クレジットカード現金化ランキング

クレジットカード現金化で個人情報は問題ないのか?

クレジットカード現金化で個人情報は問題ないのか?

インターネットの普及によりいろいろな情報がすぐに手に入るようになり、またインターネットを通じてショッピングなども気軽にできるようになりました。その反面、多くの方にとっては気軽に個人情報を公開してしまう場面も見られます。

こうした個人情報の公開によってインターネットからあなたの個人情報が流出してしまうケースも少なくありません。特にインターネットで買い物する際はクレジットーカード情報も流出してしまうため、本来ならばもっと個人情報を管理する意識を高く持たなければなりません。

というと、ではクレジットカード現金化をするにあたって個人情報を記載しなければならない場面も出てきますが、クレジットカード現金化の個人情報に対するセキュリティはどのようになっているのでしょうか?

クレジットカード現金化は便利

クレジットカードは現金で買い物をする必要がなくなるためとても便利です。クレジットカードの機能の一つとして多くの方が活用しているのがショッピング枠です。これは、決められた枠内で自由に買い物をすることができる機能のことです。このショッピング枠を利用すると、実は現金を得ることができます。それがクレジットカード現金化であり、これを活用することによって、気軽に現金を得ることができるためとても便利です。

クレジットカード現金化の仕組みは大きく分けて2つ。

まずひとつは、利用者は業者からカードによって商品を購入して、その商品を購入代金の一定割合で買い取ってもらい、これによって現金を得ます。この方法を「買い取り方式」と言い、少し違法性がある現金化方法として問題視されています。

ふたつ目の方法は、現在主流となっている「キャッシュバック方式」というもの。こちらも業者指定の商品を購入するというところまでは一緒なのですが、利用者が現金を得られる理由が「商品購入に対しての特典として現金キャッシュバックが行われる」という仕組みになっています。こちらは上記の買い取り方式とは違い、違法性もないので現在最も安心で確実な方法として定着してきています。

これらの更に詳しい違いや、自分でできる現金化などの方法を知りたい方はこちらの「決定版!クレジットカード現金化の3つの方法と業者の全貌を明らかに!」を御覧ください。

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化のメリットは、ショッピング枠を利用してお金を得られることです。キャッシング枠を利用すると、お金を借りようと思ってもかなり高い利息を支払わなければいけません。ショッピング枠であれば、一回払いであれば利息は発生しませんし、たとえ複数回払いだったとしても、キャッシング枠に比べると利息は小さいためお得なのです。

また、キャッシング枠をすべて利用してしまっていてカード会社のキャッシング機能を使えなくなったという方でも、ショッピング枠さえ空きがあればどなたでも現金を得ることが可能です。

さらに、消費者金融などで融資を依頼する際には必ず審査が行われ、その審査基準に達していない方はお金を融資してもらうことはできませんが、このクレジットカード現金化という方法は、普通のショッピングと変わらないクレジットカードの利用法なので審査がありません。(厳密に言えば、電話確認で利用意思を確認し、身分証明に必要な情報を業者に送るだけです。)

ですので、クレジットカードを持っていて、ショッピング枠さえ余裕が有る方ならどなたでも利用できるというのがこのクレジットカード現金化の最も優れたポイントだといえるのではないでしょうか。

インターネットでの申し込みが可能

クレジットカードの現金化サービスはインターネット上で申し込むことができます。クレジットカードを持っている方であれば誰でも利用することができるのです。こちらのサービスを提供しているのは金融機関ではないため、信用情報に登録されることはありません。

インターネットによる申し込みの特徴として、即日審査が可能であり、在籍確認の電話連絡はありません。つまり、誰にもばれずにすぐに現金化が可能なのです。郵便物を受け取る必要はなく、本人による電話連絡も必要ありません。24時間ずっとネットで受け付けているため、必要な時にすぐに申し込みができます。サービスによっては最短で10分で振込をしてもらうことができます。

来店する必要がなく、審査はなくて、保証人を用意する必要があります。申し込みはメールや電話で行えます。ただし、本人確認の必要はあります。提携しているオンラインショップでクレジットカード決済を行い、その後に指定した口座にお金を振り込んでもらえます。商品をオンライン上で買い取ってもらうことによって、実際に商品を受け取る必要はなくなります。手数料はかからないことが多く、還元率は95%以上に設定されていることが多いです。インターネットを利用して、気軽にクレジットカードの現金化を行いましょう。

個人情報が心配?

昨今の個人情報に関する流出は大きな社会てき問題となっています。インターネット上に個人情報を書き込むことにより、大切な機密情報が漏れる可能性があることがわかっています。

それは大手の会社が管理する情報ほど量が多く、一度流出してしまうとその会社の信用問題にまで発展します。場合によっては経営に大打撃を与えかねない深刻な問題になっています。それだけに各会社は個人情報の管理については慎重になっています。セキュリティにも多額の資金を投入するように体制が変わってきました。

なら100%安全かというと、それは難しいところですが、最新のインターネットセキュリティを駆使し限りなく100%に近づいていることは確かです。 この動きは特に大手の会社が顕著で、大手のクレジット会社や銀行系列のものであればセキュリティに関して心配する必要はありません。

クレジットカード現金化の会社は?

そこで気になる部分は、クレジットカード現金化を請け負う会社についてでしょう。はたしてこの業者は安全なのかという疑問がでてきます。 各会社とも大企業というわけではありませんから、個人情報の安全対策が万全であるとは考えにくいでしょう。心配になるのは当然でしょう。 この個人情報問題に関しては、クレジットカードにおけるショッピング枠の現金化の仕組みを考えてみるとわかります。

結局クレジットカード会社の管理

結論から言ってしまうと、重要な部分の個人情報についてはクレジットカード会社側の管理であるということです。 クレジットカード現金化の業者は名前とクレジット番号程度の情報しか持ち合わせていないのです。口座番号などはクレジットカード会社が管理しているということです。

これはインターネットでの情報入力の他に電話での本人確認で済むという手軽さからもうかがえます。クレジットカード現金化の業者にはそれほど重要な情報は必要ないのです。 確実に知りたいのは、顧客のカード支払い能力。つまり普通に生活していれば何の問題もなく審査に通るということです。

そしていざとなった時も、クレジットカード会社を通すことで損害を最小限に食い止めることができるという計算も働いているんですね。 つまり個人情報の大部分はクレジットカード会社の預かりということで、それほど心配する必要はありません。

個人情報が流出するとどうなるの?

程度によりますが、いろいろと被害は考えられます。どこまでの個人情報を提供しているのかによって変わってくる部分ではあります。 考えられる被害をいくつかあげてみましょう。

■クレジットカードの不正使用

たしかに番号が割れてしまうとクレジットカードを不正に使用される恐れがありますね。この問題はカード会社としても重要な問題になってきますので、その利用が正しいかどうかの判断には慎重になっています。 加えて、カード番号を取り扱うショッピング系サイトのセキュリティはほぼ万全と考えて良いでしょう。一度のミスで会社がつぶれかねない大問題ですので、厳重にチェックされていることは間違いありません。 ニュースなどで流れている個人情報流出の報道は確かに心配になります。ですが、個人において深刻な問題に発展したケースはそれほど多くありません。心配し過ぎることはないようです。

■迷惑メールが増える

メールアドレスが流出した場合、間違いなくその情報が迷惑メールを取り扱う業者に渡り、ダイレクトメールが増えることになります。 これが少しやっかいな部分で、特定のメールアドレスを拒否しても違うメールアドレスで飛んでくるようになります。対策としてはメールアドレスを変えるのが一番です。 メールアドレスについては、現在は無料のWebメールが多数存在しています。インターネットでの取引を行う際は、専用の無料メールを作っておくことが有効な対策になります。

■詐欺被害

えぇ?と思われるかもしれませんが、住所や電話番号が他者にもれると詐欺の被害にあうことも考えられます。 思いつくのはオレオレ詐欺。近年は振り込め詐欺となっていますが、なり済まして振り込めという手口の有名なやつですね。本人の御両親や親せきなどへの被害がありそうです。 実際に自分の家族に被害がなくても、本人になり済ますことが可能なので、二次的被害も考えられます。 近年ではだいぶ減ってはいるようですが、いざ自分の身に起こってみると意外と焦ってしまい被害にあうケースも少なくないようです。 このように少し考えただけでも数多くの火買いが予想できます、それだけ価値のある大切な情報ということですね。

もし個人情報してしまったら?

大事な個人情報、万全のセキュリティ体制を誇る会社でもまさかの事態はあり得ます。その確率は0ではありません。 もし自分が使っているなにかしらのサービスで情報が流出してしまった場合どうすればよいのか?基本的には一度ネット上に流出してしまったものは回収することはできないと考えた方が良いようです。 しかし何もできないわけではありません。ちゃんと対策はあります。クレジットカードの流出なら、カードの凍結・再発行をすれば問題ないでしょう。メールアドレスの流出なら、新しいメールを用意すれば大丈夫です。

詐欺被害に関しては、各個人の知識と心構えが大切になってきます。騙されないためには勉強は必要です。 いずれも手間のかかる面倒な手続きが必要になってきますが、できる限りの対策はしておいた方が安心です。

個人情報管理は万全なのか

これだけ大きな損害をもたらす個人情報流出です。クレジットカード会社もセキュリティには力が入っています。 クレジットカードの現金化はそのカードを使ったシステムです。現金化の会社は単純にクレジットカードで購入したものを買い上げてくれるというだけの話です。 ですから個人情報の流出に関してそれほど強張る必要はありません。大切なことは自己管理。自分自身がしっかりと対策をしていれば、問題が起こっても対処できるものです。

石橋を叩いて渡る。そんな言葉があります。物事に対して慎重にすすむことを表した言葉ですね。 そもそも石でできた頑丈なな橋です。まず壊れるようなことはないはずなのですが、そこをさらに叩いて強度を確かめながら進むという慎重の極みです。 しかしあまりにも叩きすぎてその石橋を壊してしまった。そんな経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。せっかくの道を自ら断ってしまうという悲しい状態です。 結局渡ることもできす、あのとき渡っておけば・・・と後悔しながら別の道をすすむことになるわけです。 つまりあまり慎重になりすぎて、せっかくの便利なサービスを使えないことのほうがデメリットになってしまうということです。

現在は携帯電話が普及して一人一台当たり前のようにもっていますよね。昔は家に1台あればよいほうで、そのまた更に昔は近所にあればスゴイという時代もありました。 そしていまはスマートフォンです。ガラケーと呼ばれる携帯電話が影を潜めつつあります。それだけスマートフォンは便利だということです。 慎重すぎる行為はそのスマホをバッテリーがもたないからとか無駄に高いからやめておこうと理由をつけて使わないことに似ています。

使ってみるとわかる良さ悪さもあります。まずは試してみれば良いのです。もしもの時の対応策はいろいろあるのですから。

公開日:
最終更新日:2016年6月23日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る