クレジットカード現金化ランキング

【永久保存版!】クレジットカード現金化するならコレ!ショッピング枠で即日現金を得る方法!

今、情報サイトでもクレジットカード現金化の話題が上がりだしていますが、実際のところどのようにすれば良いのでしょうか?その方法についてもっと詳しく知りたい方も少なくないと思います。ここでは、その現金化の方法を3つご紹介し、あなたが取るべき現金化をご提案します。

非常に長い記事になりますが、この記事を読むだけで世の中の現金化事情のすべてがわかると言っても過言ではないでしょう。ブックマーク、もしくはお気に入りに入れておくことを強くおすすめします。また、手っ取り早く現金化について知りたい方はこちらのトップページが軽くサクサク読めてオススメです!(この記事はとにかく濃すぎるので一般の方はここまで深く知る必要もないかもしれません。)

まずは当サイトの「信頼性重視」の現金化業者情報をどうぞ!

当サイト独自の観点からあなたにピッタリの現金化業者をご紹介できるよう、シチュエーションやニーズに合わせた業者さんを紹介しています。まずは「現金化って何?」という方もどんな業者があるのか確認してみましょう。また、じっくりクレジットカード現金化をマスターしてから現金化したいという方はこちらから本編に進んで下さい!

とにかくスピード重視で現金化したい方にオススメ!

超スピード重視、女性向けの業者で
\現金化したい方にオススメ!/

キャッシュチェンジ

現金化までのスピードを重視したい方、重視女性に人気の現金化業者をお探しならキャッシュチェンジはいかがでしょうか?特徴としましても、紹介しているサービスの中でも現金化マスター調査の中で平均して最も最速で振り込まれる結果となっています!ネットの銀行をお持ちでなくても、ピュアサポ即日プランなら、決済後14時45分まで確認が取れ次第、当日中に振り込んでくれますので、お急ぎの方でも安心です!また、相談窓口のサポートも非常に親身になってくれますので、女性の方でも気軽に使いやすいというのも人気の秘密!

スピードプランで、高額現金化なら絶対にお得な還元率が魅力!

スピードプランで、高額現金化なら
\絶対にお得な還元率が魅力!/

プレスト

2006年から続く老舗のサービス、プレストが当サイトにもついにお目見えに!プレストの特徴はなんといっても「少額以上の即日プランの換金率が高い」という点でしょう。通常、即日プランは通常プランよりも換金率が下がるのが常識ですが、まとまった金額を現金化したいという方、そしてさらに、即日現金が必要という方にとっては強い味方になるでしょう!もちろん土日祝日も申込可能です!

還元率重視でできる限り高い金額に現金化したい方にオススメ!

還元率重視でできる限り高い金額に
\現金化したい方にオススメ!/

ハッピーリターン

ハッピーリターンは2007年創業の老舗現金化サービスで当サイトでも最も選ばれている現金化業者です。その理由は他サービスに比べ主だったキャンペーンは行っていないものの、通常プラン、即日プランとも最高の還元率であることが人気の秘密!現金化が初心者の方でどこを選んでいいかわからないという方には「まずはとにかくハッピーリターンがオススメです!」とご紹介できるほどスピード、サービスともに優れた業者であることは間違いありません!

クレジットカードを利用して現金化するにはどうしたら良いのか?

クレジットカードで現金化する合法的な方法

あなたは、クレジットカードで現金を調達するにはどのようにすればよいと思いますか?

多くの人はクレジットカードにはキャッシング機能が付いていることから、「クレジット会社からキャッシングすれば良いじゃん!」とまずはじめに考える方も少なく無いかと思います。

ですが、ご存じの方もいるかもしれませんが、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能というのはおまけ程度のもので、利用限度額も少なく、また、金利も高く、さらにはクレジットカード会社やお手持ちのカードの種類によっては、キャッシング機能を利用した場合、一括払いしか選択できないことが少なくありません。そのため、一時的に少額を都合したい場合、例えば今、一万円だけ利用したいんだけど…とちょこちょこ利用しているとすぐにその利用枠を使い果たしてしまうこともあります。

当たり前ですが、この利用限度額を目一杯使い果たしてしまうとクレジット会社から現金を借り入れることはできなくなってしまいます。そうなってしまった時こそ、クレジットカードのショッピング枠現金化という方法が活躍します。

現金化というとまず一番最初に思い浮かぶであろう方法としては

質屋看板(高価買取)
  • ブランド品を購入して質屋などに転売する
  • 最新ゲーム機や人気家電を購入して中古屋に売る
  • 商品券を購入して大黒屋などの金券ショップなどに売る

などなど、このような方法が思いつくかもしれませんが、この手の方法でクレジットカードの現金化を考えていた方はまず先のこの記事を読んで正解です。これらの方法には違法性があり、現在は逮捕者は出ていませんが、最悪の場合クレジットカードの利用停止、剥奪という怖い仕打ちを受ける可能性があるからです。

ではどうすれば合法的に現金化ができるのか、という話になってくるのですが、ご安心ください。最近ではインターネットを利用してクレジットカードを現金化してくれるサービスが複数出てきました。この現金化サービスは言わば「クレジット決済代行会社」というような位置付けで考えてもらえればわかりやすいでしょう。このクレジットカード現金化業者を利用することで現金を得るという方法があります。

この方法は最新の方法なだけにまだそれほど情報も出回っていませんので「突然言われてもなんのこっちゃさっぱりわからない!」という方もいるかもしれませんので、昔からある現金化の方法と合わせて3つ+αの方法をご紹介し、どの方法が最も安全で、早く、高額現金化ができるか見てみましょう。

これらのうちどの方法を使っても現金化することは簡単なのですが、それぞれの方法に、それぞれのメリット・デメリットが存在します。そのメリット・デメリットについても考慮に入れつつ、どの方法が一番良いのか一緒に検証していきましょう。

デメリットが最も大きいけど最も安全で高額現金化!α作戦!

最初に+αの方法をご紹介してしまいますが、この方法(作戦?)は何度も利用すると個人の周知からの信用度を下げてしまいかねない方法ですが、最も還元率が高く、違法性もなく、簡単な方法です。その方法とは、「飲み会やコンパなどの支払いをカードで払い、周りから現金でもらう」です。

全員の支払いを自分のカードで 現金はみなからもらう...セコイ?

なーんだ、そんなことか、と思われるかも知れませんが、これからお話するどの現金化の方法よりも確実で、高還元率で現金化が可能な方法です。正直これ以上の現金化の方法は見当たりません。しかし、この方法のデメリットは先程お伝えしたとおり「あいつ…セコい!?」と思われてしまうかもしれないということです。あなたの奢りでクレジット払いならカッコいい!太っ腹!と思われるかもしれませんが、そのあとにお金をちゃっかり徴収するのですから「ポイント稼ぎかよっ!」と思われてしまうかもしれません。(本人は今すぐ利用できる現金ができれば良いだけなのですが。)

ですが、新人社会人には実はおすすめな方法で、素直に「今手持ちのお金が無いからここは自分のカードで払っていい?」などと先に了解をとっておけば、そして単発であればこのデメリットは解消されます。逆に何度もやっていると…セコい奴と思われてしまうかもしれません。

さて、冗談のようで割りと現実的な現金化作戦αをご紹介しましたが、ここからが本番。本題の3つの現金化についてお話していきましょう。

金券・チケットなどをクレジットカードで購入して金券ショップなどで現金化する方法

商品券転売のリスク

この方法は単純明快。「金券やチケットなどの換金率の高い商品をクレジットカードで購入して金券ショップなどで転売し現金化する」という方法です。

現在、巷の金券ショップやネット販売、ともすればヤフオクなどでも百貨店の商品券やギフト券、旅行券、新幹線の回数券、株主優待券、プリペイドカードなどなど、金券に属するものを購入することが容易になりました。これらの金券を転売することで、業者を利用せず自分の手で現金化をすることができます。自分で現金化することができれば業者に支払う手数料を支払うこともないので元金からより近い換金率で現金化することができ、費用が大幅な節約となります。

その中でもとりわけ、百貨店の商品券と新幹線の回数券は一般ユーザーにとっても購入するメリットがあるので人気があるものなので買取金額についても非常に高く、高換金率だと言えます。ですが、百貨店の商品券に関してはクレジットカードで購入することができません。

これは法律上の問題ではなくカード会社、加盟店双方の取り決めによります。商品券、ギフト券、その他各種ギフトカードは百貨店、スーパー、専門店などで扱っていますが、カードで買えるかどうかは、利用するお店、どこのカードか、そしてカードのランクなどによって異なります。例えば百貨店だと自社の発行するカードや提携カードだと買えることも多いですし、ゴールドカード以上だと可能という場合もあります。

また、クレジットカードの加盟店(販売店)は、カードによる売上があるたびに、カード会社に手数料を支払います。カード会社にしてみれば、これが大きい儲けになっています。カードで金券を販売して、その後金券の額面金額で買い物されると、結果的に手数料分だけ値引きしたことになってしまいますよね?普通の商品やサービスなら利益分から手数料を払えますが、金券は額面が決まっているので、

  • 自社の発行するカードや提携カードだと買える(ところもある)
  • ゴールドカード以上だと可能(というところもある)

というように、カードによる販売は難しいと考えて頂いてよいでしょう。

こうした点からクレジットカードで現金化に使われるのはほぼ必然的に商品券ではなく新幹線の回数券に絞られてくることになり、金券を購入して現金を得るためには新幹線の回数券がベスト!…という流れになったのがこの「金券・チケットなどをクレジットカードで購入して金券ショップなどで現金化する方法」です。

新幹線の回数券をクレジットカードで購入して金券ショップで買い取ってもらえばその還元率はなんと95%~98%!現金化の方法の中ではα作戦についで最も効率的に、高還元率で現金を得られる方法なのです。

新幹線の回数券などで現金化するメリット

新幹線回数券の転売

金券をクレジットカードで購入して、それを転売することによって現金化することのメリットは何なのでしょうか?それは「信用情報機関に登録されない」ということが一番にあげられるのではないでしょうか。

クレジットカードを利用することは、消費者金融などから融資を受けることとは全く別の属性のもので、クレジットカードで商品を購入することは厳密に言えば「借金をする」ということではなく(感覚的には借金と同じなのですが)、新しく借り入れの申し込みをするというわけでもないので、信用情報機関に登録されることもありません。

クレジットカードで商品を購入する際、あなたはいちいち審査を受けた経験はありますか?おそらく無いはずです。このようにクレジットカードを利用することに関して審査が無いように、借り入れができない状態の方でもクレジットカードのショッピング枠を利用すれば簡単に利用することができます。

また、この後ご説明しますが、ブランド品やゲーム機、人気家電などといった換金性の高い商品を購入して、質屋や中古屋などに持って行ったとしても還元率は80%になれば良い方で、それに比べるとこの金券の転売による現金化は還元率が高く、例えば新幹線の回数券については95~98%という高還元率で現金化することができます。これは大きいメリットと言えるでしょう。

金券を現金化するときに発生するデメリット

悪質金券ショップの存在

メリットの大きいこの金券の現金化ですが、これには重大な落とし穴があるのです。

まずひとつ目の落とし穴が「悪質な金券ショップの罠」です。これはどういうことかというと、金券ショップの中には来店したお客さんに対して還元率の調整、といえば聞こえはいいですが、率直にいえば「還元率の誤魔化し」が行われているショップが存在しています。悪質なショップになると「お、この人はお金に余裕がなさそうだ、良いカモだ!」と判断した場合、難癖をつけて通常の還元率よりも低い金額を提示すてくるのです。

地方や金券の種類によっては本当に需要によって左右されるものもあり、特に株主優待券などの有効期限(有効期間)があるものに関しては相場が変動するものもあるので、ある程度調査して持って行く時を考慮する必要がある物があることも確かなのですが、そうではない理由で還元率を誤魔化し、低価格で買い取ろうとする悪質な金券ショップもあるので注意が必要なのです。

このような被害に遭わないようにするためにはやはり事前調査をして還元率などの相場情報を収集しておく必要があるでしょう。自力で現金化するために金券を転売した時、結果的にどの程度の現金が手元に入ってくるのかを予め計算しておきます。そのためには、ネットでの相場の情報と、実店舗型の場合は2~3店舗をめぐり、最も高い還元率のお店で買い取ってもらうことを徹底すればこのデメリットは解消することができます。

クレジットカード会社からの制裁

2つ目のデメリット。実はこちらの方がダメージが遥かに大きく、実生活に、社会的に大きく響いてしまう程の落とし穴。それが「クレジットカード会社からの制裁」です。

換金率の高い商品を複数購入するとクレジットカードクレジットカード会社から「もしかしてこの人はカード決済を利用して商品を転売しているのでは?」という警戒スイッチが入ってしまいます。

クレジットカードを利用して商品を購入することは正当な使い方です。が、しかし、実は現金を得るためにクレジットを利用することは法的には規制がされていないのですが、クレジットカード利用規約の中では「禁止」と明記されています。多くのクレジットカード契約者はこれを見逃していると思いますが、こっそりと禁止事項の中に書かれています。

転売目的のクレカ利用は禁止

ではなぜそんな禁止事項が設けられているのか?ということなのですが、これには所有権の問題があって禁止されています。

所有権の問題をもっと詳しくご説明すると、例えばあなたがクレジットカードで商品を購入したとします。購入したらこれはもう自分のものだ!と思うかもしれませんが、実はどうやら違うらしいのです。購入した商品代金はまだクレジット会社に支払われてはいませんので、その品の所有権はクレジット会社のものです。というような理由ですね。そのため、クレジット払いで購入したものの返済が全て終わればあなたのものになるのであとは煮るなり焼くなり売るなり、好きにしても一切構わないのですが、クレジットの利用目的が最初から転売目的で利用するとなると、前述した金券とクレジット会社の利益の問題に大きく不利益をもたらしてしまうことになるのです。

これによってクレジット会社は現金化を目的としてクレジットカードを利用することを禁止しており、これが発覚してしまうとクレジットカードの利用停止とされることは当然のこと、その契約自体破棄されてしまうことになり、今後クレジットカードを持てなくなることもあります。また、返済が済んでいない商品代金があればすべて一括で返済請求されてしまうこともあります。

特に新幹線の回数券などは還元率も高く、購入理由に値しないと思われる人物が複数購入すればチェックの目が入ることは間違いありませんし、カード会社も換金率の高い金券の種類は把握していますので、現金化に使える安全な金券は無いと考えておく方が良いでしょう。

この新幹線の回数券購入による現金化は2000年代に入ってから社会問題にもなりテレビでもかなり取り上げられているほどです。

結局、金券でクレジットカード現金化するのはアリなの?ナシなの?

結論からして、クレジットカードで購入した金券の転売による現金化はナシとした方が良いでしょう。

これまでお話したメリットとデメリットを考えてみると、クレジットカード会社にもっとも警戒されやすく危険性が非常に高いことと、デメリットを払拭するほどのメリットが無いことがわかると思います。

転売で現金化って リスク感じる...

特に新幹線の回数券は非常に警戒されやすく、これまで幾つものケースがメディアでも取り上げられ発覚していることもあり、カード会社にとってはこれほど分かりやすい目安は無いと言っても良いでしょう。新幹線の回数券は6枚綴で、区間により1セット数万円にもなる金券ですので、もし自分の行動範囲や、これまでクレジットカードで移動費を使っていなかった方が、一気に複数の新幹線の回数券を購入すればバレやすくなるのも当然です。

また、現金化が発覚し、カード会社からの一括完済請求が来た場合、支払いが非常に困難となってしまうことは予想がつきますし、そうなると今度は違う金策が必要となり、消費者金融などに頼ることになるという負のスパイラル直行便に乗るはめになってしまいます。

もしかしたら「新幹線のチケットを転売して得た現金があれば返済は簡単でしょ!」と思われるかもしれませんが、利用目的があって現金化しているわけですからそんなお金は残っていることはあまり考えられませんし、そうした甘い考えは捨てたほうが良いでしょう。また、その支払が滞れば今度はブラックリスト入りしてしまい、今後の人生に非常に悪影響を与えることになります。

このような理由から金券の転売による現金化はおすすめできません。やめたほうが良いです。

換金性の高い商品をクレジットカードで購入して現金化する方法

二つ目の方法としてあげられるのがブランド品やゲーム機、人気家電の購入、レア物ハンティングでの換金性の高いもの転売による現金化を見ていきましょう。

高級ブランド品の転売による現金化の場合

ブランド品は非常に換金性の高いものが多く、またクレジットカード決済で商品を購入することも多い商品のカテゴリーに入ると思います。彼氏、彼女への誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントなどのリア充爆発しろ!と言いたくなるようなシチュエーションから、水商売やキャバ嬢などへの貢物のプレゼントとしてもよく聞く話です。

余談ですが、これらのプレゼントは水商売の方やキャバ嬢などは使わずにすぐに質屋に持って行き現金化してしまうというよくある話は実際にあり、送り側も会社社長など、お金を使える立場の人ならば会社の経費にすることもできてしまうのでこうした商品流通(?)は日夜平然と行われていたりします。

また、ブランド物のプレゼントは恋人であった頃はありがたいものですが、別れて次の男性と付き合うことを考えると重荷になり、捨てるならお金に変えてしまおうと言う女性が実に多いのだとか。これは誰かに聞いた話…だったらよかったのですけど。

話を戻しますが、では、換金するためのブランド品は何でもよいのか?というと、そういうわけでもなく、高級ブランドであることは当然ながら、その中でも人気の商品でなくてはなりません。人気の理由を上げてみると

  • クリスマスなどにちなんだ限定商品だった
  • 日本では入手困難だったレア物だった
  • 人気がありすぎて手に入りづらい物だった

などなど、プレミアが付きそうなものや、多くの人が持っているので自分も欲しいと思う物、そうした人気の商品でなくては高価買取はしてくれませんし、選択をミスしてしまうといくら高級ブランドものだとしても買取価格は大幅に下がってしまいます。

高級ブランド品の転売は 何割残ると思いますか?

分かりやすい高級ブランドとして、誰もが知っている代表的なものを幾つか上げてみますが、この中で最も値段が付きそうなもの、あなたには分かりますか?

  • シャネル
  • ブルガリ
  • カルティエ
  • ルイ・ヴィトン
  • エルメス
  • グッチ
  • プラダ
  • ミュウミュウ
  • ボッテガ・ベネタ
  • バレンシアガ
  • クロエ
  • ロエベ

ブランド名を挙げればきりがないのですが、有名というだけで言えば中盤以下のものに関して言えばブランド物好きの人からすれば好まれやすいのですがそもそもリユースで良いから持ちたいという人は多くなく、そうなると需要もないので、質屋などでも高価買取の対象外となってしまうことが多いのです。

さらに、売れ筋ブランドだとしても物や形によって買取価格は大きく変わってしまいます。例えば服。最も出ているサイズならそれなりに値が付きやすかったり、その年の流行によってはいくらシャネルの新作だとしても誰も買ってくれないものを質屋などのショップも仕入れたくはありません。「まぁ低価格になってしまっても良かったら引き取りますよ?」くらいに考えています。当然ですね。

ちょっと例外としては、ロレックスの時計は種類も豊富ながらそれぞれ人気が有りますのであまり値崩れしている印象はありません。もしブランド品の転売を考えているならロレックスの時計の人気モデルや相場をリサーチしてから購入すると良いでしょう。

ですが、ここまで説明してきたブランド品の現金化ですが、実はここにも難点があります。それは買取金額=還元率です。ブランド物の転売で得られる還元率は良くて80%というところで、それ以上になることは殆ど無いと考えてよいでしょう。こうした面ではクレジットカードで現金化する際に使える商品か?と言われれば…あまりおすすめできるものではありませんね。

ゲーム機・ゲームソフトの転売による現金化の場合

ゲーム機・ゲームソフトの転売相場は?

商品転売においてゲーム機やゲームソフトも、ブランド品と同様に非常に還元率の高い商品群になります。より高く売るためには

  • 人気の高いハード
  • 発売からまだ日が経っていない新しいもの
  • 入手困難なもの
  • 未使用品
  • レア物

などなどの条件が組み合わさって初めて効果が発揮されます。例えば一昔前にポケモンが大流行した時はゲームソフト一本の入手困難さは更に昔のドラクエシリーズに勝るとも劣らないレベルでしたが、そうした商品であればもしかしたら購入金額よりも高く売れる可能性もあります。

ですが現実的なところの平均的な相場はだいたい80%前後になる事が多く、現在の人気ゲームソフトも人気で品薄で入手困難というものはあまりありませんので80%以上の買取金額になることはそうそう無いと考えたほうが良いでしょう。(こうしたゲームソフトなどは「せどり」などのプロに根こそぎ購入されています。)

こうした現状から、ゲーム機やゲームソフトを転売するためにクレジットーカードで購入して現金化する場合にも、ブランド品の時と同様に、何が高額で売買されているかのリサーチを徹底しなければ思い通りの買取金額にはなりません。また、還元率の高いゲームを探すのも非常に手間がかかりますので即金性はかなり低いと考えてよいでしょう。

ちなみにですが、ゲームソフトの場合、人気の売れ筋ソフトとそうでないものの買取金額の差は激しく、いくら未開封品でも50%を大きく下回るケースも珍しくはありません。また、売るタイミングも大事で、いつ売るのかという条件がまたひとつ追加されます。早めに売れるとそれなりに高価買取の要素につながります。

人気家電の転売による現金化の場合

人気家電の転売相場は?

こちらは転売系でもっとも実現度が低く、また手元に入る現金も低いことが多いです。

例えば、今話題の4kテレビですが、こちらは高く売れるのでは?と思って購入し、ショップに持ち込んでみてもあまり金額がつかないのです。その理由とは

  • 買い取ってもあまり安く売ることはできないので、ユーザーから見てもお得感がない(売れない)
  • 一般ユーザーにまだそれほど浸透していない。(様子見で売れない)
  • 次世代のモデル(8kテレビ)を購入すればいいと考えているユーザーが多い(売れない)

先程もお伝えしましたが、買い取り店舗は売れないものはできるだけ仕入れたくはありません。なので高額買取は実現しづらいのです。

レア物ハンティングの転売による現金化の場合

レア物ゲット&売りさばきは可能?

実現性がほぼゼロといっていいほどの難易度がこのレア物ハンティングでしょう。

これはお宝探しと同じなので、売れるものを購入できれば現金化する際は爆発的な買取金額が付くことも期待できます。しかしそこにたどり着くためには徹底的なリサーチをする必要がありますし、これを商売としている方も多く、そうしたプロを出し抜いてレア物をゲットすることは非常に難しいと考えたほうが良いでしょう。

先ほど前述しましたが、「せどり」はこうした転売のことを言い、仕入れ金額と売却金額の差が利益となります。せどりのノウハウや塾が開催されるくらい専門家が多いカテゴリーですので非常に再現性が低く、また即金性はほぼゼロだということがわかると思います。

ただし、転売目的でクレジットカードで購入してもカード会社にマークされる心配が薄い商品カテゴリーではあります。

転売系の現金化で重要なポイントは「売る場所」

クレジットカードで購入して転売することで現金化をする場合、もっとも重要なのが買取金額=還元率=手元に入るお金です。つまり、高く買い取ってくれる業者がいるかどうかがかなりの比重を占めています。高く買ってくれる業者とは、商品知識が有り、その商品の価値を正当に評価して買取金額を提示してくれる「専門業者」である必要があります。

もし仮に、かなり綿密にリサーチをした上で、これは人気があって非常に入手困難なゲームソフトを新品未開封の状態の商品を、単なるリサイクルショップなどに持って行ったとしましょう。リサイクルショップがゲームに関して知識があって販売する実力があるならばともすれば高価買取が実現するかもしれませんが、普通に考えてそのようなことは無いでしょう。ゲームショップに売れば、正当な評価額を提示してくれる可能性はあります。

また、ブランド品にも同様のことが言えます。近所のリサイクルショップに買い取ってもらうと、例えばロレックスの時計だったとしても「単なる高級時計」という扱いで、その商品の付加価値などを考慮されず、「ロレックスの時計ならこの程度の買い取り金額でしょ。」というような適当な低価格で買い叩かれてしまいます。ブランド物を売る際も、ユーズドブランド専門店に持ち込んだ方が得策です。

お店に買い取ってもらう方法の他に自分で売り現金を得る方法として、ヤフオクなどのオークションに出品してみるという手もあります。オークションに出品した場合には、オークションという特性を踏まえると元の購入金額よりも高く転売できる可能性もあります。例えばSupremeというアパレルメーカーの商品は非常に手に入りづらく、新作なら仕入れ金額よりも高く売れる可能性が非常に高いわけですが、そうした商品でない場合、たとえば切手などのニッチな商品の場合、まったく入札されなかったり、意図しない低い価格帯で落札されてしまう可能性もあります。

また、オークションに出品するからにはヤフオクで出品するにはYahoo!プレミアム会員(月額410円)に登録する必要があったりと、意外と手続きが面倒な一面もあると考えられます。

商品転売系現金化のメリット

いくつかの商品転売系のプロセスをご説明しましたが、では、換金性の高い商品をクレジットカードで購入して現金化することのメリットはどんなものなのか?というと…正直あまりメリットを感じられる部分はありません。

強いて何か挙げるとしたら、少額の現金が必要な場合、例えば8,000円くらい必要だという時には10,000円程度の商品を購入して転売すれば、ただ単に買い取り店舗の情報を見てその中で一番還元率が高くなるものを選んで売れば即金性が見込める、という部分でしょうか。

このくらいの少額の現金であればゲーム機やゲームソフト、ブランド物でも1つ売れば実現できますからね。

商品転売系現金化のデメリット

デメリットとしてはひとつ目の金券転売による現金化の方法と同じ事が言えるのですが、やはりクレジット会社からマークされる危険性が少なからずあるという部分です。

これら2つに共通して言えることですが、金券系の転売現金化もブランド品やゲームなどの商品系現金化も、どちらも「前時代的で古い現金化手法」であることです。今でも転売を目的としてこれらを購入しては転売して現金化する人は後を立ちません。しかし、業者でもない個人がまとめ買いなどの不自然な行為を繰り返していると当然クレジットカード会社からのチェックが入り、現金化が認められると、前述のとおり、クレジットカードの利用停止、さらに一括完済請求などの措置がとられる可能性があることを忘れないで下さい。

また、仕入れなどに利用することを目的としていない場合、ブランド品やゲームなどはまとめ買いができないケースがあります。クレジットカード決済を利用できないということは同じ金額の元手となる現金が必要になるのでそもそも利用することができない方法になってしまいます。

そして、やはり一番のデメリットは買取金額、つまり還元率の低さにあるといえるのではないでしょうか。メリットと比較してもデメリットの方が断然リスキーであり、かつ金券転売よりも還元率が低いことがほぼ確定しています。そこまでしてリスクをとって現金化するべきかどうかを考えると決しておすすめできる方法とは言いづらいです。

もとよりクレジットカードを使って金策するという前提があるだけに、できるだけ多い現金が手元に戻らなければ現金化の方法としては落第点ではないでしょうか。

商品をクレジットカードで購入して現金化する方法はアリなの?ナシなの?

結論、商品転売系のクレジットカード現金化の方法は、カード会社からマークされ、クレジットカードの利用停止や一括請求措置のリスクが伴うにもかかわらず、還元率という点からもあまりメリットを感じられる現金化方法ではないといえます。

もしどの方法が良いか聞かれたら、この転売による現金化手法は一番最後に、どうしようもなかったら商品転売系の方法もありますよ、と教えるくらいで絶対におすすめはしません。

クレジットカード現金化専門業者に頼んで現金化する方法

eikyuu13

最後にご紹介する方法がクレジットカード現金化業者を利用した現金化方法です。

現在、クレジットカードを現金化するにあたって、合法的で最速、高還元率で現金化できる最良の方法として人気が出てきた「最新」の現金化方法です。

クレジットカード現金化業者って何なの?

クレジットカード現金化業者とは広く考えると「クレジット決済代行会社」という立ち位置と考えてみると分かりやすいかと思います。

現金化業者のサービス内容は大きく分けて2種類あり、これにもやはり「昔ながらの非合法となった古い方式」「最新の合法的に現金化できる方法」を提供しているものがあります。早速、昔ながらの方法と、最新の現金化方法の内容を比べてみましょう。

昔ながらの買い取り方式による現金化

eikyuu14

この買い取り方式による現金化は、現金化業者から指定された、先述した換金率の良い商品券やギフトカード、新幹線の回数券などの金券、または人気の家電などの商品ををクレジットカードで購入してもらい、後に業者に買い取ってもらうことで現金を得るという方法です。

指定してくるものは業者が決めるので業者にとっても利益が出せる仕組みを持っているからこそできる商売なのですが、最初の方でお伝えしている通り、「金券類の転売による現金化」のリスクを業者側が負う代わりに、ショップ転売よりはやや換金率は下がりますがそれなりの金額で現金化できますよ、というものです。

また「昔ながらの非合法となった古い方式」といったのは、実はこの買い取り方式は法的に問題が有り、「横領罪」に問われる可能性が非常に高いものなのです。これまで利用者側に逮捕者は出ていないものの、業者側はどんどん検挙されています。現在買い取り方式で残っているの業者は法の目をかいくぐって成り立っている、いわば健全な業者とは言えない業者がほとんどです。

利用者側に逮捕者が出ていない理由としては、全国に商品転売によって利益を出している人も多く、また現金化でお金を手にしている人も多いので警察もあまり大きく動いていないということも挙げられます。法律面から見ても警察がそれほど神経質にならないということは、あまり違法性が高いというわけではないということが見受けられますが、その気になれば立件逮捕できないものでもありません。

違法性が低いというのはどの程度なのかというと、例えば立ちションは「軽犯罪法:罪状は通称“立小便”」、ポイ捨ては「廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反」と呼ばれるれっきとした法律違反です。ですが逮捕することは無いですよね?それと同程度のことだと認識してもらえればよいでしょう。…罪状“立小便”で逮捕されたくないですね。

話はまた脱線してしまいましたが、この商品買取り方式はカード会社も利用規約で記載している「転売目的でのカードの利用を禁止する」という事項に抵触し、利用停止や一括完済措置などの制裁をしている事実もあり、刑事事件性もないことなのでカード会社の裁量に任せている部分も大きいでしょう。

最新の合法的に現金化できる「キャッシュバック方式」による現金化

eikyuu15

現在主流となっている現金化の方法はこちらのキャッシュバック方式によるクレジットカードの現金化でしょう。クレジットカードの現金化の手法自体まだそれほど浸透していませんが、こちらの方法が現代日本でも違法性がなく、確実に現金化できる手法なのです。

キャッシュバック方式とは、クレジットカード現金化業者を利用して、業者指定の商品を購入した時の「特典として」現金をキャッシュバックしますよ、というものです。つまり、還元率が90%のサービスを利用して、換金する元金が10万円分であれば、あなたの手元には9万円の現金がキャッシュバックされるという仕組みです。

一見すると買い取り方式のように「業者が指定した商品を購入するというところで同じじゃないの?」と思われるかもしれませんが、重要なのは利用者へ現金を渡す方法が大違いなのです。前者は商品を買い取る。後者は商品を購入した「特典として」キャッシュバックする。という点です。

これには大きな違いがあり、これこそが合法と非合法の差になるのです。

キャッシュバック方式と景表法

突如でてきたこの『景表法』とは何でしょうか?あまり聞いたことがない方が大多数かと思いますが、この景表法とは『不当景品類及び不当表示防止法』の略称で、不当な景品や表示によって消費者に不利益が生じる事のないように色々な取り決めや禁止事項が定められている法律です。

懸賞などが趣味な方の中には私よりもお詳しい方がいるかもしれませんが、懸賞にも

  • オープン懸賞型
  • クローズド懸賞型
  • もれなく型
  • 共同懸賞型

というように4つの種類に分かれており、それぞれ景表法によってルールが決められています。このうち『もれなく型』というタイプは商品の購入者や入会者に対して、全員、もれなく特典を付与しますよ、というタイプのものです。

例えば、イベントやコンサートのノベルティ類(AKB48のライブに行ったらウチワとペンライトがもらえた、など。)がこれに該当します。また「今なら入会者全員にもれなく!○○円キャッシュバック!」というフレーズはあなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

さて、このキャッシュバック方式ですが、前述のとおり、利用者・購入者に対してすべての人に与えられる特典であるため『もれなく型』のタイプです。もれなく型のルールは

  • 景品の最高額が取引価額の10%以下に指定されています。
  • 例外として取引価額が1000円以下の場合は、最高額100円までの景品をつけることが出来ます。
  • ただし、この景品のつけ方が、「正常な商習慣」によって認められないときはやはり違法として禁止となります。

これらが基本ルールとなっており、取引額の10%以下ならば特典にすることが可能であり、もし1,000円の商品にキャッシュバックするならば特典の最高額は100円になります。

ここで「ん?それって結局換金率90%にはならないじゃない!」と思う方がある意味普通の人です。実はこのもれなく型には特例が許されており、以下のものは例外として10%以上のものを付けることができます。

eikyuu16
  1. 商品の販売や使用上必要なもの
  2. 見本など、宣伝用の物品やサービス
  3. 割引券・ポイントバック・キャッシュバック・現金化
  4. 開店披露、創業記念など
  5. クローズド懸賞型

…とこうして羅列するとちょっと専門的で難しい話になってしまいますのでわかりやすくまとめると、もれなく型には「割引券、ポイントバック、キャッシュバックならば10%以上の特典を付与することができる」という例外が設けられていますよ!ということなのです。これは購入者や入会者全員に景品を提供する場合、誰にも不当なことは無いので景品の総額は10%以上であってもかまわないですよ!と法律で決められているからです。

大げさな話、このもれなく型であるキャッシュバック方式の現金化業者はキャッシュバック率100%だとしても景表法違反にはならないのです。(利益はビタ一文もありませんが。)

このようにキャッシュバック型のクレジットカード現金化業者は法律に則ったうえでのサービスなので違法性がなく、利用者も罪に問われることはありません。そして実はあなたもこのもれなく型の恩恵をすでに受けています。何だかわかりますか?それは例えば某大型家電量販店で行われているポイントバックであったり、スーパーなどのポイントもこれに当たります。きっとあなたにも心当たり、ありますよね?

このように家電量販店やスーパーなどで商品を購入して、その特典としてポイントを受け取ったとして何ら罪に問われることがないのと同様に、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化を利用しても「特典を受け取る」ので違法性もなく、安心して利用することができるのです。

昔ながらの買い取り方式と現在のキャッシュバック方式を比較してみてもどちらを利用すべきかがおわかりいただけたと思います。次はキャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者についてさらに詳しく解説していきます。

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者

キャッシュバック方式クレジットカード現金化業者は高還元率85~95%

サービス内容に関しては先程説明したとおり、業者のしている商品を購入することによってキャッシュバック特典として現金を受け取るものです。そして気になるその還元率はなんと85~95%なのです!

この還元率は利用する金額が大きくなればなるほど上がるシステムを採用しているところが殆どで、中には一律80%という業者も存在しますが、目にするものはおそらく前者の方がメジャーなのではないでしょうか。ただし、還元率が95%になるには100万円以上の換金コースからの業者がほとんどですので一般の利用者はあまり縁がないかも知れませんし、法人向けのサービス現金化サービスであればこのくらいの換金率が見えてくることもあります。

このようなクレジットカード現金化サービスが、今現在、インターネット上でも簡単に利用できるような仕組みを作っているのです。よって、今後の現金化は「インターネットで楽ちんポン!」という時代になってくるまでにそう時間はいらないでしょう。

クレジットカード現金化業者を使うメリット7つ+おまけ

ここまでだけで違法性がなく、利用者にも、現金化業者にもリスクがない現金化の方法はキャッシュバック型の現金化であることは間違いないということがおわかりいただけたと思うのですが、この新しい現金化の携帯は現代のインターネット社会がそのメリットをさらに大きくしてくれました。

ここではこの新しい現金化サービスがもたらしたメリットをご紹介します。

メリット1:24時間・365日、いつでも利用できます!

ネットバンキングなら深夜でも

利用する現金化業者にもよりますが、ホームページを持っていてオンライン申し込みを受け付けている業者であれば、24時間申し込みすることが可能です。申し込みだけですぐに現金が得られるというわけではありませんが、例えば深夜に申し込みして、翌朝イチで手続きを完了すれば朝には現金が振り込まれます。

また、業者によっては24時間営業をしているところもあり、そうした業者を利用すれば、あなたがインターネットバンキングを持ってさえいれば深夜でも振り込み対応してくれる業者もあります。

土日・祝祭日ももちろん申し込みは可能です!さらにネットバンキングがあれば振り込みも可能です!

メリット2:来店不要で全国どこからでも、誰でも利用できます!

全国どこでもすぐ受け取り

インターネットでも申し込みで、かつ銀行振込というシステムなので、来店する必要はもはやなくなりました。インターネットが接続できる環境であれば、日本全国どこからでも申し込みから手続き、振り込みまでネットで完了します。

これによって店頭に行き、対面式での現金化で脅されるような、先述した悪質買取業者のように換金率をごまかすような、そういったリスクがなくなりました。

メリット3:審査がないので誰でも利用できます!

書類審査もありません

審査が無いというのはちょっと誤解を生むかもしれませんのが、もっと詳しく説明すると、消費者金融などに借り入れをする際の審査のような面倒ものが無い、ということです。

クレジットカード現金化に必要な審査(のようなもの)があるとしたら、それは本人名義のクレジットカードかどうかの証明だけです。

「商品を買う」という行為でクレジットカードを利用する時、その都度身分確認や審査されることなど経験したことはありませんし、ただのお買い物と同じなので審査がないという言い方は間違いではありませんよね?

メリット4:とにかく早い!即日現金化のスピードは驚きの最短5分!

時間が足りない時こそ

これもまた誤解がある表現になりかねないのでご説明しますが、「一度利用した方なら手続きがもっと簡易的なものになるので最短で5分で振り込めます」ということです。初めての業者利用ですと平均してだいたい30分程度で振り込みが完了し、やり取りの不備などがなければほぼ1時間以内にはあなたの銀行口座に提示された金額が振り込まれています。

とにかく今すぐ現金が欲しい!という方でしたら速さを売りにしている業者を選ぶと良いでしょう。また逆に、入金までに時間的な余裕が持てる方でしたら多少時間がかかってもキャッシュバック率があがるプランもありますのでそちらを選ぶのも良い方法だと思います。

メリット5:クレジットカード会社にマークされるリスクがない!

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化業者を利用することで、現金をキャッシュバックしてもらうという特典を受け取る、という性質上、商品は手元にあります。

ということは、転売系現金化でお話した「所有権」にも、「横領罪」に問われる心配もありません。つまり、金券や換金性の高い商品を転売した時のようなカード利用停止のリスクや一括請求などのリスクがありません。

メリット6:信用情報にキズが付くことがない!!

信用情報の流れ

消費者金融などに融資をしてもらうということになると、人生上大きな汚点、つまり信用情報にキズが付いてしまうことになります。信用情報にキズがつくと、もし未来に住宅ローンやマイカーローンなどを組みたいと考えた時に審査が通らない原因となります。

一時の少額の現金のために人生の大きな節目に痛い目をみる、なんてことにならないためにも消費者金融に頼ること無く現金化できるのはメリットです!

メリット7:返済スケジュールはあなた次第!自由な返済方法を選べます!

キャッシング枠を利用してお金を調達した場合、返済方法は一括払いにしかなりませんが、ショッピング枠を利用して現金化した場合はショッピングと同じなので返済方法を選ぶことができます。

私個人としてはリボ払いはあまりお得感はありませんがもちろんリボ払いも可能ですし、ボーナス一括払いという手段も選べます。あなたの返済可能な方法で、無理せず支払っていけるのもメリットですよね!

おまけ:マイルやポイントも付く!

使うほどクレジットカードの ポイント、イルがたまって嬉しい!

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用してお買い物をすることと同義。つまり、クレジットカード会社規定のポイントバックが付くのもまた道理。手数料として業者に数パーセント取られるとしても、数パーセントはカード会社から補填されるという考え方もできます。

簡単にいうと、「お得」ということですね。

と、このようにメリットが盛り沢山なキャッシュバック方式のクレジットカード現金化ですが、やはりデメリットもあります。そちらについてもしっかりと触れておきましょう。

クレジットカード現金化業者を使うデメリットは?

デメリット

どれだけ有能な人間であっても弱点のひとつやふたつはあるもの。この完全無欠の現金化方法にもデメリットになりうることがふたつあります。

ひとつ目のデメリットですが、これはデメリットと言うよりは『利用資格』の問題です。その中で最も重要な4つのポイントは

  1. クレジットカードを持っていること
  2. さらに、ショッピング枠は余っていること(買い物はあまりしていないなら大丈夫)
  3. 振り込むための銀行口座を持っていること。
  4. 手続きに必要な情報をやり取りをするための電話連絡手段を持っていること(家電でも携帯でもOK)

この4つです。「え?これだけ?」と思われる方もいるかもしれませんが、これだけなのです。しかし実際は②でつまづいてしまう人も少なくなく、キャッシング枠とショッピング枠をあまり理解されていない方に多い例です。③に関してはほぼ該当する人はいないと思いますが、これがなければ店舗型の現金化業者を利用するしか方法はありません。また、④の電話連絡に関してはどの業者もほぼ必須で行われるのですが、単なる確認事項程度の電話のやりとりでも億劫に感じるのか、連絡が取れない方が多いのです。

これらに関して全然問題ないという方でしたらなんのデメリットにもなりません。

ふたつ目に『悪質な現金化業者も増えてきた』ということ。特にサービスが金融系であることもあり、詐欺などの被害もゼロとは言えないのが実情です。

しかし、このデメリットも業者選びさえ間違えなければデメリットと言えるほどでもなく、実績も十分で健全な運営をしている業者であればリスク無しで現金化することは可能でしょう。例えば10年以上にわたって現金化業を専門にしている業者であれば、ノウハウも実績もあり、また還元率に関しても高い傾向があります。

誠実な対応をしてくれて、リピーターを大切にしているような業者を選ぶべきで、また、リピーターが多いということは業者も資金が潤っており、サービスも還元率として利用者に貢献しているのです。こうした業者であれば悪質な業者ではありませんし、嫌な思いをすることもありません。

クレジットカード現金化業者を利用して現金化する方法はアリなの?ナシなの?

アリアリのアリ!にじゅうまる!

ここまで真剣にお読みいただいたあなたはどう思いますか?私が「アリアリのアリ!にじゅうまる!」と言ったら怪しいでしょうか?(笑)

メリットとデメリットを比較して、この方法であればメリットを享受できる可能性がかなり高く、再現性、実現性ともに申し分なく、さらに即金性があり、リスクはほぼゼロ。これまで解説してきたどの現金化の方法よりも秀でているのはお分かりいただけたかと思います。

もしかして、あなたの不安はそんなことより「実例」でしょうか?

この現金化サービスが表に出てきたのもほんのつい最近のことなのでネット上でもそれほど情報が有るものでもなく、また認知度が低いため体験談もあまりありません。経験者の意見、いわゆる「人柱的な情報」が無いので不安かも知れません。

しかしこの点についてはある意味業者選択をする際に有利に働く場合もあります。例えばgoogleやyahooで検索した時に業者名を入力すると「詐欺」だとか「悪質」だとかのキーワード候補が出てくる場合があります。そうした業者に関してはすでに悪質な行為が行われ、誰かが体験しているからこそ出てくる検索予測です。逆に、そうした検索予測が出てこない業者であれば安全である可能性は高くなると考えて良いでしょう。

さて、これであなたが選ぶべき、ベストな現金化の方法を検証しながらご説明しましたが、ここから先は現金化業者の利用方法について説明していきたいと思います。

大変長い記事をここまで読んでいただきありがとうございました!また、クレジットカード現金化業者についてもっと知りたい方はこのまま読み進めてください。今はまだ利用しないかもしれないけど一応情報はとっておきたい方はブックマークなどをしていつでも閲覧できるようにしておくと便利です。何度も復習することでさらに安全な現金化ができるようになるはずです!

クレジットカード現金化業者の使い方

永久保存版 クレジットカード現金化業者の使い方

引き続きお読みいただいている方はもしかしたら今すぐ現金化する必要がある方でしょうか?にも関わらず最後まで真剣に読んでいただけて本当に嬉しく思います。そんなあなたには是非、あなたにぴったりの現金化業者を選ぶことができるようにしっかり情報をお伝えしていきますので、最後までお付き合いください!

それでは利用するにあたっての流れ参にりましょう。

申し込みから手続きまで驚くほど簡単ですので、初めて利用する方はびっくりしてしまうかもしれません。

事前に準備しておくもの

まずは申し込みに必要となるものをあらかじめ準備してしまいましょう。必要なものは3つ

  1. 自分名義の「ショッピング枠に余裕がある」クレジットカード
  2. 身分証明書(運転免許証・保険証・パスポートなど公のもの)
  3. 振り込み先の銀行口座
クレジットカード現金化に必要なもの

必要な物は本当にこれだけです。印鑑なども一切不要です。

クレジットカードのショッピング枠の空きについてはネットでも照会できますし、電話でカード会社に聞いてみるのも良いでしょう。「あといくら使えるのか=現金化できる資金」です。確認しておけば業者依頼する際もスムーズに行きます。最速で現金を手に入れたい方には必須の下準備です。

ちなみに、この時に電話連絡したら現金化を利用することがバレないか?と思うかもしれませんが、そんなことは絶対にありませんのでご安心ください。何を購入するか聞かれることってまずありませんよね?…例えばそれがエッチなDVDやグッズだったとしたら、私なら答えたくありません(笑)

身分証明書については運転免許証・保険証・パスポートなど、どれか一つあれば大丈夫です。この身分証明書はクレジットカードの不正利用防止の為の確認用として利用されますので提示を求める業者がほとんどです。いずれもコピーでも大丈夫で、写メをとってメールに添付して送るか、FAXで送ることで確認できます。

振り込み講座については普段使っている銀行口座や、業者によってはゆうちょが取り扱い可能な業者もあります。また、インターネットバンキングをお持ちでしたら24時間、いつでも入金可能になりますので、銀行営業時間外に現金が必要になった場合にも便利です。お持ちでない方はこのタイミングで検討してみてはいかがでしょうか?

以上で準備するものの説明は全てです。本当に、特に特別なものは必要なく簡単に手続きをすることができます。申し込みに必要となるものを準備しておくとトントン拍子に、スムーズに現金化することができますよ!

【注意!】クレジットカードのコピーを求められたら?

注意  クレジットカードの 郵送、両面コピーは 決して渡しては いけません!

通常、クレジットカードの現金化にはクレジットカード自体の確認は必要ありません。しかし、極めて稀なケースですが、クレジットカードのコピーや、もっと悪質な場合はカードの郵送を求めてくる可能性があります。

感の良いあなたならここで気がつくはずです。この異様さに。カードの両面コピー、または実物を郵送してしまったら、相手はそのカードをどうするでしょう。答えはお察しの通り。こうした例からスキミング被害などの通報も過去ありました。が、とんでもなくニブい人でなければ気づくでしょうが、まだそれほど世に情報がないだけにこれが当たり前なことだと思って送ってしまったのかもしれません。

兎にも角にもクレジットカードのコピー、あるいはクレジットカードの実物の郵送を求められたとしたら、相手は悪質業者の可能性が危険度MAX状態です!気をつけてください!

業者への申込方法

業者への申込方法

現金化の申込方法は大きく分けて3つあります。直接来店するタイプ、電話で申し込みするタイプ、そしてインターネットで申し込みするタイプです。ここではインターネットで申し込みできるタイプのものに絞って説明させていただきます。

実は前者2つはあまり良い印象もなく、また、会社組織として小さいので地域密着型が多いため手元に情報があまりないのですが、私の感覚では換金率の提示などが公開されていない時点で少しグレーだと思います。私ならこの時点ですでに選択肢から外します。

もし利用する業者が決まっていたら、まずホームページにアクセスします。換金率などのチェックも必ずしておくこと。また、業者によってはキャンペーンなどを開催していることも多く、サイト内にそのキーワードが隠されていたり、曜日によっては換金率アップなどの嬉しいキャンペーンなどもあります。

こうした内容に納得ができたら次は申し込みフォームの入力です。ほとんどの業者は目立ったところのに申し込みフォームへのリンクを用意していますので、そちらから入力フォームへ進んでください。大概の業者で入力が求められるものは

  • 名前
  • 性別
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 連絡可能な時間帯
  • 希望金額

と、かなり基本的な項目のみ入力することがほとんどです。これらを入力して送信すればネット申し込みは完了です。あとは業者からの連絡を来るのを待ちます。

「お急ぎの方はお電話で」とありますが…

電話はあまり おすすめできません

結論から言うとどちらも差は殆どありません。メールの確認ロスの時間を考えると電話で直接連絡したほうが早そうなものですが、情報を入力する手間が業者側になるので結局そちらもロスに繋がります。また、口頭で情報を伝えた場合、名前などの入力で漢字を間違うといったことも考えられますので、一番最初の登録はインターネットで、リピート利用の場合は電話で直接という手順がスムーズでしょう。

電話で確認、クレジット決済!

業者から連絡が来たらカードブランドの種類や現金化を希望する金額の確認、還元システムについての一通りの説明をされますので、最終的にその業者のサービスを利用するかしないかはここで決定されます。もし想像していたものと違うと感じたらここでキャンセルすることも可能です。

電話ですべての確認事項が終了したら、業者からのメールにクレジット決済に関する商品案内が来ます。これに従って指定の商品をクレジット決済をします。

悪質業者の見極めポイントはココ!

悪徳業者を 見分けるポイント

実はこの最終確認の電話が、その業者が優良業者なのか、はたまた悪質な詐欺業者なのかの分かれ目です。例えば先程の「クレジットカードのコピーやカード自体の郵送」を求められれば、その業者は利用しないことをおすすめします。理由は前述のとおり。

また、もう一つの悪質業者の手口としてはこれも前述の「“換金額”の誤魔化し」です。確かに、話を聞いているとどうやら換金率に関しては提示されている金額に間違いはないのですが、手数料や他にもよくわからない名目で実際に現金化される金額が大幅に下げられてしまうということもあります。

下げられるまでなら電話中にキャンセルすれば問題ないのですが、最悪のケースは「違約金詐欺」です。

この違約金詐欺は本当にタチが悪く、例えば上記のように金額がどんどん下げられていった挙句、「キャンセルします!」というと今更キャンセルすることはできないし、もし今ここでキャンセルすると違約金がかかるぞ!などと脅迫してきます。

これは明らかに脅迫です。さらにダメ押しで「法的措置を取ることになりますよ!」というパワープレイもチラつかせます。一般のカタギの方でしたらこの言葉が出た時点でパニックになるでしょうし、それこそが相手のつけこんでくるポイントなのです。

当然、契約もしていないのですから購入キャンセルは正当な理由で行われるので断ってしまって問題ありませんし、そうなった場合は電話を切って着信拒否、迷惑メール設定をしてしまって構いません。そんな詐欺業者にかまっている必要はないのです。

まっとうな経営をしている業者であればこのようなことは起こりませんが、万が一こういった目にあった場合は問答無用で電話を切るのが一番です。

お待ちかね!入金振り込み確認をどうぞ!

クレジットカード現金化完了!

無事業者との折り合いがつき、クレジット決済が完了したことが業者側が確認できれば、現金化業者があなたの指定した口座に振り込む手続きを行います。これでめでたく、手数料を差し引かれた現金化後の金額が口座に振り込まれます。この現金は「特典」によってもらえたものなので違法性はありません。

後日、クレジット決済が完了した商品が業者側から送られてきます。その商品を受け取れば無事、現金化の一連の流れは終了です。

送られてきたことを家族にバレたくない場合は局留めやコンビニ配送などを業者に相談してみましょう。そうすれば家族や知人に知られること無く、無事現金を手に入れることができます。

あとはクレジット会社の規定する返済方法で商品代金を支払っていくだけ。例えば一括払いに指定したと後に分割払いにすることもカード会社によっては可能でしょうし、あとはあなたの返済したい方法や都合に合わせて、しっかり、いつもの買い物のように支払えば良いだけなのです。

クレジットカードの現金化、いかがでしたか?

あげる

これで現金化の方法に関するほぼすべての情報を公開することができました。あなたの人生において少してもお得に、有利になるような情報であったら嬉しく思います。


今後は消費者金融などに融資をお願いして信用情報などを傷つける事もありません。現金が調達できる新しいカタチの資金調達方法、それがクレジットカード現金化なのです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

こんなに長い記事をここまで読んでいただきありがとうございます。きっとこの先、あなた自身で選んだ現金化業者で失敗することはありません!最後に、クレジットカード現金化マスターが実施した調査から「優良なクレジットカード現金化業者です!」と太鼓判を押せる業者をご紹介しますね!

当サイトの内容に信頼性があると思っていただけたら是非こちらのサービスをご利用下さい!もうこれ以上探す手間暇を掛ける必要がなくなりますよ!(^O^)/

とにかくスピード重視で現金化したい方にオススメ!

超スピード重視、女性向けの業者で
\現金化したい方にオススメ!/

キャッシュチェンジ

現金化までのスピードを重視したい方、重視女性に人気の現金化業者をお探しならキャッシュチェンジはいかがでしょうか?特徴としましても、紹介しているサービスの中でも現金化マスター調査の中で平均して最も最速で振り込まれる結果となっています!ネットの銀行をお持ちでなくても、ピュアサポ即日プランなら、決済後14時45分まで確認が取れ次第、当日中に振り込んでくれますので、お急ぎの方でも安心です!また、相談窓口のサポートも非常に親身になってくれますので、女性の方でも気軽に使いやすいというのも人気の秘密!

スピードプランで、高額現金化なら絶対にお得な還元率が魅力!

スピードプランで、高額現金化なら
\絶対にお得な還元率が魅力!/

プレスト

2006年から続く老舗のサービス、プレストが当サイトにもついにお目見えに!プレストの特徴はなんといっても「少額以上の即日プランの換金率が高い」という点でしょう。通常、即日プランは通常プランよりも換金率が下がるのが常識ですが、まとまった金額を現金化したいという方、そしてさらに、即日現金が必要という方にとっては強い味方になるでしょう!もちろん土日祝日も申込可能です!

還元率重視でできる限り高い金額に現金化したい方にオススメ!

還元率重視でできる限り高い金額に
\現金化したい方にオススメ!/

ハッピーリターン

ハッピーリターンは2007年創業の老舗現金化サービスで当サイトでも最も選ばれている現金化業者です。その理由は他サービスに比べ主だったキャンペーンは行っていないものの、通常プラン、即日プランとも最高の還元率であることが人気の秘密!現金化が初心者の方でどこを選んでいいかわからないという方には「まずはとにかくハッピーリターンがオススメです!」とご紹介できるほどスピード、サービスともに優れた業者であることは間違いありません!

クレジットカード現金化業者の情報収集はもう必要ありません!

クレジットカード現金化業者を選ぶ時には様々な情報を集めて、他のクレジットカード現金化業者と比較する必要があります。

還元率はもちろんの事、手続きの方法や、実際にかかる手数料、融資可能な限度額や、利用できるクレジットカードの枚数など、実際に受け取る現金に直結してくるような質問はしっかり確認しておく事が重要になってきます。

しかし、当サイトでここまでお読みになったあなたは現金化情報の全てを手に入れています。さらにお得に現金化するならば、キャンペーンなどの情報にも目を通すと良いでしょう。業者のホームページだけでなく、口コミサイトや、比較サイトなども利用して幅広く情報を収集してください。

クレジットカード現金化の疑問点

クレジットカードの現金化を業者に依頼する場合には、ホームページの内容だけではわからない事が沢山あります。

その為、メールなどで質問したりするのですが、クレジットカード現金化業者で働いている従業員の人数が少ない場合には、返信が遅れる場合があります。そんな時にはあせらず、思い切ってメールでお問い合わせを最初に行って下さい。直接連絡してしまうと、あなたについての情報が一切ないため手続きにものすごく時間がかかってしまいます。最短最速で申し込むなら、まずはお問い合わせフォームから手続きを!(ホームページに「お急ぎの方はお電話で!」とありますが、これが原因で結局電話の方が手続きが遅れます。)

フリーダイアルがある会社は社会的信用もあります。無料通話を使って問い合わせる方法がある現金化業者を選びましょう!

電話で問い合わせをするのは気になる…と言う方も、この点は見逃さないで頂きたい点があります。それが「フリーダイヤル」です。

電話料金が気になる所ですが、フリーダイヤルを利用している会社が多いので、無料通話で質問ができます。このフリーダイヤル、ある一定の条件が揃わないと使うことができません。ですので、この時点でNTTからのお墨付きも得ていると言っても過言ではありません。

もし気になることがあるようでしたら、まずはお申込みフォームから質問し、その後、「先程申し込んだ○○ですが…」という流れが最もスムーズに話が進行します。繁盛期には、電話が中々繋がりにくいクレジットカード現金化業者も多いので、余裕をもって問い合わせてくださいね!

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る