クレジットカード現金化ランキング

クレジットカード現金化の豆知識

クレジットカード現金化は幾つかパターンがありますが、大きく分けると店舗型とウェブ型が大前提!

店舗型とウェブ型があるクレジットカード現金化業者の違いって?

クレジットカード現金化業者は実店舗もしくはウェブ

実際にクレジットカードを現金化する方法をお探しの方の中にもネットで申し込むか、駅前の繁華街にあるような店舗でするべきか迷っている方もいるかと思います。

クレジットカードによる現金化をおこなう業者はそれぞれの営業スタイルを持っていますが、店舗の構え方に関してもそれぞれ異なります。

お店を駅前やその周囲などに構えて看板を掲げて営業をおこなうクレジットカードの現金化業者もあれば、ウェブサイトのみでお客さんに存在を周知し、ウェブ経由での申し込みなどをおこなう業者もあるのです。

今はこのいずれか、もしくは両方の形態で営業しているケースが多いです。

店舗のみの営業をおこなう現金化業者も多い

こちらは以前からあるスタイルが店舗での営業です。今もこの形のみを貫く業者は多いです。場所は様々ですが、やはり人の行き来が激しい駅前や繁華街などに店がある場合が多いです。

クレジットカードによる現金化は、いつでも気軽に利用できる利便性が求められますので、おのずとこのような場所になるのです。

店舗を持たずウェブのみの現金化業者も数多くある

インターネットの浸透によってウェブサイトのみで営業をおこなう店も増えています。現在はこちらのスタイルの穂が増えてきている状況ですね。

ウェブ申し込みの場合には現金は口座振込になりますので、地元の方々だけではなく日本全国の方が対象となります。

また、賃料などが最低限で済むためにコストがかからず、それを高い還元率に反映させている業者もあります。

現金化するならどちらのサービスを使うべき?

実店舗型の現金化業者も、ネットで完結する業者もどちらもメリット・デメリットがあると思います。

店舗型のメリット・デメリット

メリット
  • 近所にあれば一番手っ取り早い
  • 直接対面できるので取引内容の確認ができ信頼できる
デメリット
  • 直接出向く必要がある
  • 悪質な業者だった場合その場から逃げづらい
  • 時間外の対応が難しい

ネット完結のメリット・デメリット

メリット
  • 人と会うことが億劫な人でも直接会うことがないので気が楽
  • 24時間、365日申し込みすることが可能
  • ネットバンキングを持っていれば土日祝日も対応できる
  • 営業時間が長い
  • ネットが繋がっていれば、世界中、どこにいても使える。(地方在住の方でも現金化が利用できる!)
デメリット
  • 相手の顔が見えない不安がある。
  • ネットがなければネット申し込みの利用ができない(電話は可能だけど電話番号がわからなければできない)

どちらのサービスにもこのようなメリット・デメリットがあるので、どちらが自分にあっているかを考えて利用するのが善いと思いますが、店舗型のデメリットのうちの「悪質な業者だった場合その場から逃げづらい」という部分はかなりマイナスになるかなと思いますね。

公開日:

関連記事

コメントは利用できません。

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の豆知識

今すぐ現金が必要なら!
クレジットカード現金化 推奨サービス

ページ上部へ戻る