クレジットカード現金化ランキング

クレジットカード現金化したい大学生、専門学生の方は必読!手持ちのカードで賢く現金化する方法と絶対に気をつけたい4つの事。

クレジットカード現金化したい大学生、専門学生の方は必読!手持ちのカードで賢く現金化する方法と絶対に気をつけたい4つの事。

最近では大学・専門学校に入った際に作ることも多くなったクレジットカード。しかし、学生にとってクレジットカードの利用はおそらく人生初めてのことなのではないでしょうか。その使い方も、賢い利用方法もわからないかもしれませんし、実はめちゃくちゃ損をする使い方にドハマリしてしまって返済にアップアップになっている方もいるのではないでしょうか。

このサイトではクレジットカード現金化の方法をメインでご紹介していますが、その他にも、学生のあなたにとって、これだけは知っておいて欲しいクレジットカードの注意点をご説明したいと思います。

そもそもクレジットカードの現金化って何?

クレジットカード現金化って何?

そもそもこのページにたどり着いたということはクレジットカードを使って現金を調達できることを知っている方がほとんどかも知れませんが、初めて知った方にもわかりやすく、そして、既に知っている方も「え?そうなの?」というお話をしてみたいと思います。

まずはじめに、クレジットカード現金化とは、その名の通り、クレジットカードを使って現金を得る方法です。「その名の通り」と説明するところが多いので誤解が生まれるかもしれませんが、この「クレジットカードを使って現金を得る方法」というのはあなたのクレジットカードの名義を誰かに貸して、何か悪いことをゴニョゴニョしたりしてお金にする方法のように思われがちですが、これは全くの間違いです。

他のサイトでもこの現金化についてご紹介されているかもしれませんが、多くの方が勘違いするのがここ、クレジットカード自体で何かをすることでお金にすると思っている方が圧倒的に多いです。

イメージとしては質入れだとか、ヤミ金融、消費者ローン、学生ローンなどの金融関連の何かしらの悪いイメージをお持ちの方に加え、よく街で見かける「車でお金」のような看板のいかにも怪しいイメージの方もいますね。

しかし、これらは全くの誤解で、わかりやすく言うと「ショッピング」なのですね。……どこがショッピングなのかって?それはこれからお話しますね!

クレジットカードの現金化はショッピング枠を利用するのです!

現金化にはショッピング枠を利用します。

パッとイメージするのは難しいかもしれませんが、まずクレジットカードの仕組みから簡単におさらいすると、クレジットカードの機能は主に2つ。

ショッピング枠

ショッピング枠とは、簡単に言ってしまえば、あなたがクレジットカードを利用してお買い物ができる限度額の総称で、ネットショッピングの決済から公共料金の支払、飲食代のお支払いまで、現金の代わりに利用できるお金の限度額です。

イメージとしては、あなたのお財布に今1万円しか入っていなければ1万円以内のお買い物しかできないのと同じく、ショッピング枠が10万円と決められていたら10万円までのお買い物ができるようになっています。

キャッシング枠

キャッシング枠とは、カード会社提携の銀行ATMなどからお金を借りる事ができる限度額の総称です。こちらのイメージとして分かりやすいのはアコムやレイクなどの消費者金融からお金を借りるのと一緒で、アコムから借りるのか、あなたの持っているカードの会社からお金を借りるのかだけの違いになります。

ショッピング枠と同様に上限金額は決められていて、10万円分まで借りられる枠があれば10万円まで借りることができます。

ただし、「借りる」わけですから必ず返済は必要で、返す際には利息がかかります。

と、大きく分けてこのような機能があります。厳密にはもう一つ枠があり、「総利用枠」というものがあり、

ショッピング枠 + キャッシング枠 = 総利用枠

として設定されています。ですが、ほとんどのクレジットカードは初期段階では「ショッピング枠=総利用枠」として設定されているので、実質的には総利用枠と言うのはショッピング枠だという認識で問題無いです。

ここで確認!学生カードには「キャッシング枠」がありません!

学生カードにはキャッシング機能は付いていません。

大学生・専門学生が持つことができる学生カードには上記でご説明したお金を借りるための枠、つまりキャッシング枠が付帯されていません。ショッピング枠しか無いので、ショッピング(公共料金含む)でしか利用することができないのです。

となると、学生は学生ローンやヤミ金などでしかお金を借りることができないじゃないか!……と、これまではなっていた所、ここで登場するのがこのクレジットカード現金化なんですね。

学生カードにはショッピング枠しか付いていません。なのでお金を借りることはできませんが、お買い物は通常通りできるわけです。で、どうやってお金を換金してもらうのかというシステムについて考えてみたいと思います。

買い物したらついてくる「ポイント還元」

現金をキャッシュバック!

こういったらピーンと来る方もいるかもしれませんね。はい。ズバリ、クレジットカード現金化とは、お買い物をしてその商品に対してついてくるポイントを還元してくれるという大手家電量販店やスーパーと同じ方法なのです。

これらの量販店などは一度ポイントにして(ポイントにした方が他店にお客さんを取られないため)、そこから金券や割引に使えたりしますよね。また、キャンペーン等で「今ご購入いただいた方にもれなく総額○万円をキャッシュバック!」というものがありますが、それも全く同じです。

他にもある現金化の方法

他にもクレジットカードを使った現金化の方法はありますね。学生の方なら友達同士でこんな事を考えたこともあるかもしれませんね。

  1. 商品券・映画の前売りチケットなどを購入して金券ショップに売る
  2. 他のお店でものすごく安く売ってる商品を中古ショップに売ったら儲かる
  3. バスや電車の定期券を購入して「間違えた」として返金してもらう
  4. 飲み会の支払いを自分のカードで支払って割り勘でお金を貰う

などなど、こんな感じでクレジットカードのショッピング枠を使えば現金化することは可能なのです。

が!実はこれは④を除いて違法行為に当たる可能性があります!

詳しくはこちらの

の記事にも書いていますが、ざっくりまとめると所有権違反という法律違反に加え、クレジットカード会社の規約に反する可能性があるため、リスクゼロとはいえない行為になります。

現金化業者の中にはこの違法性に気づいていながら、商品を販売し、それを自ら(提携業者など)が買い取る仕組みを作って、業界で言う「買い取り方式」という方法で現金化を行う業者もあります。この買取方式の業者の違法性についてはもう一つ、「古物商」の免許を持っていない業者、店舗であれば追加で違反となります。

ですので、クレジットカードを現金化する際はポイント還元の「キャッシュバック方式」の現金化業者を選びましょう。

お金を取り扱う商売には必ずと言っていいほど「闇業者」が存在します。現金化業界も例外はない、ということです。ただ、注意さえしておけば、これらは本当に初歩的なチェックで回避できるのでそれ程神経質になるほどでもありませんが、もしあなたや、あなたの周りがクレジットカード現金化を初めて行うという方がいたら一度このあたりを確認してから行ったほうが良いですね。

学生カードにあるショッピング枠を利用して現金に換金します。

こんなにも差が出ます!

ここまでお読みになったならもう殆どがお分かりいただけたかと思いますが、そもそも現在合法として認められている現金化の方法はキャッシュバック方式の現金化になります。キャッシュバックとは、お客さんが買った商品に対して、景品法で定められている率内で、企業が設ける何かしらの価値を持ったものを還元するものです。

このパーセンテージが高ければ高いほど、現金化した際に帰ってくるお金になります。例えば1,000円分の商品券をチケット屋に売ったら700円だったとしたら、還元率は70%。クレジットカード現金化ならその還元率が90%位上になることがほとんどです。

  • 100,000円分の商品券を売った → 70,000円
  • 100,000円分の現金化をした → 90,000円

20,000円も帰ってくるお金が違うのですが、あなたはどちらを選びますか?と、考えると言うまでもなくクレジットカード現金化を利用したくありませんか?

インターネットで申し込みが可能なので、24時間申し込みができます。さらに!

24時間申込可能!

急な出費が必要なときって、何故か深夜に浮き彫りになったりしませんか?面倒だなと思ったらついつい後回しにしてしまったとか。しかし支払い期限は待ってくれません。そんな時に便利なのがネットで申し込みが完結する現金化業者ですね。

さらに、ネットバンキングさえ持っていればまさに365日、業者の営業時間内だったらすぐに銀行口座に指定した金額を振り込んでもらうことが可能です。

もちろん、しっかりした手続きをする必要があるのではじめは30分~1時間くらいかかると思って欲しいのですが、審査がないので、ショッピング枠さえ残っていればその枠内でお買い物をして、キャッシュバックとして銀行口座に振り込まれる、というのがクレジットカード現金化の全体像です。

学生ローンなどのノンバンクローンに申し込んだ場合、20歳以上でアルバイトなどの収入があることなどの条件がありすぐにお金を調達することができなかったり、教育ローンなどに比べて遥かに金利が高いです。ところがクレジットカードのショッピングであれば、一括払いにした時は手数料はゼロのカードがほとんどです。また、ショッピング枠を利用するので、通常のショッピングと何も変わりません。ということは、カード会社の利用ポイントもカードに還元されてくるというわけです。更にお得度が増しませんか?

どうですか?かなりわかってきましたか?

さらに詳しく現金化について知りたい方はサイト内にあるピカピカ光ってうざいバナーか、こちらの「【永久保存版!】クレジットカード現金化するならコレ!ショッピング枠で即日現金を得る方法!」の記事を読むとさらに詳しく現金化について深掘りできますよ!

学生がクレジットカードを利用する際の注意点4つ!

クレジットカードを使うときに気を付けたい4つのポイント

これは「学生が」というわけではないのですが、学生の方だとまだクレジットカードを利用した経験が社会人に比べて圧倒的に少ないでしょうから損をする事があることも知らない人が多いと思います。

また、「こんなことしたら後々の人生がハードモードになりますよ!」ということなどについて5つ、注意点としてまとめておきましたので参考にしてくださいね!

クレジットカード現金化の場合も、忘れがちですが注意して下さい!

まだクレジットカード現金化を理解できていない方のために再度注意しておきますが、クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用してお買い物をし、それに対してキャッシュバックされる仕組みです。

商品をクレジットカードで購入するということは支払いはクレジットカード会社になりますので、クレジットカードの使い方をしっかり理解しておかないと現金化ができたとしても総合的にマイナスになるかもしれません。そうならないためにも、この4つのポイントはしっかり守ってくださいね!これが大人の常識です。

1:支払い忘れなどで延滞しないこと!

支払いの遅延は絶対にダメ!

クレジットカードを使う上で一番重要なのは「お金を前借りしている」という認識です。厳密に言えば借りているわけではないのですが、支払う義務について少し軽く見がちの傾向があります。これは私の体験談なのですが。

公共料金などは少し遅れてしまったとしてもセーフなものですが、クレジットカード会社は民間企業との取引なのですから、どんなことがあっても支払期日までにしっかりお金を支払いましょう。

この遅延が何度も積み重なると、信用情報機関という専門機関にそのデータが蓄積され、いざ社会人になった時に、学生カードが無くなった際に通常のカードが持てなくなったりします。

支払期限はトップクラスの注意点ということだけはしっかり覚えておいて下さい!

2:わかりもしないのにリボ払いを使わない!

リボ払いははしない!

私個人的な意見になりますが、このリボ払いはクレジット会社の罠なのでは?というほど厄介なシロモノです。

確かに毎月固定額の支払で良いという面では毎月のやりくりに関しては非常に楽になります。が、しかし、金利が非常に高い上、どんどん蓄積されていくので、軽い気持ちでショッピングに使えるからといってガンガン利用していると結果として学生の収入では非常に支払いが苦しくなってきます。

ハッキリ言って、リボ払いはクレジット会社が儲けるための仕組みであって、「あまり利用者にとって善良なサービス」とは言えないと思いますね。

どのくらいひどいサービス化を一言で表すとすると「過払い金返済」を申請してもともすれば通ってしまうのでは?というレベルですね。怖いですよ!

3:クレジットカードは他人に渡さない!

クレジットカードの情報は誰にも渡さない!

学生の時はクレジットカードを持っていることだけでちょっとしたステータスに感じるもの。そんな時「俺、クレジットカード持ってるから俺ので払いなよ!」等と言って友達に貸してしまうことがあるかもしれませんが、これは絶対にやめて下さい!

そもそも他人のカードを使うことができないという規約はあるのですが、現在確認方法は簡易的なものになっているので、情報さえ知っていれば誰でも使えるというわけです。もし貸した相手が悪用したら、あなたは莫大な、見に覚えもない借金をしてしまうかもしれません。

例えば、ネットショッピングなどはカード番号と名前、生年月日、プロテクト番号など、少ない情報があればすぐに決済することが可能です。言ってみれば、どこでも、だれでも、あなたのカードで買い物ができるようになってしまうわけです。「友達を疑うようなことはしたくない!」というのであれば、そもそもその機会すら作るべきではありません。誰にも課さなければ、誰も疑うことはありません。

他にも、現金化サービスにも「カードのコピーを送って下さい」などという詐欺業者・悪質業者の存在があります。これは典型的な悪質行為(スキミングなど)に繋がる危険性があります。もしカード情報を求められる業者の場合、絶対に取引を中止して下さい。…当サイトで紹介しているサービスはメールで決済URLが送られてくるので自ら情報を打ち込みますのでこうした心配は無いのですが。

4:クレジットカードをやたらめったらに作らないこと!

沢山のカードを持ちすぎない!

学生カードの場合審査が甘く、簡単にカードを作りやすくなっていることもあり複数枚持ってしまうかもしれません。そうなると実際100万円くらいまでは買い物できる枠を所持することになりますよね?これが危険なんです。

まだクレジットカードで痛い目を見たことがない方こそ「お金を前借りしている」とう意識がないので返済について軽く考えがちです。ですが支払期日はしっかり、キッチリやってきます。その間にお金を工面できると思いますか?多分社会人でも無理です。

学生カードが審査が通りやすい理由は「社会人になってもそのままウチのカード、よろしくね!」という戦略です。ちょっと脱線しますが、apple社がipadをばらまくのは、子どものうちからapple製品を触っていたら、パソコンなどが必要になった時にapple製品を買うからです。

こうした理由からカードが作り放題なのですが、せいぜい2~3枚にしておくべきです。社会人でもおそらく持っていてその程度ですかし、100万円なんていう金額を扱うにはまだまだ収入が不相応です。

説教じみてきましたが、これさえ守れば「ダメな大人」にはならずに済みますし、賢くお金を管理することができるハズ。クレジットカードを便利に使うためにはそれなりに知識を付けなければなりませんよ!というお話でした!

クレジットカード現金化はカードがあれば未成年でも可能です!

自分が持っているクレジットカードのショッピング枠を使ってクレジットカード現金化をおこなう場合、未成年者の場合にはどのような取り扱いになるのかということが気になるポイントのひとつですが、これは全く問題ありません。

未成年者であっても、最近では大学に入学した時にクレジットカードの契約をしている方も多くなっており、すでにクレジットカードを持っているのであればクレジットカード現金化をおこなうことはできます。

大学生以上であれば社会にでるまでに様々な出費が考えられ、クレジットカードを持たざるを得ない場面が多いのです。また、大学生だとアルバイトなどで収入を確保している人が多いので、その信用によってクレジットカードを持つことが許されていることがほとんどです。

あなたが大学生でさらにクレジットカードを持っている人ならば、まず問題なく、どなたでも利用できるようになっています。

現金化の対象者はカードを保有している全ての方々!

クレジットカード現金化の利用者はクレジットカードの保有者全てです。そのため、未成年であってもクレジットカードを発行することができているのであれば、問題なくクレジットカード現金化を利用することができます。

クレジットカードのショッピング枠が余っていて、すでにキャッシング枠を使い果たしているようなときに、現金が必要になった場合には、クレジットカード現金化サービスを駆使して現金を手に入れましょう。

現金化に年齢や性別・職業は関係ないので未成年も安心です!

現金化をおこなう上で未成年であるかどうかは関係ありませんが、そのほかの要素も関係ありません。

性別や年齢、職業なども関係ありません。あくまでもクレジットカードを保有しているか否かだけが問題ですから、何も心配することはないのです。

以上のことから「自分は大学に行ってないから…」という方でも、クレジットカードさえ持っていれば問題なく現金化サービスを使うことはできますので、消費者金融や学生ローンに手をだす前に、まずはクレジットカード現金化を考えてみて下さい。

公開日:
最終更新日:2016年10月24日

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る