クレジットカード現金化ランキング

クレジットカード現金化の体験談でわかる利用シーン(+ウソの体験談には気をつけよう!)

クレジットカード現金化の体験談でわかる利用シーン(+ウソの体験談には気をつけよう!)

クレジットカード現金化の体験談情報はインターネット上でもまだまだあまり見受けられず、レビューサイトやランキングサイトでしかその実態を確認することができません。

これから利用したいと考えている方も少なくはないかもしれませんが、新しいサービス故に誰か他の人が実践していないかとネットで探している人も最近増えています。当サイトにも体験談を知りたいという方の訪問が非常に増えているのがわかります。

当サイトに寄せられたクレジットカード現金化の体験談

今回はクレジットカード現金化を利用した方から寄せられたの体験談を許可をいただき幾つかの掲載させていただきました。わかりやすくストーリー形式に編集しておりますが、投稿を元に再現していますのでほぼ100%に近い状態の体験談になります。あなたの利用する目的と同じ利用方法をしている方がいますでしょうか?

クレジットカード現金化によってデートを成功させる!

クレジットカード現金化を利用して助けられたという方は多いです。そんな方の体験談を紹介しましょう。まず、30代のサラリーマンの方です。この方は彼女とお泊りデートをしようと計画していました。当日の予定を色々と考えたのですが、何とデートの一週間前になって飲み会に誘われてしまい、かなりのお金を使ってしまいました。これによって、デート当日のために用意していたお金が不足してしまったのです。

このままでは彼女とのデートに失敗すると焦っていたのですが、クレジットカード現金化というサービスを知って、すぐにこれを利用しました。手続きはすぐに終わり、お金を無事受け取ることができたため、このサラリーマンはデートを成功させたようです。彼女にもばれずに済み、家族にも自分が現金化をしたことは知られていないようです。

たかが数万円のお金のためにキャッシングを利用してしまうのはリスクが大きいと考えたのです。現金化であれば、誰にも知られず、借金ではないため利息に苦しむこともありません。

クレジットカード現金化で多重債務を返済できた!

次に紹介するのは多重債務で苦しんでいる40代のサラリーマンです。この方は周囲に知られないように複数の金融機関から借金をして苦しんでいました。少しずつ返してきたのですが、とうとう返済が苦しくなってしまい、このままでは自分が借金をしていることが周囲にばれてしまうかもしれない状況となりました。どうにかして一時的にでも借金を返さないといけないと考えたのですが、既に多重債務で苦しんでいるため、どこもお金を返してくれません。そこでクレジットカード現金化を利用することにしたのです。

実際に申し込みをしてみると、丁寧な対応をしてくれたためとても満足したようです。初めて利用するため、分からないことが多かったのですが、どのような基本的な質問にでも丁寧に答えてくれたようです。この方はクレジットカード現金化のおかげでその月の返済分を支払うことができたため、窮地を乗り切ることができたようです。

クレジットカード現金化で結婚式のご祝儀を支払えた!

社会人一年生の方からの投稿です。彼はまだ会社に就職して5ヶ月。新入社員ですからお給料もそれほど多くないですし、それこそ貯金をすることなんてできません。そんな時に、高校の時の友だちから結婚式の招待状が届きました。その友達とは非常に仲が良かったのでとても嬉しく思い、即日出席の返事をポストに投函しました。

もちろん彼も初めての友達の結婚式なのでご祝儀も渡したいし、ネットで「結婚式 友達 ご祝儀」などと検索し、『一番多く包まれている金額は3万円』『友人には3万円が7割』『3万円が最も無難な金額と言える』などという情報から自分も3万円で良いだろうと考えていました。

しかし数日後、今度は幼なじみの結婚報告があり、結婚式の日取りは高校の時の友だちと1周間しか違わない!まずい!お金がない!でもこっちの結婚式も絶対に出席して祝いたい!高校の時の友だちの結婚式もキャンセルなんてできないし…ご祝儀の6万円とその他の費用、一体どうすれば…

彼はまたネットで消費者金融やカードローンについて調べ始めました。ですが手続きの多さや、一番気にかかったのが金利の高さ。そして信用情報でした。

信用情報とは融資に関する記録データのようなもので、これらに登録されると今後住宅ローンやマイカーローンを組むときに不利になるという事実を知り迷いました。

そんな時、yahoo!知恵袋で見つけた『クレジットカード現金化』というキーワードについて調べてみたのです。すると、非常に多くのメリットが有り、今の自分にぴったりなのはこのサービスだと決めました。

一番の決め手は再来月にはボーナスも入るし返済するには十分の資金が有ることと、こうした単発の金策のために今後の信用情報にキズが付くリスクを回避できると考えたからです。

こうして彼は前もってお金が必要な状況がわかっていたので、スピードプランよりも換金率の高いのんびりプランで、想定以上の換金率で現金を得ることができ、ご祝儀6万円とその他の費用も賄うことができたそうです。

あれ?もしかしてそのままクレジットカードでショッピングした方が良いんじゃない?

彼女はちょっと特殊なケースの体験談です。彼女は大のブランド好き。ルイ・ヴィトンやシャネルといった高級ブランドが大好きで、お給料をコツコツと貯金し、好きなカバンや財布をコレクションするのが趣味でした。また、彼女はコレクションを購入する際は絶対に現金で買うということを決めていました。どうやらクレジットカードを使うことをあまり良いことだとは考えていないのだそうです。

そんな彼女にコレクター魂が揺さぶられる事件が起きました。知人からの情報で「今なら探していた人気のブランドの商品が手に入るよ!」と聞き、11月のお給料が入ったら絶対買おうと決めていました。そしてその友達の情報通り、ショップにはお目当ての商品が入荷しており取り置きしてもらい、即購入しました。

しかし翌月の12月。まさに事件が起きたのです。ルイ・ヴィトンからクリスマス限定の赤くてかわいい財布に一目惚れしてしまいました。

先月、趣味のためのお金を使い果たしてしまった彼女ですが、どうしてもこの限定商品が欲しくてたまりません。限定商品はオークションなどで購入するとプレミア価格で倍近くの値段になってしまうのでどうしても今手に入れたいと考えました。

両親からも「ブランド品なんてあなたには似合わないから買うのをやめなさい!」と叱られており、ブランド品を買いたいからお金を貸してくれとも言えず、友達に相談してもクリスマスの予定でお金を貸すほど余裕が無いとのこと。そして、最後に相談したともだちから「私が買っておいてあげる」と言う返事を聞き、彼女は即答でお願いしました。

ですが、買ってもらった友達に支払う現金がそもそもありません。お金を返すのは来年で良いと言われていましたが、友達にお金を借りたままでいるのがとても嫌だったので何か良い方法は無いか考えました。

大好きなブランド品を質屋に入れてしまおうか…でもそれはしたくない…。と、そんな時に思いついたのが街で見かけたクレジットカードの現金化です。彼女は実はクレジットカードにキャッシング機能が付いていることを知りませんでした。ですが、ネットで調べてみるとどうやら「ショッピング枠を利用して現金を手に入れることができるらしい」とのこと。そこで女性優遇キャンペーンをしている業者を見つけ、さっそく現金化をすることにしました。

まずはネットで申し込み、現金化業者からの連絡を待ちました。確認の電話で還元率と手元に入る現金の金額を確認し、身分証明書をメールに添付して、30分後には指定していた銀行口座に入金されていました。

こうして彼女は年内に友達にお金を返すことができ、さらに無事、年内にお目当てのルイ・ヴィトンの財布を手に入れることができました。

ですがみなさん、彼女の行動、少し不思議な点があると思いませんか?実は彼女、クレジットカードで普通にショッピングすることができたのです。確かにクレジットカード現金化は還元率の良いサービスなのですが、換金するために10%以上の手数料が発生してしまいました。

クレジットカードを利用してショッピングしたくないという人も多くいるというのは知っていましたが、彼女の場合は明らかに普通にショッピングをできる能力がありました。彼女の場合はちょっとした失敗談と言えるでしょう。

クレジットカード現金化は個人事業主の強い味方!

これは個人事業主の方からの体験談です。彼は10年働いていた会社を辞めて、独立してラーメン屋を始めることにしました。もともと会社にいた頃から上司には「将来はラーメン屋になりたいです!」と言っており、とてもラーメンが好きで、社内のパーティーでもラーメンを振る舞うと好評で会社の方からは応援されながらの円満退社だったそうです。

会社員時代に貯めたお金と商工会議所からの融資で希望通りの店舗も完成し、お店も順調に回っていました。

ところがある日、パッタリお客さんが来なくなってしまったのです。その理由は近所にできたラーメンチェーン店。そのお店が彼のお店のお客さんを横取りしてしまったのです。

ラーメンの味には定評のあるお店で、リピートしてくれるお客さんもいるのですが、新規のお客さんが全く来なくなってしまい、「このままではダメだ、何とかしないと!」と思い、ホームページを作って広告を出そうと決心しました。

ですが、ホームページを作って広告を出すにしてもそのための資金にはそれほど余裕もなく、見積もりに対してあと20万円足りませんでした。商工会議所のローンの支払もまだ終わっていないのにどうすれば良いのか迷いました。消費者金融に融資のお願いすることも悩みました。そんな時に雑誌に乗っていたクレジットカード現金化を見つけ、問い合わせてみました。

彼は法人名義のカードを持っていたので法人プランでの現金化をお願いすることができ、30万円のショッピング枠を元手に90%の希望通りの還元率で、入金される金額もホームページ作成費と広告を出すための資金にはちょうどの27万円という金額を得ることができたのです。

こうして彼のラーメン屋さんは駅前での広告とインターネットの配信で新規顧客をどんどん呼びこむことに成功し、クレジットの返済も余裕を持ってすることができました。

費用の捻出は個人事業主にとって悩ましい問題です。ですがこのように費用対効果を見越した先行投資という利用法としてもクレジットカード現金化は利用できるのです。また、この彼は法人名義のカードを持っていましたので利用限度額も大きく、より高還元率で現金化が可能となりました。(参考:法人向けクレジットカード現金化の専門 ネクストドア

体験談を参考にすると利用シーンが見えてきます。

このようにクレジットカード現金化には色々な体験談が存在しています。もし、これからクレジットカード現金化を利用することに不安を抱えている方がいるならば、体験談を読んでみましょう。実際に現金化のサービスを利用している方がいることが分かれば、自分でも安心してこちらのサービスを利用できるでしょう。

ただし、体験談を鵜呑みにしてしまうのも実は業者選びにおいてマイナス要素になる場合もあるのです。それはクレジットカード現金化の口コミを信用することと同じく、その情報ソースがひどく偏っていたり、ともすれば業者の自作自演ということも疑えます。

体験談を鵜呑みにしてはダメ!

多くの体験談の中には業者を褒めるようなものばかりでどれも「やらされてる感」、もっと言ってしまうと「自作自演感」が強いものがほとんどです。

例えばよく目にするのは

  • 「他の店だったら絶対に間に合ってなかったと思う。」
  • 「次回もこういうことがあったらここにお願いしようと思う。」
  • 「変な業者が多い中、○○はかなり良心的。」

正直、流石にこのように語れる人って少ないと思うのです。というのも、お金を借りるという行為自体、あなたは他人に申告したいと思いますか?「他の店だったら絶対に間に合ってなかったと思う。」って、一体何件はしごしている方なのでしょうか?「次回もこういうことがあったらここにお願いしようと思う。」って、こういうことって何だったの?「変な業者が多い中、○○はかなり良心的。」ってほかと比べてどういう点で良心的だったの?

と、具体性もなく、とにかく上っ面だけのことしか書かれていません。それどころかこのように突っ込まれてしまうくらいなのですから。本当に嬉しい、素晴らしい体験ができたと思うなら、せめて100文字以上のお礼の文になりませんか?しかし、今のネットのクレジットカード現金化の体験談は、このように、事務的な体験談でうめつくされています。

情報が簡単に手に入れられるようになった昨今、逆にどの情報が正しく、操作されていない信憑性のあるクレジットカード現金化の情報を見つけ出せるかが鍵になっています。

公開日:
最終更新日:2016年6月23日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る