多いのかをシュミレーションしてみるのが良さそうです。

公開日:
最終更新日:2016年6月23日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る